「孵化」タグアーカイブ

メガネサナエヤゴの孵化

9月24日に採取したメガネサナエ卵が孵化しました。
産卵後18日で孵化です。

olympus tg-5で4倍深度合成撮影してみました。

メガネサナエ
メガネサナエヤゴの1齢

 

終齢は極端に細長い紡錘形の体型を特徴とするヤゴですが、孵化直後はサナエ系の1齢にありがちなヤゴです。
背中に感覚器官と思われる、三角形状の背棘が並んでいます。

ヒメトンボの孵化

5月3日に沖縄で採卵した、ヒメトンボが孵化しています。

他のトンボ科の1齢幼虫と較べて、とりたてて目立った特徴はないですねー。

サナエトンボのヤゴは形態差が大きいので、属レベルである程度わかり、ものによっては種レベルで推定できるものもあります。
トンボ科を1齢のヤゴで鑑別するのは、遺伝子レベルでないと不可能です。

ヒメトンボ
ヒメトンボ孵化直前卵

 

ヒメトンボ
ヒメトンボ1齢幼虫

 

ヒメトンボ
ヒメトンボ2齢幼虫

ミルンヤンマ孵化

9月22日のミルンヤンマが孵化しました。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ孵化直前卵

 

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ1齢

 

ミルンヤンマヤゴはムカシトンボと同様で、渓流の岩の裏にはりついて見つかることがよくあります。ムカシトンボは、若齢のうちはクリーム色と茶褐色のツートンカラーで、途中から茶褐色~黒色になりますが、ミルンヤンマも同様です。これも収斂(同じような環境にいる別の種が似たような形態をもつ)のひとつなんでしょうね。

ムカシトンボ
ムカシトンボ6齢幼虫

 

卵で年越しする種は、卵内で幼虫の形態がほぼ出来上がってから越冬する種と、越冬してから幼虫の形態が出来る種があります。ミルンヤンマは後者で、下図は1月4日の卵の状態ですが、ようやく眼球らしい組織が出来はじめた所です。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ卵

 

オニヤンマ採卵

7月18日と同じ池に同じ目的でまず出かけました。やはりネアカヨシヤンマはいません。これで3年連続目撃なしです。ヤブヤンマも以前は頻繁に産卵があり、昨年も何とか産卵があったのですが、今年はまだ見ていません。
下の写真は、池から流れ出る細い流れで、オニヤンマが最低3頭パトロールで行き来しています。流れのさらに先は草地の湿地になっており、昔はエゾトンボでもいたんじゃないかという雰囲気たっぷりの場所です。木陰に、すでに腹部が赤くなり始めたマユタテアカネの♂がいて、次のシーズンの出番を待っています。

オニヤンマ
オニヤンマがパトロールする細流
オニヤンマ
細流の先の湿地
マユタテアカネ
マユタテアカネ♂

 

オニヤンマの産卵は時間の問題だろうと待っているとやはり来ました。写真の部分にしつこく産卵しています。

オニヤンマ
オニヤンマ産卵

 

オニヤンマは、縦方向に上下しながら長い産卵管を砂や泥にブスッブスッと突き刺しながら産卵します。

 

採卵は、産卵部を泥や砂ごとすくってきて、卵を見つける方法で行います。すくった泥から9卵採卵出来ました。顕微鏡モードでの撮影が終われば、オニヤンマもホームページ用画像撮影全終了となります。実は、福岡県で記録のあるトンボのうち3-4種類以外は、ほぼヤゴの撮影は済んでいるのですが、画像処理に手こずっており、ヤゴ図鑑がなかなか進みません。まあ、少しずつがんばります。

オニヤンマ
オニヤンマ産卵直後卵

 

次に福岡市近郊の川に、オナガサナエの採卵目的で出かけます。オナガサナエでやっかいなのは、通常夜7時頃にならないと産卵が始まらない事で、少し暗くなるまで川で粘る必要があります。こういう流れの速い部分の岩の上で縄張りをはります。ヤゴも流れの速い岩のそばの砂によくひそんでいます。

オナガサナエ
オナガサナエ環境

 

ここは、たまにミヤマサナエの縄張りもありますが、4頭いた中(小)型サナエはすべてオナガサナエでした。コオニヤンマも1頭いました。

オナガサナエ
オナガサナエ♂縄張り
コオニヤンマ
コオニヤンマ♂縄張り

 

6時頃と7時少し前に、人間の目では全く発見不可能な♀をゲットした♂が、交尾態となって川から上空に飛び去っていきました。7時を過ぎると♂に落ち着きがなくなってきました。頻繁に川面低くをパトロールしたり、少しホバリングして♀の産卵とまぎらわしい行動もします。7時20分頃に交尾態がすぐそばを通過し、♂♀両方キャッチ出来ました。腹端を水につける方法では産卵してくれませんでしたが、水を入れた産卵ボックスに入れておけばきっと産卵してくれるでしょう。持ち帰る事にします。

