ヤクシマトゲオトンボ

今日も大分にいます。朝方昨日のポイントにいってみますが、朝だからといって特にミヤマサナエがいる訳ではありませんでした。ここの川への小さな流れ込みがあり、そこでオニヤンマ♀が♂にじゃまされずに伸び伸びと産卵していました。もう少しすると♂がパトロールにやってきて、おちおち産卵していられなくなります。

オニヤンマ
オニヤンマ♀産卵

 

別の場所の池に移動します。オオヤマトンボの産卵狙いで♂は最低3がパトロールしています。しばらく待ち1回だけ♀が産卵に来ましたがごく短時間で捕獲は不可能でした。待機場所に日陰がなく水分補給していても熱中症になりそうです。身の危険を感じギブアップ。池の湿地状になった部分でネアカヨシヤンマの記録があり探してみますが、こちらも見つかりませんでした。こんな感じの場所が結構広がっており、いかにもネアカヨシヤンマがいそうな雰囲気はあります。

ネアカヨシヤンマ
ネアカヨシヤンマ湿地

 

何も収穫がないので、最後に7月26日の場所にヤクシマトゲオトンボの採卵に向かいます。あいかわらず崖崩れの通行止めは続いていますが、大分県側からはアプローチ出来るのです。ヤクシマトゲオトンボはかなり減っていました。最低♂2,♀4はいましたが、♂は後翅が欠けて老化しています。♀は止まっているだけで待っていても産卵開始してくれません。7月5日に訪れた時はまだ産卵には早すぎ、今日は産卵のピークが終わりつつある感じです。♀の尾端には泥がついており、まだ産卵は終わってはないと思うのですが。近くの杉の枯葉と♀を持ち帰り産卵ボックスに入れて採卵を試みる事にします。

ヤクシマトゲオトンボ
後翅が半分とれたヤクシマトゲオトンボ♂
ヤクシマトゲオトンボ
腹端が泥で汚れたヤクシマトゲオトンボ♀

 

ヤクシマトゲオトンボの卵はこんな感じで、先端がサイドに少し片寄ってバナナ型をしています。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ卵(本日撮った写真ではありません)

 

1齢ですが、尾鰓は特徴的な袋状にはなっておらず普通のイトトンボと同じです。普通のイトトンボと違うのは、水中にいれると死んでしまうことで、適度に水に浸っているような環境で育てる必要があります。今ホームページの飼育法の項を作成中で、もう少しで公開出来そうです。ヤクシマトゲオトンボヤゴの飼育法も記載しています。単純すぎてびっくりな感じですが・・・

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ1齢幼虫(本日撮った写真ではありません)

 

今回の大分への遠征は、ほとんど収穫がなく完全に撃沈でした。

 

 

ミヤマサナエ探索

夏の間の課題、ミヤマサナエ採卵目的で大分県の九重まで出張です。ヤゴはちゃんと見つかるのですが、いまだにミヤマサナエの成虫が確実に縄張りをはる場所が発見できません。九重でもミヤマサナエの成虫は発見出来ていないです。こんな場所で、少なくともヤゴはいるのですが、トンボはいません。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴの場所

 

この場所の前後の川岸も調査してみますが、理想的なポイントは見つからずミヤマサナエも発見できません。理想的なポイントのイメージとしては、早い流れが終わり緩やかな瀬になり、あまり深くなく、両岸が開け、川や岸に岩がゴロゴロと飛び出しているポイントです。特に堰や橋の下なんかで、こういうポイントがあればベストです。川の前後を調べていると、場所によっては牛の臭いがしてきます。川岸で放牧したり洗ったりしているのでしょうか?九重まで来たなーという感じです。

理想的なポイントは見つからず、ここで待つ事にします。ここは自然環境は最高で、福岡ではなかなかお目にかかれなくなった、アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボがいたる所にいます。福岡では局地的にしか見られないミヤマアカネもうじゃうじゃ飛んでいます。

アキアカネ
アキアカネ♀
ナツアカネ
ナツアカネ♂
ノシメトンボ
ノシメトンボ♀
ミヤマアカネ
ミヤマアカネ♂

 

今はハグロトンボが全盛ですが、アオハダトンボもまだかなり残っています。

アオハダトンボ
アオハダトンボ♀
アオハダトンボ
アオハダトンボ♀

 

17時頃に川面をすばやく移動しホバリングするサナエがいました。尾端の方に黄色い部分が目立たず、きっと違うだろうと思いながら一応捕獲。オナガサナエの♀でした。記念撮影だけして逃がし、産卵業務に戻ってもらいます。

