「長崎県」タグアーカイブ

ベニトンボ、コフキヒメイトトンボ

今日は長崎にいます。目的は、福岡にはほぼいない北上中のトンボです。ひとつはベニトンボ。福岡でも目撃例はありますが、長崎には安定した産地があります。もうひとつはコフキヒメイトトンボ。大牟田にもいるみたいですが、私は見つけることができませんでした。こちらはヤゴは全ステージ撮影済みなので、成虫の撮影です。アオビタイトンボも北上中ですが、福岡でも結構見かけるようになってきました。私が見ただけで少なくとも3カ所にはいます。
まず、コフキヒメイトトンボの場所に行きますが、まだ朝早すぎて入れませんでした。某有名施設に併設されたビオトープなのです。仕方なくベニトンボの方に向かいます。
最初は曇っていたせいもあり、全くいません。

ベニトンボ
ベニトンボ環境

 

いるのは徐々に増え始めて至る所で見かけるウスバキトンボのみ。きっと近くの草地や木で休んでいるんだろうと周辺も探します。しかし、いない。まずい。長崎まで遠征してボウズに終わるのでしょうか。少し日差しが出てきました。
少し高い枝先に小型のトンボが現れました。間違いないでしょう。撮影してみると♀でした。

ベニトンボ
ベニトンボ♀

 

慎重に捕獲し、腹端をカップにつけるとすぐに産卵してくれました。トンボ科の採卵はいつも簡単です。とりあえず遠征の第一目標は達成です。♂も現れないかとしばらく待ってみましたが、1頭しか現れませんでした。この状況で採卵出来たのはラッキーです。

次に近くにある池に向かいます。

ベニトンボ
ベニトンボ池

 

オオヤマトンボの採卵目的ですが、なんとこっちにはベニトンボはいっぱいいました。ちょっと拍子抜けです。

 

ベニトンボ
ベニトンボ♂

 

ベニトンボ
ベニトンボ♂未熟

 

さてオオヤマトンボの方ですが、♂は最低3が岸のそばをパトロールしています。ただ、池があまりに大きすぎ、産卵ポイントが全くしぼれません。今まで観察した範囲内では中央部で産卵する事はなく、岸寄りや岸のすぐそばの浅瀬、木の枝で影になっている場所での産卵を見ています。浅瀬があり、木の枝で影になっているこのポイントで粘る事にしました。

 

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ産卵場所

 

ビンゴで10時頃になり産卵に現れました。しかし、捕獲に手間取っている間に、パトロール中の♂に連れ去られてしまいました。まあ、これは良くある事です。逆に連結した直後に少しスピードが落ちるので、捕獲出来ることもありますので・・・。その後もう一度産卵に現れましたが、少し離れていて捕獲は無理。かなり粘りましたが、結局ギブアップで次の目的地に向かいます。

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボがいるビオトープ

 

小規模なビオトープで、最初はコフキヒメイトトンボは見つかりませんでしたが、目がなれてくると♂7-8頭、♀1頭がいました。右下の草が池に覆いかぶっさっている部分に、ひっそりと隠れています。イトトンボの中でも小型種ですが、さすがは肉食、アップすると捕食中です。

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ♂

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ♀

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ♂捕食中

 

さて撮影も終わり、これで遠征のメインの目的は全て達成です。

 

ベニトンボ
ベニトンボ卵