「筑後川」タグアーカイブ

アオサナエの産卵動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アオサナエの産卵動画を追加しました。
ヒヌマイトトンボチビサナエのトンボ画像を追加しました。

6月17日と18日の活動で、まず17日。

今年の梅雨は今の所晴れ続きです。
ということで、出かけられてしまうのでアオサナエの産卵動画を狙って今年3回目の山口出張です。
6月10日に地元の川にもアオサナエがいるのを確認したのですが、産卵まで狙うとなると個体数も少なく地元では難しそうです。

5月20日と同じ川ですが、もっと足場がいい別のポイントに張り込むことにしました。

アオサナエ
アオサナエの産卵場所

 

中央左側の岩の上でアオサナエ♂が縄張りを張っていたのですが、産卵♀が現れると確実に連れ去られてしまうので、まず追い払います。
待つことしばし、5:15分頃になり、まさに♂が睨んでいたポイントに産卵♀が現れました。

アオサナエ
アオサナエの産卵

 

産卵時の、動画撮影イメージトレーニングが不十分で、動画の出来が全く駄目でした。
アオサナエは卵塊を腹端に作り落下させるのですが、その様子は確認不可能。打水産卵もしますが、最後に1回打水する所がピンボケで何とか写っています。

もうしばらく待ったところ、5:50分くらいにすぐ近くの浅瀬に打水産卵に現れました。トンボの日の当たりも良く絶好の撮影チャンスだったのですが、別の作業をやっていてカメラのセットにジタバタしているうちに、トンボは行ってしまいアウト。以後は現れずじまいでした。
また来年の課題ということにして、とりあえずいまいちの産卵動画をホームページにアップしました。

18日はヒヌマイトトンボの産卵があるかもということで、まずヒヌマイトトンボの場所へ。5月21日に羽化を確認しており、羽化後2週間くらいで生殖活動を始めるトンボが多いので、そろそろかなということです。
しかし、ヒヌマイトトンボはもう少し遅いようです。♀は確認した範囲でオレンジ色の未熟なものしか見つからず、交尾態も見つかりませんでした。
とりあえず、♂に外観が似ている♂型の♀がいたので、その撮影を。

ヒヌマイトトンボ
♂型♀のヒヌマイトトンボ

 

最後は筑後川に足を伸ばしました。ナゴヤサナエヤゴの生態動画を撮ろうかな~と。
2015年8月23日の場所で、その時はあっさりゲット出来たのですが、今回はかなり探しましたが駄目でした。そう甘いもんではないですね。
いたのはコヤマトンボヤゴが数頭と、あとはオオヤマトンボ2頭。
川なのですが、ここでは毎年オオヤマトンボがパトロールしています。

オーヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ→キイロヤマトンボのヤゴ
オーヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴの下顎→キイロヤマトンボヤゴの下顎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年6月22日追記

上記ヤゴの下顎の特徴は、キイロヤマトンボのヤゴですね。オオヤマトンボの下顎は平坦でギザギザです。どこかの時点で、特徴に関する記憶がすり替わってました。キイロヤマトンボヤゴに訂正します。最低2頭はいたので、支流から流れ込んできた以外に、実際に大河のこの部分で産卵があった可能性もあると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月20日のアオサナエの産卵を見張っていた場所の砂を少し持ち帰っていたのですが、帰宅するとその砂にアオサナエとホンサナエの1齢ヤゴ(アオサナエは2齢も)が孵化しているのが確認出来ました。
4.5倍撮影が出来る中一光学のfree walkerレンズで撮影してみました。今、少しずつですが孵化後ヤゴの4.5倍レンズでの撮影を進めています。

アオサナエ
アオサナエ1齢ヤゴ 4.5倍レンズで撮影
アオサナエ
アオサナエ1齢ヤゴ 従来レンズでの撮影

 

上がfree walkerレンズで撮った画像で、下が従来の画像です。
アオサナエは孵化後すぐの時期は5日くらいの間隔で脱皮を繰り返しますが、腹腔内の卵黄も目立たたなくなっており、腹部も伸びているので、2齢になる直前くらいの状態のヤゴだと思います。

なおホームページにアップしたチビサナエ♀は、飼育ヤゴから羽化したトンボを、セット上に置いて撮影したやらせ画像です。

お知らせと川のウチワヤンマ

お知らせ:最近本ブログの写真の一部がMicrosoft Edgeで閲覧すると縦にギュッと圧縮されて表示されますが、クリックすれば普通に画像が見られます。
また、Internet ExplorerとChromeでは問題なく表示されているようです。

さて、本日も特に成果ありませんでしたので日記代わりです。

まずミヤマサナエ探しで筑後川の支流です。10年くらい前には、ミヤマサナエのヤゴが結構見つかりましたが、10年前に較べると色んなトンボが減ってます。
堰や橋げたのそばを中心に見て回ります。

