カトリヤンマの採卵

この時期は、やはり飛来種狙いということで2015年10月25日と同じ島に行ってきました。
島に渡る人は大部分が釣り客という島です。
5年前は、ノシメトンボ、ナツアカネ、マユタテアカネがたくさんいて、その中に1頭だけオナガアカネ♀を見つけましたが、今回アカネ類は激減していました。マユタテアカネ、リスアカネが数頭いて、他のアカネ類は1~2頭のみ。
今回、アカネ類は期待外れでしたが、カトリヤンマはそこそこ飛んでました。道路を縦断してたり、湿地を飛んでたり、林縁で♂が♀を探索していたりとパターンは色々。
その中で道路を低速で縦断している♀がいたので捕獲しました。

カトリヤンマ
カトリヤンマ♀

もちろん、採卵も。

カトリヤンマ
カトリヤンマ卵

ところで、7月6日に沖縄で採卵したリュウキュウカトリヤンマですが、孵化後順調に脱皮を繰り返し、約2ヶ月後の9月5日には最初の個体が終齢になりました。

リュウキュウカトリヤンマ
こちらはリュウキュウカトリヤンマ♀
リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマの終齢ヤゴ

リュウキュウカトリヤンマは絶対的な年1化(1回/年のサイクルで羽化)種のようで、終齢になりしばらくすると採餌しなくなり、翅芽が膨らむなどの羽化に向けての変化が見られなくなりました。結局、半数程度の卵は終齢になった時点で羽化に向けた変化がストップし、残りの半数程度は終齢より2-3齢前で脱皮がストップしてしまいました。
カトリヤンマも年1化種ですが、こちらの方は卵で越冬します。