「自宅作業」タグアーカイブ

メガネサナエ

メガネサナエヤゴが10齢になりました。

メガネサナエ
メガネサナエの10齢幼虫

 

普通終齢が近づいてくると、脱皮の間隔が長くなるのですが、9-10齢の間隔は10日間でかえって短くなりました。
翅芽の発達具合などをナゴヤサナエヤゴと比較すると、おそらくあと3回脱皮して終齢になると思われます。もしかしたら8-9月に羽化までいくかもしれません。
それにしてもメガネサナエのひょろ長さは、日本産ヤゴではNo1ですね。

下は「トンボ博物学」から引用した、サナエ科 Neurogomphus属 F-0齢の羽化殻の図です。世界にはもっと上手がいるもんですね~。

Neurogomphus
Neurogomphus属幼虫 トンボ博物学ー行動と生態の多様性ー 海游社 初版第1版p155より引用

お知らせ:ヤンバルトゲオトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ヤンバルトゲオトンボを追加しました。
総齢期数は、ヤクシマトゲオトンボからの推定値で今後変更される可能性があります。

ヤンバルトゲオトンボは、♂の腹部第9節正中に小さなトゲ状の突起があるヤマイトトンボ科のひとつです。

ヤマイトトンボ科のトンボは森林の源流域の狭い範囲でひっそりと暮らしており移動性は少なく、地域ごとに進化をとげているのか日本には7種もいます。
沖縄島にはヤンバルトゲオトンボとオキナワトゲオトンボの2種がいて、北部のヤンバル地域にヤンバルトゲオトンボ、それより南にオキナワトゲオトンボがいますが、中間部では2種が混在しています。

ヤゴは数少ない陸生の生活様式を持ち、水がしたたる崖面を這って小生物を捕食しながら成長します。
いずれの種のヤゴもそっくりなため、基本的に生息地域で見分けるしかないです。

ヤンバルトゲオトンボ
ヤンバルトゲオトンボの終齢ヤゴ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
ベニトンボ卵~3齢、コフキヒメイトトンボ卵~4齢、クロスジギンヤンマ卵~3齢、トラフトンボ卵~6齢ヤゴを、高倍率撮影画像で差し替えました。

キイロヤマトンボのトンボ画像を追加しました。

左が従来の画像で、右が差し替えた画像です。
画像の撮影には、Free Walker 4~4.5倍マクロレンズ、あるいはolympus tg-5 顕微鏡モード+深度合成を用いています。

ベニトンボ
ベニトンボ1齢ヤゴ

 

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ1齢ヤゴ

 

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ1齢ヤゴ

 

トラフトンボ
トラフトンボ1齢ヤゴ

 

ヤンマ科は1齢でも十分大きく、また掲載画像は縮小、圧縮してあるので差がわかりにくいですが、元画像の複眼部分を切り出して見ると解像度の違いが明瞭です。

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ1齢ヤゴの複眼

 

この画像はolympus tg-5顕微鏡モード+深度合成で撮影したものですが、コンパクトカメラでこういうのが簡単に撮れてしまうのでテクノロジーの進歩はすごいです。

ヒメイトトンボとメガネサナエヤゴ

5月19日に孵化したヒメイトトンボヤゴが終齢になりました。
6回脱皮して終齢になったので7齢=終齢となり、トンボの中ではかなり早いペースです。

ヒメイトトンボ
ヒメイトトンボ終齢ヤゴ

 

ちなみに、コフキヒメイトトンボとヒメイトトンボのヤゴは似ており、尾鰓の基部がヒメイトトンボの方が細い点が鑑別点とされています。図の下の方がコフキヒメイトトンボの尾鰓。

ヒメイトトンボ
ヒメイトトンボとコフキヒメイトトンボヤゴの鑑別点

 

3齢で越冬体勢になったため、ほとんど死滅してしまったメガネサナエヤゴは残りわずか3頭です。

しかし、4月12日に4齢に脱皮した後は、2週間に1回程度のペースで順調に脱皮を繰り返しており、現在8齢になっています。翅芽もはっきりしてきて、体色もだいぶしっかりしてきました。このまま、無事終齢までいけるでしょうか?

