ムカシトンボが見つからない

近場ではムカシトンボの産卵痕は見つかるものの成虫のトンボが見られないので、簡単に見つけられる北九州のとあるポイントへ。
到着したらすぐにトンボが見られると思っていたのですが変ですね~。全く現れません。以前は、ひっきりなしに♂も♀も現れて産卵も見られており、少なくとも数年前には結構いたのですが。産卵痕も、15分で到着のご当地ポイントの方がむしろ多いくらいです。
あまりに暇なので、意味もなくolympus TG-5の深度合成で撮った産卵痕。

ムカシトンボ
ムカシトンボの産卵痕

待つこと30分でようやく♂が1頭、その後1時間開いてまた1頭。多くても♂3頭のみでした。

ムカシトンボ
ムカシトンボ♂

そこのポイントは全体的に乾燥化が進んでおり、ほどよく湿った産卵に適したジャゴケは以前よりかなり減っていました。
ムカシトンボの人気ポイントが単にここから別の場所に移動したのか?それとも他の多くのトンボと同じでムカシトンボも減ってしまっているのか、どっちなのでしょうか?