オナガサナエ
オナガサナエ♀

 

途中で黒い雲が出始め、遠くでカミナリの音もしてあまり長い時間粘れませんでした。結局、ミヤマサナエとは出会えずでした。ウーン、ミヤマサナエはなかなかきびしい。

オナガサナエ採卵

7月30日のオナガサナエが産卵しました。
オナガサナエとアオサナエはヤゴが似ていますが、卵も砂に付着する粘着部分の形状がよく似ています。

オナガサナエ
オナガサナエ卵

 

アオサナエ
アオサナエ卵

 

こちらは終齢のヤゴです。写真だとかなり違って見えますが、フィールドでは色彩も含め紛らわしい場合があります。触角で鑑別し、オナガサナエが平たいのに対しアオサナエは棍棒状です。

オナガサナエ
オナガサナエ終齢ヤゴ

 

アオサナエ
アオサナエ終齢ヤゴ

アオビタイトンボ、マルタンヤンマ♂

アオビタイトンボの観察と、ハネビロトンボの採卵も出来ないかと福岡市近郊の池に来ました。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボがいる池

 

アオビタイトンボは♂は10頭近くいて、この池にはすでに定着していると思います。午後の暑い時間帯なので、暑さを避けるためみんなオベリスク姿勢をしています。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ♂

 

ハネビロトンボは飛来種ですが、7-8年前は福岡周辺ではごく普通に見られて、越冬ヤゴも確認出来、もう定着したかのようでしたが、その後ほとんど見なくなってしまいました。しかし、ここ2ー3年また見る機会が少し増えてきた印象です。この池では昨年1回だけ産卵を見たので、少し期待したのですが1頭もいませんでした。
アオビタイトンボの♀はいませんが、きっと木陰の枝先に止まっているだろうと探してみたら、やはりいました。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ♀

 

あとは、チョウトンボが全盛期で多数いて産卵も頻繁に見られました。ただでさえ熱を吸収しそうな真っ黒なトンボなのに、猛暑の中一番活動性が高いです。他には、キイトトンボ、ベニイトトンボ多数、ショウジョウトンボ、ネキトンボ中等数、ギンヤンマ、ホソミオツネントンボ数頭といったところでした。暑すぎてチョウトンボ以外はあまり活動していないので、次はもう少し夕方近くに来る事にしましょう。午前中に来るのがベストなのですが、ここは施設内の池で土日は入れないのです。

次にむかったのは、新たなネアカヨシヤンマの産地探しです。7月25日の場所にはもういなさそうなので、6月20日のアオヤンマの池に行ってみました。この池は市街地にあるのですが、回りが木々に囲まれて外から完全にブロックされています。一部湿地状になった部分はサラサランマが飛び、そのあたりにネアカヨシヤンマがいそうな怪しそうなスポットがあります。池に入るとすぐにヤンマが地面近くから枝に飛び上がりました。体型はネアカヨシヤンマと明らかに違っていますが、どうもアレッぽいです。撮影してみると、初めて見るマルタンヤンマの♂でした。♀の産卵はこの池でよく見ていましたが、ようやく♂にも出会えました。ブルーの綺麗な複眼を持つトンボで、トンボ愛好家たちのNo1ターゲットです。蚊の猛攻撃をうけながら、写真を撮りまくりました。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ♂

 

ネアカヨシヤンマは残念ながらいませんでしたが、怪しすぎるのでもう1回くらい来てみよう。池の他の部分も見ていると、ここにもアオビタイトンボの♀がいました。福岡県で私の見た範囲で4カ所目です。もう福岡県にもかなり拡散している感じです。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ♀

 

次は、前回うまくいかなかった、オナガサナエの採卵です。遅めの6時半くらいに川に行ってみました。前回よりかなり増えていて、目に入る範囲内だけで10頭以上の♂が縄張りしており、すでに活発に追っかけあいをしています。シルエットを見る限り、ミヤマサナエ♂はいなさそうです。これだけ♂が多いと、♂より先に産卵♀を見つけるのはほぼ不可能か?

