「自宅作業」タグアーカイブ

ヒメギンヤンマ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、ヒメギンヤンマを追加しました。

現在、日本のトンボ分類の基準となっているフィールドガイド「日本のトンボ」には203種のトンボが記録されています。
その中には海外からの飛来種も含まれており、中には1例のみの記録もあります。ヒメギンヤンマも散発的に見つかっている稀な飛来種で、1996年以降の記録は10例以下でしたが、昨年の晩秋に富山、静岡、屋久島などで採集・報告されました。

特に埼玉在住のK氏は、これまで1例のみの記録だったヒメギンヤンマ♀を静岡で採集され、採卵にも成功しました。
この卵に関して、「日本のトンボ」の共著者でもある研究者二橋亮氏から、飼育リスク分散のため私の方でも孵化、ヤゴの飼育をしないかとのお誘いをいただきました。もちろん二つ返事でOKしました。
私が卵をいただいたのは、2019年11月16日で137卵、うち7卵は無発生と思われました。最初の孵化が11月19日。
個体差はあると思いますが、卵、1齢ヤゴともギンヤンマよりやや小さめでした。左がヒメギンヤンマで、右がギンヤンマになります。

ヒメギンヤンマ
ヒメギンヤンマとギンヤンマの卵比較
ヒメギンヤンマ
ヒメギンヤンマとギンヤンマの1齢ヤゴ比較

以後、脱皮を重ね12月23日に最初の個体が終齢(個体により差がありますが、このヤゴは11齢相当でした)になりました。
他のヤゴも亜終齢、終齢までは比較的順調に育ったのですが、冬期飼育の難しさかそこで次々に死んでしまい、最終的に羽化成功♀3,羽化不全♀1・♂2という結果でした。
終齢ヤゴもギンヤンマより小型でした。左がヒメギンヤンマで、右がギンヤンマになります。

ヒメギンヤンマ
ヒメギンヤンマとギンヤンマの終齢ヤゴ比較

下は羽化したヒメギンヤンマ♀で、エサなしでも10日程度、その後もしばらく生き続け飢餓に対して強いようです。

ヒメギンヤンマ
ヒメギンヤンマ♀

最後になりますが、当ブログへの掲載を許可していただいたK氏、飼育の機会を与えていただいた二橋氏に深謝いたします

ムカシヤンマの1齢ヤゴ

5月27日にムカシヤンマ産卵撮影時に採卵もしておいたのですが、孵化が始まりました。下はホームページに掲載している1齢ヤゴです。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ1齢ホームページ掲載分

高倍率で撮影してもモアッとしたディテールがはっきりしない淡黄色のヤゴで、実際に肉眼的にもこの通りで白いちっちゃいのがモゾモゾ動いているという感じです。しかし、あまりにも解像感が悪いのでヤゴの背後から明かりを入れる方法で撮影してみました。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ1齢、今回撮影分

細部が分かると、頭部から胸部に背側でつながる板状のジョイント部があり、この構造は他の1齢ヤゴでは見たことがないものでした。
動画も撮影してみました。

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
クロイトトンボ卵~2齢、シオヤトンボ卵~4齢、ダビドサナエ卵~2齢、ニホンカワトンボ卵~2齢、ムスジイトトンボ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

クロイトトンボ
クロイトトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
シオヤトンボ
シオヤトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ダビドサナエ
ダビドサナエ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ムスジイトトンボ
ムスジイトトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率

オオキトンボ、ホソミイトトンボ、ホソミオツネントンボ、マイコアカネヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオキトンボホソミイトトンボホソミオツネントンボマイコアカネヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

オオキトンボ
オオキトンボヤゴの生態
ホソミイトトンボ
ホソミイトトンボヤゴの生態
ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボヤゴの生態
マイコアカネ
マイコアカネヤゴの生態

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
オオキトンボ卵~6齢、オツネントンボ卵~3齢、ホソミオツネントンボ卵~3齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

オオキトンボ
オオキトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
オツネントンボ
オツネントンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率

トンボフィールドレコーダー

トンボフィールドレコーダーをPlayストアにアップロードしました。
ただし、Androidスマホ専用アプリです。iPhoneでは使えません

どういうものかというと、フィールドでのトンボ観察メモ用アプリです。
こういうアプリがあると便利でしょっ!とういことで、あくまで個人用に作ったアプリですが使用感は上々で、日本中探せば使う人がいるかも、ということでアップロードしました。

