対馬でタイリクアキアカネ探し2日目

対馬探索2日目。
本日は帰りのフェリーの時間に間に合うためには、12:30頃がタイムリミットになります。産卵は早くても10:30頃からなので実質活動時間は約2時間。ということで、昨日のアキアカネの産卵ペアが集まる湿地を集中攻撃。

7ペアくらい捕獲しましたが、1頭を除いては典型的なアキアカネ。
怪しかったのはこれ。交尾♂も同時に採取出来れば参考になるのですが、交尾を解いた後に単独で捕獲した♀です。翅胸第1側縫線に沿う黒条が小さいです。

アキアカネ
怪しいアキアカネ♀の翅胸

 

全体的に小型で、翅脈は前縁が橙色、しかも、こういう角度で撮ると顔面の凹凸が目立って見えます。フィールドでこういう写真のみをゲットすると、タイリクアキアカネいたっ!、となりそうな個体です。

アキアカネ
上アキアカネの斜め画像。頭部の斑紋が凹凸状に見える。

 

しかし、尾端部を見てみると・・・、うーん、やっぱりアキアカネでしょうね。

アキアカネ
上アキアカネの尾端部

 

あるいは、対馬には中間的な個体もいるとのことなので、こういう個体のことでしょうか?
採卵を試みましたが、本日の産卵分は終わったみたいで採れませんでした。

対馬は3回目ですがタイリクアキアカネが疑わしいのは何頭かいましたが、結局はハズレだったと思います。もう少し長期に滞在して探さないと難しそうです。

さて、ここから先は完全に脱線です。

今回はフェリーの夜行便で、北対馬の比田勝に渡りました。
ネット検索で安眠は期待出来ない旅になるだろうと予想されましたが、情報は十分とはいえず、今後の検索にひっかかってくるように少し詳しく書いてみます。

まずキーワードとしては、対馬、博多、比田勝、フェリー、快適?、眠れる?、寝れる?といったところ。

対馬に渡るには、飛行機、高速船のジェットフォイル(高速船というだけあって、時々不明生物=クジラとぶつかってニュースになります)、フェリーの3手段があります。
対馬の中心地は南にある厳原でこちらに渡るのが一般的です。また、対馬の北端から南端まで移動しようとすると100kmくらいの距離があり、決して侮ってはいけません。
今回は北対馬探索のため、北にある比田勝行きのフェリーを使いました。中心地、厳原行きのフェリーより小型で乗客定員は200名強。トラックと比較しても、そう大きくない船であることが分かると思います。

フェリー
比田勝に渡るフェリーげんかい

 

事前ネット調査で、そうとう揺れそうなのでアイマスク、耳栓(粘土状のシリコンで耳孔の形に合わせて耳に詰め込んでいくタイプ)、酔い止め(=眠くなる成分が主体)を準備しました。

アイマスク
安眠3点セット

 

また、1等客室などはなく、板張りのスペースで皆で雑魚寝です。フェリーに入っていく車はほとんどがトラックでしたが、乗客は対馬在住と思われる方が多かったです。

休憩スペース
板張りの休憩スペース

 

備品はこのマクラのみ。あと50円だか100円だかで毛布を貸し出ししてくれます。

マクラ
備品のマクラ

 

キャンプに良くいくので、所持しているエアーマットも持参しました。500gくらいの超軽量で寝心地・保温性もいいすぐれものですが、値段はかなりの代物です。

エアーマット
持参したエアーマット

 

さて、22:30出航で23:00には消灯。薄暗い明かりはそのまま点灯されており、真っ暗ではなくそこそこ明るいです。
耳栓をしていてもエンジン音はかなりうるさいレベルで揺れも強いのですが、酔い止めとアエーマットのおかげで無事入眠。
4:20に比田勝到着で、その30分くらい前に電気が再点灯され放送が流れます。車やバイクは下船させる必要がありますが、他の乗船客は7:00まで船内に残って寝ることが出来ます。

私の場合はいったんバイクを下ろす必要がありましたが、また船内に戻り7:00まで寝ることが出来ました。
7:00に下船。万全の下準備をしたので割とさわやかな朝を迎えることが出来ました。しかし、準備なしで臨むと睡眠不足の悲惨な朝を迎えることになると思います。最低限、酔い止めは準備した方がいいと思います。

フェリー
対馬比田勝の朝