オオギンヤンマ?(写真なし)

今年からトンボの写真にも力を入れようということで、九州ではこの時期、この場所でしかみられないオオキトンボの撮影に10月14日と同じ大分の池へ出張。
天気も終日晴れの予報。しかし、近づくにつれ雲が増えてきました。スマホのWetherNewsでも現時点晴れているはずなのですが、実際は雲で日が遮られてトンボが出てきません。時々日が照る(日が照ると11月目前なのに暑いくらいです)のでそのスキに何とか撮影しました。今回は産卵は1回のみでした。

オオキトンボ
オオキトンボ♂ホバリング
オオキトンボ
オオキトンボ連結産卵
オオキトンボ
オオキトンボ産卵の瞬間

午後になって天気が安定した晴になってきたので、もう1カ所のオオキトンボで有名な池も覗いてきました。
時間も少し遅めで、オオキトンボ3頭、キトンボ1頭しか見つけられず、いずれも活動を終えてお休みモード。

キトンボ
池から離れてお休みモードのキトンボ♂

最初”このトンボ何?”と迷ったトンボ。正解が出るともうそれにしか見えないのですが、やや成熟し始めたショウジョウトンボ♂。

ショウジョウトンボ
やや成熟したショジョウトンボ♂

あと1回だけオオギンヤンマと思われるトンボが現れました。
ギンヤンマ系、しかし、クロスジギンヤンマよりさらに大型、腹部は細く長い、上下動しながら池を猛烈なスピードで周回。
3周だけして離れていったので、私の腕では写真撮影は不可能でしたが、まず間違いないと思います。
飛来種なのでどこに現れても不思議はないのですが、今年はどうなんだろうとネットで検索してみました。室蘭で20年振りに採集という記事は見つかりましたが、そうそう目撃されている訳ではないようです。