「糸島市」タグアーカイブ

キイロヤマトンボ

2009年のゲリラ豪雨後、数を減らして最近見ていないキイロヤマトンボですが、ヤゴは毎年確認しています(2017年12月3日)。

6月21日の午後に川の下見に行ってきましたが、「キイロヤマトンボでまず間違いないでしょ!」という飛び方をするトンボがいました。今日は久しぶりに会えるはずと出かけてきました。
ちなみにコヤマトンボ♂は岸沿いの広い範囲をビュンビュンと往復パトロールし、キイロヤマトンボ♂は広く浅い砂底の場所をグルグルとパトロールします。

まず8:00頃にこういう所へ。早速キイロヤマトンボ♂がいました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

 

飛翔写真を撮る技術がなく、また採卵が最大の目的のため♂がいるとジャマされるので、捕獲してモデルになってもらい追い払いました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂

 

他のポイントでも♂が飛んでいるのを確認しましたが産卵♀は現れず、10:00過ぎ頃になると♂も飛ばなくなりました。

他にいたのは、コオニヤンマ、クロイトトンボ、コフキトンボ、オナガサナエなど。
オナガサナエは羽化殻が数個ありました。

オナガサナエ
オナガサナエ羽化殻

 

オナガサナエ♀。羽化に失敗したみたいで、羽が変形しています。

オナガサナエ
羽化不全と思われるオナガサナエ♀

 

すでに縄張りを張っているオナガサナエ♂もいました。梅雨の本格的な雨もまだですが、川のトンボは夏のものに変わりつつあります。

オナガサナエ
オナガサナエ縄張り♂

 

真昼は産卵イベントは起こらないと思われるので、6月10日のキイロサナエの場所に移動しました。
う~ん、今回もキイロサナエは♂の1頭すら見つかりません。毎年そこそこの数がいたのですが、今年は2回来て全く見つかりません。何が原因かわかりませんが、いなくなってしまったのでしょうか?
多かったのコフキトンボ。

コフキトンボ
コフキトンボ♀

 

コフキトンボ♀は縄張り♂と同じように穂先に止まっているので、ちら見では♂との鑑別がやっかいです。

14:30頃に午前中の川に戻ってきました。
今度はポイントを変え、午前中にやはり♂がいたこういう場所で産卵♀を待ち構えることに。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

 

コヤマトンボの例で考えると、キイロヤマトンボの採卵は難しいと思われます(2015年8月14日参照)。採卵はコヤマトンボと同じで、産卵されたポイントの砂を持って帰って卵を探し出す地道な方法でいこうと思います。
ここのポイントは川幅の範囲は広いのですが、水深は20cm程度しかなく、流れも極めてゆっくりで午前中の場所よりそういう方法での採卵が簡単そうです。

15:17になり♂よりがっしりしていて明らかに黄色みが強い個体が川下から現れました。キイロヤマトンボ♀です。まず産卵ビデオを撮ろうとしましたが、間違って連写シャッターを押したり何だのでバタバタしてしまい、ポチャッと打水した場所もピンポイントで特定出来ませんでした。結局撮影も、採卵も失敗。作戦変更し、写真は諦めて打水地点の特定に集中することに。
15:40頃に2度目の♀が現れました。今回はポチャッとやった場所を覚えて、そのあたり30cm四方程度の砂を採取しました。もう少し採卵を確実にしたいので、17:00まで粘ってみましたが産卵は結局この2回のみでした。

途中、♂の飛翔写真もトライしましたが下の写真程度でお粗末。キイロヤマトンボはこういう感じで砂底の上を飛んでます。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂の飛翔

 

こちらはコヤマトンボ♂。こういった感じで岸の植生沿いを飛びます。

コヤマトンボ
コヤマトンボ♂の飛翔

(司令塔である)頭を動かさないのはスポーツの基本ですが、トンボは人間の常識を越えてますね。頭に対する体の向きが変です。

その後家で砂を調べましたが、卵は見つかりませんでした。見落としがあるかもしれないので、孵化してこないかもうしばらく砂は保存してみます。
ちなみに午前中の場所でも適当に砂を採集していたのですが、こちらにはアオサナエの4齢ヤゴがいました。アオサナエもこの川ではなかなか見なくなっていますが、ちゃんとここで産卵していたのですね。

コシボソヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コシボソヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

そこそこ珍しい種を追いかけているので、最近のフィールド活動は低調を極めています。2-3年前は狙いの種がいたはずなのに行ってみると全くいなかったり、草地に足を踏み入れた瞬間にサラサヤンマ♀が飛び上がって、産卵してたことに気づくものの後の祭り、なんてことの繰り返しです。