ミヤマサナエ
筑後川支流
ミヤマサナエ
筑後川支流

 

いませんねー。どういう基準でどんな所で♂が縄張っているか、いまひとつ分かりません。1回♂を見たのは、もう少し急流がある環境で、オナガサナエに混ざって縄張りをしていました。もう少し、早い流れがある環境を探すべきでしょうか?
ここは平地の流れの遅い川で、今の時期どこでも見る感じのオナガサナエも全くいません。ミヤマサナエ探しは、今年既に3連敗です。

いたのは例によって無数に飛びかっているウスバキトンボと、そこそこの数のハグロトンボ。交尾態のアオモンイトトンボも結構いました。
アオモンイトトンボは、とにかく交尾し続けることで他の♂に♀を渡さないという戦略です。

アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボの交尾

 

何もいないので7月31日と同じ筑後川の本流まで来てみました。ナゴヤサナエ♂のパトロールは、まだ始まっていませんでした。
代わりにいたサナエは、ウチワヤンマ。

ウチワヤンマ
川にいたウチワヤンマ

 

じっと見つめている視線の先は、あくまで川面です。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマが見つめる川面

 

オオヤマトンボのパトロールは相変わらずあるし、浅瀬でシオカラトンボは産卵してるしで、どっちかというと池にいる雰囲気です。

シオカラトンボ
シオカラトンボの産卵

 

こちらその後に向かった池。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマの池

 

以前はオオヤマトンボの産卵がアチコチで見られていた池ですが、水中に水草が大繁殖してからトンボが減少し、昨年7月5日に行った時は何も見つかりませんでした。しかし、昨年は水中の水草がなくなっており、トンボが回復しているか偵察です。以前ほどの賑やかさはありませんでしたが、少し回復していました。オオヤマトンボ2-3頭がパトロールし、ウチワヤンマ、タイワンウチワヤンマもそこそこの数がいました。もう何年かしたら、以前の状態に戻るかもしれないです。

一応、何とか前額の2本の黄条がわかるボケボケのオオヤマトンボ。

オオヤマトンボ
パトロールするオオヤマトンボ♂

 

暑すぎて少しでも日光を避けるため、オベリスク姿勢のウチワヤンマ。

ウチワヤンマ
オベリスク姿勢のウチワヤンマ

 

こちらはタイワンウチワヤンマ。

タイワンウチワヤンマ
縄張りを張るタイワンウチワヤンマ

 

お知らせとヤクシマトゲオトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の
オオヤマトンボの1齢幼虫が腹面画像だったので、背面画像と差し替えました。
ヤクシマトゲオトンボの2齢幼虫画像を追加しました。

7月31日に川を探索してきましたが特に成果はありませんでした。日記代わりに一応記録しておきます。

今年も、ミヤマサナエ採卵の挑戦を始めました。
場所は3月21日にヤゴを調べた筑後川です。

筑後川
筑後川

 

朝の8時台ですが、もう既にかなりの暑さです。まず、転石がゴロゴロしている河原沿い200~300mの範囲を♂の縄張りがないか探すことにします。サナエトンボは全くいません。この時点で既に90%は負けた感じです。
川岸から遠い水面上の植物先端に何か止まっています。コフキトンボかな~と、一応写真を撮ってみましたが、やはり(ただの)コフキトンボでした。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

以前から川岸にアオモンイトトンボはよくいたのですが、セスジイトトンボもいました。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ

 

ヤゴがいたこのあたりで少し粘ってみましたが、 何も出てきません。

筑後川
筑後川

 

少し場所を移動して、ナゴヤサナエが出てきてないかも確認することにしました。

筑後川
筑後川

 

葉上を移動する腹端が広がったトンボを1回見かけ、おそらくナゴヤサナエだと思いますが、川面をパトロールする♂は1回も見ませんでした。あと川面すれすれを猛烈な勢いでさかのぼっていくサナエがいましたが、オナガサナエでしょうか?
オオヤマトンボが1頭パトロールしていました。大河で流れも緩くて泥底もあり、このあたりは大きな池と同じような環境です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ

 

おびただしい数が舞っているのはウスバキトンボです。置きピンで1回連写しただけで、そこそこピントがあった画像が撮れます。

ウスバキトンボ
ウスバキトンボ

 

さらに支流に移動。

筑後川
筑後川支流

 

ここにもいません。多いのはハグロトンボ。

ハグロトンボ
ハグロトンボ

 

ここは公園内なので、スマフォを見ながらウロウロしている人も大勢います。

ポケモン
ポケモンGOピープル

 