メガネサナエ
メガネサナエ8齢ヤゴ

お知らせ:オオメトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオメトンボを追加しました。
総齢期数はトンボ科の平均からの推定値で今後変更される可能性があります。

4月29日の沖縄のヤゴが羽化しました。
やはりオオメトンボでした。
終齢のヤゴ画像のみですが、ホームページにオオメトンボを追加しました。

オオメトンボ
オオメトンボヤゴ

 

下はトンボ画像。羽化直後なので複眼はぼんやりした色ですし、体部や羽の色もまだ出ていません。

オオメトンボ
オオメトンボ♂羽化直後

 

ヤゴの中には泳ぎ続けて止まってくれず、撮影困難な場合があります(オナガサナエなど)。こういう場合は、一時的に氷などで冷却すると動きが止まりうまく撮影出来きます。

トンボにも応用出来ないかと冷凍室で1時間ほど冷却した後に、照明をあてolympus-tg5の深度合成で撮影してみました。
狙い通りうまく撮影出来ましたが、数分で動き始めるので手早くやる必要がありました。

ヒメイトトンボ、コフキヒメイトトンボの孵化

5月6日の、ヒメイトトンボ、コフキヒメイトトンボの卵が孵化しました。
約2週間で孵化しましたが、孵化までの期間は温度によっても違ってきます。
温度が高いと早めに孵化します。

ヒメイトトンボ
ヒメイトトンボ孵化直前卵

 

ヒメイトトンボ
ヒメイトトンボ1齢幼虫

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ孵化直前卵

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ1齢幼虫

ヒメイトトンボ、コフキヒメイトトンボ卵

沖縄で4月30日にヒメイトトンボとコフキヒメイトトンボの交尾・産卵は見られなかったのですが、持ち帰った♀が産卵してくれました。

普通イトトンボは、湿らしたキッチンペーパーを敷いた百均の小容器に入れておくだけで簡単に産卵してくれます。
しかし、モートンイトトンボや本種などの超小型種は失敗することが多く、擬似的な産卵環境を作りました。

ヒメイトトンボ
ヒメイトトンボ産卵容器

 

玉ジャリと水を入れた小容器に、植物に見立てたキッチンペーパーの棒を立てています。芯には加工しやすいアルミ製の1mm程度の針金が入っています。
植物を植えてもいいのですが、卵を撮影するケースでは植物から卵の分離は至難の業なのです。
これをさらに百均の容器に格納して、内壁にも一部少し湿らせたキッチンペーパーをくっつけて出来上がり。約15分の作業行程です。

内壁と疑似植物キッチンペーパーの両者に産卵してくれました。

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ卵

 

ヒメイトトンボ
ヒメイトトンボ卵

 

コフキヒメイトトンボの方が3-4日産卵後日がたっています。

ちなみに撮影セットは下のようになります。

撮影装置
Fee Waker用撮影装置

 

照明にはAmazonで購入した5000ルーメンの超高輝度LEDライトを4灯使用しています。

撮影容器
撮影容器

 

撮影卵を入れる容器は、楽天で購入したグラスアートベベル直径38mm。厚いガラスなので被写体の下に影が出来ない利点があります。その上に水を張らないといけないので、まわりに百均で買ったプラスチックボトルから高さ2~3mmを切り出して貼り付けています。接着はガラスにもくっつくウルトラ多用途ボンドで乾くと透明になるタイプ。

撮影装置
撮影装置

 

撮影カメラとレンズが入るとこんな感じになります。4.5倍率撮影ともなるわずかの動きが影響するので、左右に手を固定する台も置いています。

レンズ
Free Walkerレンズ

 

中一光学の4~4.5倍レンズFree Walkerは、先端が顕微鏡のようになっています。

olympus tg-5の顕微鏡モードで撮影する場合は、レンズから被写体までのワーキングスペースが数mmしかありませんので、さらにもうひと工夫必要です。
横のわずかの隙間からLEDライトで光を入れると同時に、背景を明るくするため下からも照明を入れる必要があります。

撮影装置
背景発光用撮影台

 

下に置く照明台は発泡塩ビ板を加工して作ってあり、中に光反射用のアルミ版を45℃の角度で固定しています。台の上は、透明のプラスチックシートに乳白色のビニールをかぶせたもので光が散乱します。

撮影装置
背景発光用撮影台

 

撮影台の横からライトをあてると、台の上が明るくなります。

撮影装置
撮影装置

 

カメラの隙間の横からライト2灯、下からライト1灯くらいでちょうどいい明暗差が生じ、透明の若齢ヤゴも背景からよく分離されます。

メガネサナエ
メガネサナエ5齢ヤゴ

 

上はこのシステムで顕微鏡モード3.0倍で撮影した、5齢になったメガネサナエヤゴ。

ヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アキアカネコノシメトンボサラサヤンマタイリクアカネナツアカネミヤマアカネリスアカネヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

いずれも飼育個体をセットで撮影したものです。上のうち、6種はアカネのヤゴなのでよく見ると側棘などに違いはあるものの、ほぼ同じような動画です。

 

アキアカネ
アキアカネヤゴ

 

コノシメトンボ
コノシメトンボヤゴ

 

サラサヤンマ
サラサヤンマヤゴ

 

タイリクアカネ
タイリクアカネヤゴ

 

ナツアカネ
ナツアカネヤゴ

 

ミヤマアカネ
ミヤマアカネヤゴ

 

リスアカネ
リスアカネヤゴ