今日も、キイロサナエの産卵ムービーを撮り直そうと、2015年6月14日の場所に行ってみたのですが♂の姿すら全く見ません。ここの場所のピークはもう少し遅い気がするので、一応再トライしてみるか・・・。

気を取り直して昨年7月30日の場所へヤマサナエの採卵でもと移動。
川の岸にヤマサナエ♂が点々と縄張りを張っているはず・・・。
・・・ここも、やはりいません。何とか♂が1頭いるのみ。
しばらく待ってみましたが♀は来ません。すべて空振りは空しいので、何とかコシボソヤンマヤゴを探し出して生態動画を撮ってみました。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマヤゴ

 

他にいたのは、ついさっき羽化したばかりのオジロサナエ♂など。

オジロサナエ
オジロサナエ♂テネラル

 

こんなことの繰り返しなので、せめて普通種のトンボ写真を撮りためて整理していたところ、過去のブログ記事でトンボの同定間違いをしていたことに気づきました。
昨年7月17日の記事でコシアキトンボ未熟♂としていたのは、オオシオカラトンボ未熟♂の間違いです。加筆訂正しました。

この画像。

オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ未熟♂

 

確かにフィールドガイド「日本のとんぼ」には、コシアキトンボ♀の注釈にオオシオカラトンボ♀と似ると書いてはあります。しかし、トンボのサイズも違うし”普通間違えないよね~”と思っていました。

でも、しっかり間違えてしまいました。思い込みで画像をよく見ていなかったんですね。

なお、オオシオカラトンボ未熟♂とオオシオカラトンボ♀は、腹部末端の側方へのでっぱりをよく見ないと(♀は広がっている)間違えやすいです。

ムカシヤンマの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ハグロトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。
ムカシヤンマの産卵動画を追加しました。
ハラビロトンボの産卵動画を差し替えました。

昨日同様、山口県です。
まずヒヌマイトトンボの場所。

先週より、成熟が進んでおり個体数も増えていました。交尾や産卵はまだなく、あと1~2週先でしょう。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ♂

 

次に北九州まで戻り、オグマサナエの場所。
今日は♀も見つかりましたが、産卵はやはりなし。

オグマサナエ
オグマサナエ♀

 

アオヤンマも♀が木に止まったので撮影。

アオヤンマ
アオヤンマ♀(側面から見ると♀です)

 

トンボの場合、一般的に♀は産卵の時にしか現れず遭遇が難しいのですが、私の場合なぜかアオヤンマは♀しか撮影出来ていません。
アオヤンマはフワフワと不規則に飛んで、すぐに葦原に潜りこむので、止まってくれないと撮影が難しいです。
産卵はやはりなく、先週に続きここまで産卵動画は全敗です。

かわりにハラビロトンボの産卵があり、ホームページの産卵動画がしょぼすぎたので、撮影して差し替えました。

ハラビロトンボ
ハラビロトンボの産卵

 

最後に福岡に戻り、昨年6月2日の場所でムカシヤンマ。

最近天気がいい日が続いており、一番産卵がありそうな昨年のA地点は水が少し滴ってますが涸れ気味で、♂の縄張りもありません。
B地点にいたっては完全にカラカラになっていました。春先にここで若齢ヤゴを確認してましたが、おそらく助かっていないでしょう。

さらに奥の林道にかなり進んだ地点に道路脇まで水がしみでている場所がありました。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマの場所

 

♂もちゃんと分かっていて縄張りしています。また懲りずに飛翔写真。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔1
ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔2
ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔3
ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔4

 

しばらく待ちますが産卵♀がこないため、A地点まで戻り、再びここに戻ってきた時に♂が斜面で他のトンボにつかみかかっています。
すぐに♂は離れていきましたが、暗い斜面をよくよく見ると居残った♀が産卵していました。ラッキー。あきらめの早い♂のおかげで発見できました。
少々近づいても♀は産卵に夢中で、動画も写真も撮り放題でした。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♀の産卵

 

最後に何とか新しい産卵動画をひとつゲット出来ました。
ちなみに帰り道でA地点を横切った時に斜面からムカシヤンマが出てきました。
ここでも♂が縄張ってたのか~っと写真を撮ったみたら♀でした。水は涸れ気味ですがここでもちゃんと産卵してたんですね。
おまけに尾端に付着した卵まで写っています。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♀

 