個人用とはいえ機能的には色々装備してあります。記録データもメールに転送して二次利用も可能です。マニュアルはコチラです。

もし、興味がある方はPlayストアで”トンボフィールドレコーダー”で検索してみて下さい。レコーダーという言葉に反応してヴォイスレコーダーなどがストアにずらずらと出てきますので、辛抱強くスクロールしていくと一番下に現れます。

トンボフィールドレコーダー
スクリーンショットその1
トンボフィールドレコーダー
スクリーンショットその2
トンボフィールドレコーダー
スクリーンショットその3

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
アオモンイトトンボ卵~2齢、アジアイトトンボ卵~2齢、ハラボソトンボ卵~3齢、ヒメクロサナエ卵~2齢、マイコアカネ卵~2齢、モノサシトンボ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率
アジアイトトンボ
アジアイトトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率
ハラボソトンボ
ハラボソトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率
ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ1齢 左が従来画像、右が高倍率
マイコアカネ
マイコアカネ1齢 左が従来画像、右が高倍率
モノサシトンボ
モノサシトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率

モノサシトンボ卵は先端に突起があるのが特徴です。
従来の卵画像でははっきりしていませんでしたが、差し替え画像ではよく見えるようになりました。

モノサシトンボ
モノサシトンボ卵先端の突起

アジアイトトンボ、モートンイトトンボ、ハラボソトンボヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アジアイトトンボモートンイトトンボハラボソトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

アジアイトトンボ
アジアイトトンボヤゴの生態
モートンイトトンボ
モートンイトトンボヤゴの生態
ハラボソトンボヤゴ
ハラボソトンボヤゴの生態

ヤゴペディアアップデート

ちょっと忙しかったのと、ネタもないのでずっと更新をさぼってました。
ボチボチ復活します。

まず一つ目は、”ヤゴペディア”をスマホ対応(レスポンシブデザイン)にしました。
もともと、パソコンで見るのに適している図鑑系ホームページなので、どうやってスマホ画面に落とし込もうかと色々トライ。
ヤゴが1頭ずつ出る縦スクロールバージョンも試作してみましたが、ある程度まとまってヤゴが見られないとやはりきついですね。

ということで図鑑については単純に縦横スクロールして見るようにしました。
スマホではちょっと見づらいですが、以前よりメニューバーは使いやすくなりました。

個々のヤゴページは下図のようで、図鑑部分は縦横スクロールして見ます。スマホを横向けにすると、私の1080×2160pixelのスマホだとちょうどサイズが収まって、縦スクロールのみで見られるようになります。
パソコンで見る時のサイドメニューは、右上のハンバーガーメニューをタップすると現れます。
あと、リストに学名も併記した方が近隣アジア圏の人にとってトンボ名が分かっていいとアドバイスをもらったので学名併記にしました。

ヤゴペディア
ヤゴペディアスマホ画面

二つ目は、トンボバカ専用スマホアプリ、”トンボフィールドレコーダー”というのを作ってみました(ただし、android版のみでiPhoneでは使えません)。
日本中のトンボマニア(バカは失礼ですね・・)をかき集めても、使う人はほとんどいないと思いますが、もう少し試用した後にPlayストアにアップしようかと思います。
マニュアルは先行して、
http://yagopedia.com/fieldrecorder_manual.php
に掲載しましたで、興味ある方は覗いてみて下さい。

オオヤマトンボ若齢ヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
オオヤマトンボ卵~7齢を追加・差し替えし、また従来掲載の7齢以後の画像を8齢以後へとずらし変更しました。

8月2日に孵化したオオヤマトンボヤゴが、8月20日に7齢まで脱皮成長しました。
ヤゴの場合1回の脱皮で1.2~1.3倍程度体長増加する事が多いのですが、6回の脱皮の間に1回平均1.4倍ほど体長増加していました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ 1齢と7齢

3日に1回のペースで脱皮を繰り返しており、ヤゴの中ではかなり早い方です。ただ羽化までハイペースで脱皮を重ねるウスバキトンボヤゴとは事なり、これからの脱皮ペースはスローダウンし、最終的に終齢になるのは冬~来春になります。

また、従来の掲載画像では2齢が脱落しており、3齢ヤゴが2齢として誤って掲載されていました。その分の補正も行い、従来掲載分の終齢=13齢が、終齢=14齢となりました。

同時に産卵された兄弟ヤゴでも、成長の過程で羽化までの脱皮回数は1~2齢変化することがあり、終齢までの総脱皮回数は絶対的なものではあくまで目安です。ただ、1~3齢程度のごく若齢のうちは脱皮後のサイズ変化は割とコンスタントで、脱皮回数変化は中期から主に後期に起こります。