探索、今年もいるのか?2020

行く先々ハズレばかりで、タイトルは上記のようになってしまいました。
まず、2015年6月7日にサラサヤンマの産卵動画を記録した場所。

サラサヤンマ
サラサヤンマの産卵場所

10:00頃に摂食飛翔する♂のサラサヤンマがかろうじて1頭いました。しかし、午後にもう1度行ってみましたが縄張り♂も産卵♀もなし。
ここには、隣接する場所にマルタンヤンマ、ヤブヤンマ、ネアカヨシヤンマの産卵が見られる池がありましたが、2018年の夏に大雨で大量の砂が流れ込んで、池はほぼ消失してしまいました。
次に、2018年5月24日にクロサナエの産卵動画を記録した場所。

クロサナエ
クロサナエの産卵場所

ここも昨年行った時に、大雨の土砂が流れ込んで周囲の地形が変わっていてクロサナエはいませんでした。今日もクロサナエは見つからず、近辺も探してみましたがやはり見つかりません。どうもクロサナエは消失してしまったみたいです。
トンボの減少には農薬が関係してますが、最近頻繁にある”50年に一度の大雨”の影響も確実にあると思います。

最後に、2017年5月28日にムカシヤンマの産卵を記録した場所。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマの産卵場所

ここに来るのは、5月になってから3回目ですが一度もムカシヤンマは見られていません。ここのムカシヤンマも消えたかも?
トンボの写真がないのも何なので、ここで5月14日に撮影したダビドサナエの産卵。

ダビドサナエ
産卵するダビドサナエ♀

5月1日のと違って落下する卵が止まってます。隣接するこういうポイントで産卵してました。

ダビドサナエ
ダビドサナエの産卵場所