スナアカネとオナガアカネ

スナアカネの採卵をしたいので、10月8日と同じ池に。池はやはり水量が少なく、場所によってはいつもより数メートルは池岸が露出しています。

スナアカネ
スナアカネの池

 

13:00頃に到着したので時間的に産卵は期待薄と思われ、♀が休んでいそうな草地を中心に探しました(♂の縄張り地帯から少し離れた部分です)。
結局♀は見つかりませんでしたが、今年も♂は10頭くらいは余裕でいる感じです。

スナアカネは警戒心が強く中々近寄らせてくれないのですが、Olympus tg-5の顕微鏡モードによる近接撮影をトライしました。20cmくらいまで寄れて、何頭かで撮影が成功しました。

スナアカネ
スナアカネ♂

 

こちらはスナアカネそっくりの行動で池をにらんでいたトンボですが、近づいてみたらナツアカネでした。

ナツアカネ
ナツアカネ♂

 

オナガアカネも1頭いました。こちらもがんばって顕微鏡モードで撮影。

オナガアカネ
オナガアカネ♂