「自宅作業」タグアーカイブ

お知らせ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オキナワコヤマトンボを追加しました。
総齢期数はコヤマトンボからの推定値で変更される可能性があります。

オキナワコヤマトンボとコヤマトンボのヤゴはそっくりですが、生息域は重ならないので見つかった場所さえわかればまちがうことはないです。
また同時に並べて比べると、オキナワコヤマトンボのヤゴの方が明らかに細身です。

左がオキナワコヤマトンボで右がコヤマトンボのヤゴです。

オキナワコヤマトンボ
オキナワコヤマトンボ(左)、コヤマトンボ(右)のヤゴ。終齢に脱皮直後の画像。

 

オキナワコヤマトンボ
オキナワコヤマトンボ(左)、コヤマトンボ(右)のヤゴ。羽化直前の画像。

泳ぐメガネサナエヤゴ

7月9日に10齢になり年内にも羽化か?と思われたメガネサナエヤゴですが、その後は季節性の調節が起こりました。7月26日に11齢になった後は全く脱皮しなくなり、9月22日になりようやく亜終齢になりました。このまま亜終齢で越冬して来年7月頃に羽化すると思われます。

ヤゴの中には泳ぎ続けるため撮影が難しい種があります。メガネサナエやナゴヤサナエなどのメガネサナエ属のヤゴは、撮影が難しいことにかけてはチャンピオンクラスです。
メガネサナエの疲れを知らないスイマーっぷりを動画にしてみました。

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオイトトンボ卵~3齢、タカネトンボ卵~2齢、ネキトンボ卵~2齢、ハッチョウトンボ卵~3齢、ヒメサナエ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が従来掲載画像、右が今回差し替えた画像です。

オオイトトンボ
オオイトトンボ1齢ヤゴ

 

タカネトンボ
タカネトンボ1齢ヤゴ

 

ネキトンボ
ネキトンボ1齢ヤゴ

 

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ1齢ヤゴ

 

ヒメサナエ
ヒメサナエ1齢ヤゴ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
チョウトンボ卵~3齢、ハラビロトンボ卵~3齢、キイトトンボ1~2齢、チョウトンボ卵~3齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が以前の掲載画像で、右が今回差し替えた画像です。

チョウトンボ
チョウトンボ1齢幼虫

 

ハラビロトンボ
ハラビロトンボ1齢幼虫

 

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ1齢幼虫

 

キイトトンボ
キイトトンボ1齢幼虫

 

ベニトンボヤゴの動きを記録した動画も追加しました。

ベニトンボ
ベニトンボヤゴの生態

メガネサナエ

メガネサナエヤゴが10齢になりました。

メガネサナエ
メガネサナエの10齢幼虫

 

普通終齢が近づいてくると、脱皮の間隔が長くなるのですが、9-10齢の間隔は10日間でかえって短くなりました。
翅芽の発達具合などをナゴヤサナエヤゴと比較すると、おそらくあと3回脱皮して終齢になると思われます。もしかしたら8-9月に羽化までいくかもしれません。
それにしてもメガネサナエのひょろ長さは、日本産ヤゴではNo1ですね。

下は「トンボ博物学」から引用した、サナエ科 Neurogomphus属 F-0齢の羽化殻の図です。世界にはもっと上手がいるもんですね~。

Neurogomphus
Neurogomphus属幼虫 トンボ博物学ー行動と生態の多様性ー 海游社 初版第1版p155より引用

お知らせ:ヤンバルトゲオトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ヤンバルトゲオトンボを追加しました。
総齢期数は、ヤクシマトゲオトンボからの推定値で今後変更される可能性があります。

ヤンバルトゲオトンボは、♂の腹部第9節正中に小さなトゲ状の突起があるヤマイトトンボ科のひとつです。

ヤマイトトンボ科のトンボは森林の源流域の狭い範囲でひっそりと暮らしており移動性は少なく、地域ごとに進化をとげているのか日本には7種もいます。
沖縄島にはヤンバルトゲオトンボとオキナワトゲオトンボの2種がいて、北部のヤンバル地域にヤンバルトゲオトンボ、それより南にオキナワトゲオトンボがいますが、中間部では2種が混在しています。

ヤゴは数少ない陸生の生活様式を持ち、水がしたたる崖面を這って小生物を捕食しながら成長します。
いずれの種のヤゴもそっくりなため、基本的に生息地域で見分けるしかないです。

ヤンバルトゲオトンボ
ヤンバルトゲオトンボの終齢ヤゴ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
ベニトンボ卵~3齢、コフキヒメイトトンボ卵~4齢、クロスジギンヤンマ卵~3齢、トラフトンボ卵~6齢ヤゴを、高倍率撮影画像で差し替えました。

キイロヤマトンボのトンボ画像を追加しました。

左が従来の画像で、右が差し替えた画像です。
画像の撮影には、Free Walker 4~4.5倍マクロレンズ、あるいはolympus tg-5 顕微鏡モード+深度合成を用いています。

ベニトンボ
ベニトンボ1齢ヤゴ

 

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ1齢ヤゴ

 

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ1齢ヤゴ

 

トラフトンボ
トラフトンボ1齢ヤゴ

 

ヤンマ科は1齢でも十分大きく、また掲載画像は縮小、圧縮してあるので差がわかりにくいですが、元画像の複眼部分を切り出して見ると解像度の違いが明瞭です。

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ1齢ヤゴの複眼

 

この画像はolympus tg-5顕微鏡モード+深度合成で撮影したものですが、コンパクトカメラでこういうのが簡単に撮れてしまうのでテクノロジーの進歩はすごいです。