日光の暑さになれてない人が多いと思うので、そのうちポケモン熱中症が報道されそうですね。

ミヤマサナエはヤゴはそこそこ見るのですが、あいかわらずトンボは見つからずやっかいな奴ですねー。実は7月28日にもヤゴがいる川を調べて見つからなかったので今年既に2連敗です。google earthを見ながら怪しい場所を調べ続けるしかないでしょうね。

さて、ホームページのオオヤマトンボ1齢幼虫が誤って腹面の画像になっていました。1齢は小さすぎるし、解像度悪すぎるしで、よくやらかすミスなのですが今まで気がつきませんでした。7月17日のオオヤマトンボ採卵に失敗した池で、悔しまぎれにすくってきた泥中にいた1齢幼虫画像を確認して、初めてミスに気付きました。

オオヤマトンボ
従来掲載していたオオヤマトンボ1齢画像
オオヤマトンボ
今回差し替えたオオヤマトンボ1齢画像
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ1齢黒バック画像

 

7月17日ヤクシマトゲオトンボ卵が孵化し2齢幼虫まで育ちました。2齢幼虫画像は欠番だったので、新たに加えました。1齢幼虫の尾鰓は普通のイトトンボと同じですが、2齢幼虫になると早くも袋状になっています。孵化まで20日程度はかかるので、この時点で2齢幼虫がいるということは7月17日以前に産卵されていた卵も混ざっていたものと思われます。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ2齢幼虫

ミヤマサナエのヤゴ探し

サクラも咲き始めて少し暖かくなり久しぶりのフィールド活動です。今日は、まだ採卵に成功していないミヤマサナエのポイント探しです。
場所は2015年8月15日と同じ場所。その時はミヤマサナエは見つからなかったのですが、雰囲気的にはどうみてもいる感じですし、時期があえば産卵も押さえられそうな気がします。
ミヤマサナエ
ミヤマサナエの場所

ミヤマサナエヤゴは泥底の方が好きな印象があるので、こういう泥底をヤゴがいるかどうか探してみました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ泥底

 

多くはありませんが、ざっと探したところ3頭は見つかり終齢ヤゴもいました(下列左)。ヤゴのいた場所と周囲の状況を考えると産卵ポイントもかなり狭い範囲に絞り込めそうで、このポイントは有望そうです。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ

 

ちなみに下列中央はダビドサナエで、このあたりの大河にもちゃっかりといます。河川上中流ではどこでも見つかるヤゴですが、源流域にもいるし本当に生息域が広いです。肢芽も膨らみ、腹部も長くなっており、もうしばらくで羽化が始まるでしょう。

ナゴヤサナエのヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オナガサナエと、
コフキトンボ
を追加しました。

今日もメインターゲットはミヤマサナエですが、8月15日の場所でナゴヤサナエの採卵がかなり期待出来そうなので、初めにそちらにむかいます。

過去の経験では、ここでは8~9時に産卵や交尾を見る事が多かったので、早めの7時半頃に到着。前回と同じ場所です。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエのいる場所

 

まず、木に止まってお休み中の♀がいないか探しますが、そんな都合のいい話はなくもちろん見つかりません。
♂のパトロールもまだなので、とりあえずヤゴがいないか探してみる事にしました。ざっと探した範囲内で、亜終齢が1頭と終齢の2つ手前(F-2)が2頭いました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ亜終齢
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエF-2

 

さらっと流してしまいましたが、そこまで多産地でない福岡では、実はナゴヤサナエのヤゴを探すのは大変で、おそらくこれまで報告はないと思います。私は、2012年に筑後川のごく小さな支流で1回見つけ、今回は2回目です。
ただ、ここのポイントはもう絶対にいると断言します!というような環境なので、感想としてやっぱりいたなー程度でした。
ナゴヤサナエは、こういう粘土質に近いような泥底が好きです。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエの好むドロ底

 

サナエトンボのヤゴの中にはジェット噴射で泳ぎ続けるヤゴがいて、ナゴヤサナエ、ウチワヤンマ、アオサナエ、オナガサナエがトップ4です。動画も撮ってみましたが、思ったほど勢いよく泳いでくれませんでした。

 

 

この手のヤゴはほとんど止まってくれず、ホームページ用にきれいに撮影しようとすると大変なのですが、秘策があります。冷却です。ヤゴの水の中に氷をいれて冷却すると、段々動きが鈍くなり、ついには止まってしまうのでその隙に撮影してしまいます。今回ホームページにアップしたオナガサナエの終齢は、そうやって撮影しました。冷やすのを止めると、また元気に泳ぎ出します。
さて、ナゴヤサナエヤゴは顕微鏡モード(黒バックの写真ですね)以外はホームページ素材の撮影は全て終了しているので、リリースします。
そうこうしている内に♂のパトロールも始まり、近くにも止まってくれるようになりました。パトロール中の写真も撮ってみましたが、私の腕前ではこの程度の写真しか撮れません。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂
尾部の裏側が黄色
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂パトロール中