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

しかし、意外な事に7時10分くらいになり、♂にも気づかれずに岸のすぐ近くで♀が悠々と産卵を始めました。6月14日のキイロサナエでもそうでしたが、♂は高速に入ってくる♀は敏感に反応してキャッチしますが、ホバリングしながらゆっくり移動する産卵♀にはどうも鈍感な感じがします。とにかく♂に気付かれる前にということで、あせりながら♀を捕獲します。

この♀もカップの水に腹端をつけるだけでは産卵してくれませんでした。オナガサナエの採卵は簡単だと思っていましたが、どうもそうではないようです。その後もう少し粘ってみましたが、産卵4-5回、交尾態を4回見たあたりで結構暗くなってきたので、川を離れることにしました。採卵のため♀2も持ち帰ります。今回はうまくいくといいのですが。

ムカシトンボ4齢幼虫

昨日のオナガサナエが産卵しているかと、朝箱を覗いてみると、なんと死んでいました。普通はないことです。腹部もやや細かったですし、もしかしたらほぼ産卵が終わった寿命の近いトンボだったのでしょうか?そういえば前回の経験では、産卵に来た♀は腹端を水につけただけで、簡単に産卵してくれました。もう1回、川で7時過ぎまで粘る必要ありです。

台風が迫っていますが、天気は何の問題もなく、午前中は7月20日の池にオオヤマトンボの採卵に向かいます。この池でのオオヤマトンボの傾向はだいたい把握しました。9時~10時頃に産卵にくる確率が高い、個体数は多くなく産卵はせいぜい池に滞在している間に1~2回のみ、池の特定部分に産卵にくることが多い、などなど。今日はきっとうまくいくでしょう。

うまくいきませんでした・・・・。9時20分頃に1回産卵に来ましたが、意外と岸から離れた場所で手が出ませんでした。その後も少し粘りましたが、チャンスは少なそうなので次の場所に向かいます。

7月5日の場所でヤクシマトゲオトンボの採卵です。ところが何と目的地のすぐそばまで来た所で、崖崩れで進入禁止になっていました。確かに梅雨の時期は通行止めになることも多いのですが、今年はたいした大雨もなく完全に油断していました。普段はやる交通規制情報もチェックしていませんでした。わざわざ高速を使って来たというのに、ということで別の心当たりのある場所に向かいます。こっちもはずしました。うろ覚えで向かったら、明らかに前回来たときと別の道で、山間の細い大変な道に紛れ込んでしまいました。前から対向車が来ると、すれ違い出来ず即ピンチです。脱輪も可能性十分です。それでもしぶとく怪しそうな場所はチェックします。でも、全部はずれでした。さんざんな日でした。

無事事故らずに帰れたのと、スピードを出せといわんばかりの田舎の一本道で、先に覆面パトに捕まってくれてた人がいたことに感謝、ということで良しとしましょう。

ここ4年間ムカシトンボを卵から育てていますが、適当なエサが見あたらないという問題のため、1頭が4齢までいったのが最高でした。自然界では恐らく岩にくっついている川虫を食べているのでしょうが、川虫の中には肉食の種もおり、へたに入れるとあっという間に大きくなって逆に食べられてしまいます。今年は、これならエサとして何とかなるかもというのを見つけ、現在数頭が4齢になっています。4齢になるまで70日ほどかかっており、5~6年をヤゴで過ごすムカシトンボはやはり成長もスローですね。5齢まで育ってくれれば、6齢以降はフィールドで見つけたヤゴの画像があるため、ムカシトンボも全ステージ記録終了となります。

ムカシトンボ
ムカシトンボ1齢幼虫
ムカシトンボ
ムカシトンボ4齢幼虫

オニヤンマ採卵

7月18日と同じ池に同じ目的でまず出かけました。やはりネアカヨシヤンマはいません。これで3年連続目撃なしです。ヤブヤンマも以前は頻繁に産卵があり、昨年も何とか産卵があったのですが、今年はまだ見ていません。
下の写真は、池から流れ出る細い流れで、オニヤンマが最低3頭パトロールで行き来しています。流れのさらに先は草地の湿地になっており、昔はエゾトンボでもいたんじゃないかという雰囲気たっぷりの場所です。木陰に、すでに腹部が赤くなり始めたマユタテアカネの♂がいて、次のシーズンの出番を待っています。

オニヤンマ
オニヤンマがパトロールする細流
オニヤンマ
細流の先の湿地
マユタテアカネ
マユタテアカネ♂

 

オニヤンマの産卵は時間の問題だろうと待っているとやはり来ました。写真の部分にしつこく産卵しています。

オニヤンマ
オニヤンマ産卵

 

オニヤンマは、縦方向に上下しながら長い産卵管を砂や泥にブスッブスッと突き刺しながら産卵します。

 

採卵は、産卵部を泥や砂ごとすくってきて、卵を見つける方法で行います。すくった泥から9卵採卵出来ました。顕微鏡モードでの撮影が終われば、オニヤンマもホームページ用画像撮影全終了となります。実は、福岡県で記録のあるトンボのうち3-4種類以外は、ほぼヤゴの撮影は済んでいるのですが、画像処理に手こずっており、ヤゴ図鑑がなかなか進みません。まあ、少しずつがんばります。