さて別の話題です。
山歩きする人は分かると思いますが、この時期林道を歩く時に一番うっとおしいのが通称メマトイ(目纏い)という小さいハエ。
目を標的に飛んできて、手で追い払ってもすぐに戻ってきて目の周りをブンブン飛ぶし、少しでも隙を見せると目に侵入してきます。
今日の最後の場所でもかなり纏わりつきました。

まず対策に買ったのが花粉症用の眼鏡。ウーン、隙間があるし視野が少しゆがみ、いまひとつ。

眼鏡
花粉症用の眼鏡

 

最も実践的だったのが百均で買ったこのかわいい座布団。

座布団
百均の座布団

 

フィールドで座わりこむことも多いので買ったのですが、これが役立ちます。
メマトイが現れたらすかさずこれを自分の顔に向かってバシッとな。
さすがのメマトイも退きます。
もしかしたらつぶれたメマトイが顔に貼りついてるかもしれませんが、原始的な武器が一番効果的です。

ヤゴの生態 ニホンカワトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ニホンカワトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

寒さも少しましになってきたので今日も出かけてきました。ニホンカワトンボヤゴの生態撮影で、昨年6月5日と同じ場所です。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボヤゴの生態

 

ニホンカワトンボのヤゴは尾鰓先端がやや鋭く曲がってから末端が△状に尖るのに対して、アサヒナカワトンボの尾鰓先端はなだらかに曲がってから末端が少し尖ります。
この差は、亜終齢くらいになるとわかります。

また両者が混生している場所で並べて較べると、ニホンカワトンボヤゴの方がやや大型ですが、単独だとなかなかサイズのみではわかりません。

カワトンボヤゴの鑑別

飛来種探しとキイロサナエヤゴ

お知らせ:YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイロサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

飛来種で採卵が終わっていないタイリクアキアカネ探しに行ってきました。
条件として海岸近くの水田で、過去に報告があり、池やトンボが休める草地・林がある場所が狙い目です。

水田
水田

 

上のような感じの場所ですがびっくりするほど何もいませんでした。過去はそこそこの数のアカネや飛来種も時に見られていたのですが、比較的多いタイリクアカネでも数頭、他はウスバキトンボ2頭のみでした。
何が起こっているのか分かりませんが(農薬の影響?)、ここはトンボの生息環境としてはもう完全に死んでしまったようです。
他の場所も2カ所ほど回ってみました。

水田
水田と川

 

ここもタイリクアカネ2-3頭と小型の不明赤色アカネ1頭のみでした。そんな状況でもちゃんとペアを探し出して交尾しているタイリクアカネがいました。左手は川ですが午前中は2-3頭のカトリヤンマも摂食?飛翔していました。

タイリクアカネ
タイリクアカネの交尾

 

olympus tg-4は完全防水になっていてケースなしで水中撮影が出来ます。ここの川はキイロサナエヤゴがいるので、生態動画をとってホームページにアップしました。

キイロサナエ
泥に潜るキイロサナエヤゴ

 

お知らせとヤマサナエ産卵

マルタンヤンマの未熟♂トンボ画像をホームページに追加しました。 ニホンカワトンボの♂無色翅型トンボ画像を追加しました。 ヤマサナエにトンボ画像と、産卵動画を追加しました。

福岡は梅雨入りしました。曇り空ですが、かろうじて雨は降っていないので出かけてきました。

まず、飼育していたマルタンヤンマが羽化したので、自然に帰すついでにトンボやらせ画像撮影です。未熟なうちは♂♀ともこういう模様で、1週間くらいすると複眼がブルーに変化し、体色も濃くなってきます。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ未熟♂

 

ちなみにトンボ愛好家に人気者の成熟マルタンヤンマ♂。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ成熟♂

 

屋外で飼育していてもヤゴは早めに孵化してしまうことがありますが、自然界でもちょうど同時期に羽化していました。屋内で飼育すると真冬に羽化してしまったりすることがあります。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ羽化殻

 

他には、モノサシトンボが増え始めていました。

モノサシトンボ
モノサシトンボ♂

 

次に、少し遠いのですがニホンカワトンボの無色翅型がいる所まで撮影に行ってきました。この辺に♂♀10頭程度いて、アサヒナカワトンボも少しいました。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボの場所

 

無色翅型のニホンカワトンボ♂。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ無色翅型♂

 

最後に天気は悪いのですが、♀はこういう天気でも産卵することがあるので、ムカシヤンマとヤマサナエの産卵が狙える場所に行ってきました。この辺がムカシヤンマのテリトリー。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマの場所

 

すぐ横にヤマサナエが産卵にくる流れもあります。

ヤマサナエ
ヤマサナエの産卵場所

 