 

交尾もナゴヤサナエ確実が2回、あやしいのが2回ありましたが、思惑がはずれ網が届く範囲の木には止まってくれず、いずれも木を飛び越して行ってしまいました。
産卵は気付いた範囲では1回もありませんでしたが、川が大きすぎて川の中央部で産卵されると分からない状態です。このポイントで粘りすぎて時間を使いすぎてしまい、ミヤマサナエの探索時間がなくなってしまいました。
帰りに筑後川の支流に寄ってみました。2-3mくらの川幅しかありませんが、ここで2012年にナゴヤサナエのヤゴを見つけました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエヤゴがいた支流

 

そこから少し下流部で、ミヤマサナエのヤゴがいるポイントです。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴのいるポイント

 

あまり期待はしませんでしたが、やはりミヤマサナエの成虫は見つかりませんでした。ナゴヤサナエでは少し成果がありましたが、ミヤマサナエは相変わらずトンボも見てない状態を更新中です。

それから今日は川で、数少ないトンボ愛好家の方ともお会いしました。最初、筑後川でよく見る釣りをされる方かと思っていましたが、話してみるとこのブログもご存じで、他県から3時間かけてナゴヤサナエの撮影にいらっしゃったそうです。私も、その方が運営されているブログを拝見した事があります。

撮影も無事成功されたとのことで安心しました。

実は、トンボ&ヤゴ道では、メチャクチャがんばった割に何の成果もないなんてこともよくある話なのです。

ナゴヤサナエ

YAGOPEDIAホームページに、
飼育方法
の項目を追加しました。

 

世間様はお盆、しかも終戦記念日、しかも娘の誕生日だというのに本日もヤゴ活動です。飽きもせずターゲットはミヤマサナエの採卵。

今日は筑後川に来ていて、例によって2年前にはヤゴは少なくとも2カ所で確認しています。まず1カ所目。
少し急な流れが緩やかになり、岸にヤゴが育つ浅いドロがある場所がベストだよな、と実生活では何の役にも立たない知識をフルに動員して探しますが、全くみつかりません。せめてナゴヤサナエでも飛んでいれば少しは気が紛れるのですが、そちらもいません。

移動していい場所がないか探す事にします。車の窓から見える対岸によさそうなポイントがありました。双眼鏡で探すと、石の上にいる小型のサナエは見つかりませんが、ナゴヤサナエが2頭川面を飛んでいます。対岸に移動することにします。対岸で川に入る道はあったのですが、よさげなポイントに到達できるルートが見あたりません。しょうがないので入り口から50mほどヤブ漕ぎしてなんとかたどり着きます。こんな感じです。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ生息場所

 

ミヤマサナエはおらず、ナゴヤサナエも大河の中央近くを飛んでいて証拠写真すら残せません。しばらく暑い中粘りますが何も起こらず、また川の入り口までヤブ漕ぎしてもどっていると、入り口のあたりでサナエが川の方に飛び立ちました。残念ながら飛び方はナゴヤサナエです。同じあたりに戻ってきて止まる事がよくあるので、待っていると来ました。ナゴヤサナエの♂です。草にジャマされて写真がいまいちです。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

入り口の反対方向を見ると、どうもそちら側から川に出たり入ったりしているナゴヤサナエがいます。そっち方向に行ってみるとヤブ漕ぎよりはるかに行きやすく、しかもヤゴが生息出来そうな浅いドロ底がしばらく続いています。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ生息場所

 

オオヤマトンボ♂2も岸沿いをパトロールしています。オオヤマトンボは普通は大きな池がテリトリーですが、筑後川ではドロ岸で流れが緩やかな所は飛んでいてヤゴも見つかります。オオヤマトンボの採卵も出来るかもということで、ここでまた粘る事にします。ナゴヤサナエもすぐ近くの枝に止まってきました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

いまいちの写真ばかりなので、捕獲してちょっとモデルになってもらいました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

それ以上は何も起こりませんでしたが、ナゴヤサナエの採卵を狙うにはここは絶好のポイントになりそうです。若干遠浅で打水産卵中も狙えそうですし、交尾後に着地する木も網が届きそうな範囲にあります。

今日も、ミヤマサナエは成虫にすら出会えない記録を更新してしまいました。今年中に最低♂2がいるポイントを見つけたいものです。写真はミヤマサナエヤゴで、砂の中から見つけた中で最若2齢幼虫と終齢です。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ2齢幼虫

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ終齢