オニヤンマ
オニヤンマ産卵直後卵

 

次に福岡市近郊の川に、オナガサナエの採卵目的で出かけます。オナガサナエでやっかいなのは、通常夜7時頃にならないと産卵が始まらない事で、少し暗くなるまで川で粘る必要があります。こういう流れの速い部分の岩の上で縄張りをはります。ヤゴも流れの速い岩のそばの砂によくひそんでいます。

オナガサナエ
オナガサナエ環境

 

ここは、たまにミヤマサナエの縄張りもありますが、4頭いた中(小)型サナエはすべてオナガサナエでした。コオニヤンマも1頭いました。

オナガサナエ
オナガサナエ♂縄張り
コオニヤンマ
コオニヤンマ♂縄張り

 

6時頃と7時少し前に、人間の目では全く発見不可能な♀をゲットした♂が、交尾態となって川から上空に飛び去っていきました。7時を過ぎると♂に落ち着きがなくなってきました。頻繁に川面低くをパトロールしたり、少しホバリングして♀の産卵とまぎらわしい行動もします。7時20分頃に交尾態がすぐそばを通過し、♂♀両方キャッチ出来ました。腹端を水につける方法では産卵してくれませんでしたが、水を入れた産卵ボックスに入れておけばきっと産卵してくれるでしょう。持ち帰る事にします。

7月19日のベニトンボが孵化しました。産卵後6日です。孵化には気温が関係してかなり違って来ますが、6日は全種の中でも割と早いほうです。終齢までの成長も含めて、最も早いのはウスバキトンボで3~4日であっという間に孵化します。意外に早かったのはオオヤマトンボで3日で孵化しました(今採卵を試みているのは顕微鏡モード用で、すでに1回採卵は終わっているのです)。

 

ベニトンボ
ベニトンボ孵化直前卵
ベニトンボ
ベニトンボ1齢幼虫

オオヤマトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キトンボと、ギンヤンマを追加しました。

今日は、昨日のオオヤマトンボ採卵のリベンジで福岡市の池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ池

 

この池は昨年の9月に来た時に、ほとんど干上がってしまい中央部に少し水たまりがある程度の悲惨な状況になっていました。例年だと春先にトラフトンボ観察で必ず来るのですが、今年はきっと駄目だろうとパスしました。あまり期待せずに来てみましたが、意外に復活していました。浮かんでいるヒシはごく少数になっていましたが、水中のオオカナダモは普通にはえていました。ただイトトンボはかなり少なく、他の種も減っているのは明らかで、例年だといるはずのタイワンウチワヤンマはいませんでした。オオヤマトンボは♂2がパトロールしています。10時頃になり産卵に来ました。水上を移動しながら打水産卵しますが、岸のごく近くにも産卵に来ます。しかし数cmの網振りの誤差で取り逃がしてしまいました。産卵には出会うのですが、なかなか捕獲がうまくいきません。オオヤマトンボも顕微鏡モードでの撮影がまだなのです。動体視力を何とかしなければ。ちなみにオオヤマトンボの終齢ヤゴは幅と大きさで最も迫力のあるヤゴです。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ終齢

 

ベニトンボ、コフキヒメイトトンボ

今日は長崎にいます。目的は、福岡にはほぼいない北上中のトンボです。ひとつはベニトンボ。福岡でも目撃例はありますが、長崎には安定した産地があります。もうひとつはコフキヒメイトトンボ。大牟田にもいるみたいですが、私は見つけることができませんでした。こちらはヤゴは全ステージ撮影済みなので、成虫の撮影です。アオビタイトンボも北上中ですが、福岡でも結構見かけるようになってきました。私が見ただけで少なくとも3カ所にはいます。
まず、コフキヒメイトトンボの場所に行きますが、まだ朝早すぎて入れませんでした。某有名施設に併設されたビオトープなのです。仕方なくベニトンボの方に向かいます。
最初は曇っていたせいもあり、全くいません。

ベニトンボ
ベニトンボ環境

 

いるのは徐々に増え始めて至る所で見かけるウスバキトンボのみ。きっと近くの草地や木で休んでいるんだろうと周辺も探します。しかし、いない。まずい。長崎まで遠征してボウズに終わるのでしょうか。少し日差しが出てきました。
少し高い枝先に小型のトンボが現れました。間違いないでしょう。撮影してみると♀でした。

ベニトンボ
ベニトンボ♀

 

