ムカシヤンマヤゴ探し

寒くて長期間引きこもり生活をしていましたが、今日は晴れて暖かくなり出かけてきました。やはりフィールドはリフレッシュ出来ていいです。

目的はムカシヤンマヤゴの動画差し替え。既掲載分はムカシヤンマをツンツンして無理矢理動かしていていかにも不自然。それで、自然な動きの動画を撮りたいな~と(といっても早送りしないと無理でしょうが)。
あと、もう一つの目的は2月5日にチラッと掲載したトンボフィールドレコーダーの実地テストです。

ひとつ目の目的ははずれで、F-4(終齢の4つ前)程度が1頭見つかっただけでした。5-6年前だったら7-8頭は必ずいたのですが・・・。色々な場所で色々なトンボが見られなくなっており、ひとつは農薬の影響なのですが、やはり温暖化も影響しているのでしょうか?

ムカシヤンマは水がしたたる斜面に穴を掘って住んでる変わり者です。上の図の○でかこった部分にいました。下の図の中央にムカシヤンマヤゴが写ってます(左下に切り出した二つの○が複眼です)。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマヤゴが潜んでいた空洞
ムカシヤンマ
ムカシヤンマヤゴ

近くの水が染みた落ち葉の下に空洞を作って潜んでいることも良くあるので、そちらも探してみましたがいませんでした。また、今度別の場所でチャレンジしてみよう。

トンボフィールドレコーダーの方は、フィールドでも使いやすく問題ありませんでした。トンボ観察のメモ代わりとして期待通りでした。ただし、トンボ名は確実に判定出来るという前提のアプリなので、上級者向け(←上級者って何!?)です。
しかし、帰ってから問題が出ました。記録地点をマップで開くとかなり実際の地点からズレていました。町中では問題なかったのですが、電波の状態が悪いと代替えロケーション獲得機能に切り替わるためズレが大きくなったと思われます。編集機能を使って正しい位置に補正は出来るものの面倒ですねー。

下はトンボフィールドレコーダーの記録を、整形オンでメールに送ったものです。

オニヤンマ,Anotogaster sieboldii,福岡県:福岡市:油山[5030-2310],2020/02/24,目撃:ヤゴ:1
コヤマトンボ,Macromia amphigena,福岡県:福岡市:油山[5030-2310],2020/02/24,目撃:ヤゴ:1
ダビドサナエ,Davidius nanus,福岡県:福岡市:油山[5030-2310],2020/02/24,目撃:ヤゴ:2
ムカシヤンマ,Tanypteryx pryeri,福岡県:福岡市:油山[5030-2310],2020/02/24,目撃:ヤゴ:1