7月19日のベニトンボが孵化しました。産卵後6日です。孵化には気温が関係してかなり違って来ますが、6日は全種の中でも割と早いほうです。終齢までの成長も含めて、最も早いのはウスバキトンボで3~4日であっという間に孵化します。意外に早かったのはオオヤマトンボで3日で孵化しました(今採卵を試みているのは顕微鏡モード用で、すでに1回採卵は終わっているのです)。

 

ベニトンボ
ベニトンボ孵化直前卵
ベニトンボ
ベニトンボ1齢幼虫

アオヤンマ、ハッチョウトンボ孵化

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オグマサナエと、オオシオカラトンボ
を追加しました。

6月23日のアオヤンマが孵化しました。産卵後15日です。

アオヤンマ
アオヤンマ孵化直前卵

 

アオヤンマ
アオヤンマ1齢幼虫

 

6月28日のハッチョウトンボも孵化しました。こちらは、産卵後10日です。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ孵化直前卵

 

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ1齢幼虫

ヤクシマトゲオトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ベニイトトンボ
を追加しました。

先週川で左手小指を骨折し、まだ固定中です。とうことで、川は危険すぎるので今日は陸上活動です。場所は福岡市遠方の市です。こんな感じで水が岩壁面をしたたり落ちるような所です。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ環境

 

ムカシヤンマと同様、陸上でヤゴ時代を過ごす変わり者ヤクシマトゲオトンボが狙いです。ホームページ用に一部未記録の画像があるので採卵をしようと思います。
ヤゴは水のしたたり落ちる壁面にはりついて生きています。

 

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボヤゴ(本日撮った写真ではありません)

 

ヤクシマトゲオトンボは枯れた植物や、ゼニゴケなどに産卵しますが、ここでは地面に落ちた杉の枯れ葉に良く産卵します。♂は10頭以上、♀は2頭いました。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ♀

 

しばらく粘りましたが、産卵活動はまだ始まっていないようで、交尾も全く見ませんでした。あと1~2週したら産卵も始まるでしょうが、梅雨の大雨が降ると、交通規制でちょくちょく来られなくなるんですよね。今日なんとかしたかったのですが、しょうがなくギブアップです。

オオヤマトンボの採卵目的で、帰りに池に寄ってみました。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマため池

 

7-8年前までは、この池に来るとウチワヤンマが多数縄張り、オオヤマトンボは頻繁に産卵という状態でした。一般的に採集がむずかしいオオヤマトンボやウチワヤンマのヤゴも割と簡単に取れていました。しかし、ある年から水中に水草が大量に生えるようになり、段々トンボが減ってきました。そして、遂に今年は両種とも全く見られませんでした。う~ん・・・・。
でも今年は、池を覆い尽くしていた水中の水草の大群が全く消えていました。ここは巨大なため池なので何か対策をしたのでしょうか?
数年したら、またトンボが戻ってくるかもしれません。今日は、コシアキトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ数頭~10頭程度、ギンヤンマ1頭のみという寂しさでした。

5月28日に採卵したサラサヤンマが孵化しました。産卵後37日目です。卵は6月18日にはいつ孵化してもおかしくないくらいの感じになっていたのですが、サラサヤンマの場合はそこから孵化まで長くかかります。

サラサヤンマ
サラサヤンマ前幼虫

 

サラサヤンマ
サラサヤンマ1齢幼虫

 

サラサヤンマ
サラサヤンマ卵6月18日

 

サラサヤンマ
サラサヤンマ卵7月2日

アオヤンマ卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイトトンボ
を追加しました。

6月20日のアオヤンマがねらったとおり、葦の茎に産卵してくれました。

アオヤンマ
アオヤンマ産卵直後卵

 

茎にこんな産卵孔があいています。開くと下の写真のようになっています。

アオヤンマ
アオヤンマの産卵孔
アオヤンマ
茎の内部(孔のそばに卵が塊となって多数産卵されている)

 

アオヤンマの幼虫は、孵化後1頭ずつ産卵孔から脱出して水面下に落下していくという、他のトンボでは見られない孵化行動を見せます。

ムカシトンボの孵化

4月23日に採卵したムカシトンボが孵化しました。
ムカシトンボの孵化は同期性が高く、採取した卵はいっせいに孵化し始め、24時間でほぼ孵化し終わります。種によってはだらだら孵化する場合もあり、ウチワヤンマは最初から1カ月くらいたってもまだ孵化する場合がありました。

孵化後は飼育ケースに移します。エアレーションを強めにし、ケース内で水流が起こるようにしています。
夏場の暑さ対策で、大きめプラボトルに水をはった中に入れています。暑くなってきたら右の水中ポンプも動かし、泡立たせてさらに気化熱冷却します。

ムカシトンボ
ムカシトンボの飼育ケース

ムカシトンボ1齢幼虫と、冒頭部で下方で動いているのは餌のマダラカゲロウ?の幼虫です。