慎重に捕獲し、腹端をカップにつけるとすぐに産卵してくれました。トンボ科の採卵はいつも簡単です。とりあえず遠征の第一目標は達成です。♂も現れないかとしばらく待ってみましたが、1頭しか現れませんでした。この状況で採卵出来たのはラッキーです。

次に近くにある池に向かいます。

ベニトンボ
ベニトンボ池

 

オオヤマトンボの採卵目的ですが、なんとこっちにはベニトンボはいっぱいいました。ちょっと拍子抜けです。

 

ベニトンボ
ベニトンボ♂

 

ベニトンボ
ベニトンボ♂未熟

 

さてオオヤマトンボの方ですが、♂は最低3が岸のそばをパトロールしています。ただ、池があまりに大きすぎ、産卵ポイントが全くしぼれません。今まで観察した範囲内では中央部で産卵する事はなく、岸寄りや岸のすぐそばの浅瀬、木の枝で影になっている場所での産卵を見ています。浅瀬があり、木の枝で影になっているこのポイントで粘る事にしました。

 

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ産卵場所

 

ビンゴで10時頃になり産卵に現れました。しかし、捕獲に手間取っている間に、パトロール中の♂に連れ去られてしまいました。まあ、これは良くある事です。逆に連結した直後に少しスピードが落ちるので、捕獲出来ることもありますので・・・。その後もう一度産卵に現れましたが、少し離れていて捕獲は無理。かなり粘りましたが、結局ギブアップで次の目的地に向かいます。

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボがいるビオトープ

 

小規模なビオトープで、最初はコフキヒメイトトンボは見つかりませんでしたが、目がなれてくると♂7-8頭、♀1頭がいました。右下の草が池に覆いかぶっさっている部分に、ひっそりと隠れています。イトトンボの中でも小型種ですが、さすがは肉食、アップすると捕食中です。

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ♂

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ♀

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ♂捕食中

 

さて撮影も終わり、これで遠征のメインの目的は全て達成です。

 

ベニトンボ
ベニトンボ卵

 

オナガサナエ

海の日に予定していた旅行が急にキャンセルになったため、コースを少しアレンジして相変わらずのヤゴ行脚決行です。
まず4月29日の池に寄ってから、佐賀→長崎と出かけます。この池で可能性があるのは、ネアカヨシヤンマ採卵(顕微鏡モード撮影が未、黒バックの分ですね)、マルタンヤンマ産卵ビデオ、オニヤンマ採卵です。ネアカヨシヤンマは、2012年は産卵があったのですが、昨年、一昨年は見ませんでした。時期的にはちょうどいいはずですが今年もいません。もう少し通ってみよう。

ネアカヨシヤンマ
ネアカヨシヤンマ終齢

 

マルタンヤンマも今日は産卵を見ませんでした。通常トンボは、産卵場所で縄張りをはる♂は楽に発見でき、産卵の時のみ現れる♀は見るのが難しいです。マルタンヤンマは逆で、産卵に来る♀は羽が黒く目立つ事もありちょくちょく見るのですが、産卵場所に現れない♂は発見困難です。マルタンヤンマ♂は青い色彩が美しいヤンマとして有名ですが、一回も見た事がありません。周辺の下枝にぶらさがって休んでいるはずの♂を探しますが、やはり見つかりません。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ産卵(本日撮った写真ではありません)

 

日本最大種、ご存じオニヤンマは♂のパトロールはありますが産卵は来ませんでした。オニヤンマは大きな体と裏腹に、小さな流れに産卵するのが大好きです。この池へのこんな小さな流れ込みに産卵に来ます。

オニヤンマ
オニヤンマ産卵場所

 

さて佐賀に移動します。ここから先はこのシーズンの最大の目標、ミヤマサナエの採卵です。ミヤマサナエはやっかいです。ヤゴはそこそこ見かけるのですが、トンボはなかなかお目にかかれません。この場所は7-8年前はヤゴはかなりいました。♂は川堰のそばに縄張りをはるのが好きみたいなので絶好の条件ですがいません。

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ生息環境

 

ここの上流方向も少し調べます。この辺は、オナガサナエがいかにも好きそうな流れが速くなる場所で、実際縄張り♂がいますがミヤマサナエはいません。

オナガサナエ
オナガサナエ環境

 

オナガサナエ
オナガサナエ♂縄張り

 

オナガサナエ卵の顕微鏡モードも未撮影ですが、普通にいるので気合いをいれれば何とかなるでしょう。気合いがいるというのは、オナガサナエは産卵が遅目の時間だからです。7時過ぎまで川で粘る必要があります。今日は時間がないので、もうあきらめ長崎方向に向かう事にします。

yagopedia blog版(ヤゴペディアブログ)