今にも雨が降りそうな曇天でしたが、そんな中でもヤマサナエ♂が1頭縄張りに来ました。でも、やる気がないですね~。すぐにいなくなりました。しかし、さすがは♂の本能で後で♀が産卵にくる正にその場所に陣取ってました。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♂の縄張り

 

結局、ムカシヤンマは♂♀とも見かけませんでしたが、ヤマサナエは産卵に来ました。天気が悪く産卵を邪魔する♂がいないのが幸いで、落ちついて産卵しており撮影も楽でした。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♀の産卵

 

産卵動画もホームページにアップしました。

お知らせと、ムカシヤンマ

ムカシヤンマのトンボ画像を追加しました。

土日の天気が悪そうなので、午後出かけてきました。
目的はムカシヤンマの産卵ビデオ撮影です。今日は、昨年6月14日と同じ場所に行ってきました。
まずヤゴを見た事があるA地点。草に覆われ7~8m程度の範囲で水がしたたり落ちていていい感じです。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマA地点

 

♂の縄張りがないので、さらに先のB地点に移動。水はかなりしたたり落ちていますが、草はなくむき出しになっています。こちらは♂1頭が縄張りしていました。画像は茶色い羽の何かを捕食中の♂。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマB地点

 

ムカシヤンマ
捕食中のムカシヤンマ♂

 

AB両地点は離れているので、どちらで待つか悩みどころです。今までの経験では、危険を避けるため草の中にもぐりこんで産卵する♀を見かけることが多く、A地点の方が有力ですが、ここは縄張り♂の本能を信じてB地点で待つことにします。産卵ビデオ撮影もB地点の方が簡単そうです。
・・・と、いろいろ考えたわりに結局不発で、いくら待っても♀の産卵は来ませんでした。
途中、めったに人も通らない場所なのでリュックを枕に寝て待っていると、耳元で何かゴソゴソ動きます。でっかいムカデでした。顔でも刺された日には、しばらく仕事出来なくなります。危ねーっ!

ムカデ
耳元を横切っていったムカデ

 

他にいたトンボは、そばの川から来たヤマサナエ、ダビドサナエ、アサヒナカワトンボなど。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♀

 

ダビドサナエ
ダビドサナエ♀

 

収穫がゼロは残念すぎるので、ムカシヤンマ♂のトンボ画像をホームページに加えました。従来の♂画像は少し未熟な個体で、今日追加したのは成熟♂です。

カトリヤンマの産卵、お知らせ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
カトリヤンマの産卵ビデオを追加しました。

11月15日の昼前から晴れてきたので、少し活動してきました。
まず、採卵がまだ出来ていないタイリクアキアカネとスナアカネがいないかと海岸沿いの池に行ってきました。飛来種どころか、気持ちいいほど全く何もいませんでした。

成果なしもなんですので、帰りにカトリヤンマの産卵が続いていないかと、10月24日の池に寄ってみました。福岡はまだ本格的に寒い日はなく、今日なんかはシャツ1枚で十分な暖かさです。こちらの池には、まだ少しリスアカネ、マユタテアカネがいて産卵もしていました。

狙いのカトリヤンマは13:00頃に現れました。池沿いの草にもぐりこんで場所を変えながら産卵しています。クリアーに見える場所で産卵してくれないのでいまいちビデオですが、ホームページの方にアップしました。

カトリヤンマ
カトリヤンマの産卵

キイロサナエ採卵

ここ2日ほどブログでトラブってました。
ヤゴのホームページが完成したので立ち上げることに・・。しかし、ブログを管理しているWordPressがバッティングするので、まずWordPressの引っ越しをすることにします。ブログバックアップもとってあるということで、テキトーに始めたのが失敗で、管理者ページにログイン出来なくなってしまいました。ブログもデータベースのリレーションが矛盾してしまったみたいで表示されなくなってしまいました。あれこれ、あれこれ、やってみますがいっこうにうまくいきません。しょうがないので、サーバにあるデータベーステーブル情報を利用して、ブログを最初から手作業で再構成することにしました。一から作るよりはずっと早いのですが、復旧にかなり時間を要してしまいました。

ふうっ。何とかブログは復旧しました。
ヤゴのホームページはトラブルなくインストールでき、問題なく動作してます。yagopediaと名付けました。
URLは、http://yagopedia.com/index.phpです。
初回分として、アオイトトンボ、アオサナエ、アオハダトンボ、アオビタイトンボ、アジアイトトンボ、エゾトンボ、オオルリボシヤンマをアップしました。記事はまだ一部のみですが、徐々に充実させていきたいと思います。

さて、本来のブログに戻ります。6月7日のヤマサナエは無事産卵してくれました。

ヤマサナエ
ヤマサナエ卵

 

ということで、今日はキイロサナエの採卵です。場所は糸島市です。
その前にオオヤマトンボの産卵を狙って、6月7日の池にも行ってきました。ところが、今日は一番いい場所に釣り師が3人も陣取ってました。釣り師の横からちょろちょろチャンスを伺いますがノーチャンスです。ここでは、オオヤマトンボ♂1,ギンヤンマ♂1、シオカラトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ10程度。チョウトンボも現れ始めて2頭いました。

糸島市の川はこんな感じで、キイロサナエはこういうさえない川が好きです。

キイロサナエ
キイロサナエの川

 

すでに♂が5頭縄張りをはっています。上部付属器が下部付属器より短いのがヤマサナエとの鑑別点です。

キイロサナエ
キイロサナエ♂

 

案の定20分後くらいに♀が産卵に入りました。♂に見つからずに悠々と産卵しています。♂は、上や横から入ってくる♀は絶対に見逃さずに連れ去ってしまいますが、低い場所で打水産卵する♀は結構見逃す印象があります。キイロサナエはすぐに卵塊を作ってくれるので、カップにすぐに採卵できました。

キイロサナエ卵
キイロサナエ卵

 

さらにもう少し粘って、産卵ビデオも撮りました。キイロサナエはこういう小さな流れの縁や、湿った砂・泥の上に打点産卵します。

キイロサナエ
キイロサナエ産卵スポット

 

キイロサナエ産卵(ビデオからキャプチャー)
キイロサナエ産卵(ビデオからキャプチャー)

 

ここには、ざっと歩いただけで10頭以上のキイロサナエ♂がいました。その2-3倍はいそうな感じです。他に、シオカラトンボ10頭程度、ショウジョウトンボ数頭、ウスバキトンボ2-3頭、ギンヤンマ2-3頭がいました。

ムカシヤンマ産卵ビデオを撮るため次の場所に向かいます。福岡市近辺ではムカシヤンマないしヤゴは4カ所で見た事がありますが、そのうちの1カ所です。とりあえず地面にペタッと貼り付いた♂は1頭いましたが産卵には出会えませんでした。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♂

 

他には、ヤマサナエ♂3、ダビドサナエ♀1、アサヒナカワトンボ2がいました。

今日は、キイロヤマトンボを求めてさらに佐賀まで足を伸ばしました。数年前はヤゴを至るところで認めた川でしたが、全くキイロヤマトンボの姿は見る事が出来ませんでした。佐賀でも減ってる感じです。

ニホンカワトンボ採卵

5月6日の活動です。場所は糸島地区です。

今回のターゲットは、HP公開に備えてのヒメクロサナエ産卵動画撮影です。渓流の下流部で、枝分かれした側流が細々と流れているという環境です。

ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエが縄張りをはる場所

昨年はこの時期ヒメクロサナエの♂が数頭縄張りしており、交尾も見られました。9:30-11:00頃まで粘りましたが、今年はヒメクロサナエは全く見られませんでした。特に昨年と環境は変わりなく、今年いない理由が全く分かりません。撮影は失敗に終わりました。

ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ交尾(2014年撮影)

ヤゴはダビドサナエ、クロサナエが豊富にいるのですが、成虫のトンボになるとダビドサナエをそこそこ見るだけで、クロサナエはまだ見たことがありません。いったいどこで縄張りをはっているのだろうか・・・?

結局、ここではアサヒナカワトンボを数頭を見たのみでした。

次の場所では、ニホンカワトンボの採卵です。既に1回産卵植物から採卵しているのですが、アサヒナカワトンボも混生しており確実性に疑問つきです。
実は、♀のカワトンボの鑑別が苦手です。下の♂はニホンカワトンボで間違いないと思います。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ♂

この♀も羽も茶色っぽいですし、ニホンカワトンボでいいと思うのですが・・・。ちなみに上の♂がこの♀を警護していました。産卵木から無事採卵しました。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ♀産卵

 

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ産卵0日の卵

 

アサヒナカワトンボの交尾です。交尾が成立した瞬間に、1回羽をパタッとするのがアサヒナカワトンボで、しないのがニホンカワトンボ。かなり確実と、トンボ写真家の尾園暁さんのブログで紹介されています。
♂は見た目もアサヒナカワトンボだと思います。♀は羽が茶色っぽく、いったいどっちだろうと思います。カワトンボの鑑別・・・苦手です。

ここでは、カワトンボ多数、ミヤマカワトンボ10頭程度、ダビドサナエ♂4、シオヤトンボ♀1、を見ました。