背振山頂のミヤマサナエ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
ミヤマサナエトンボ画像を差し替えました。

昨年8月19日と同じ場所にミヤマサナエ探しに行ってきました。
ミヤマサナエは前生殖期は山頂などの高地で過ごし、成熟すると平地の川へ下って行きます。
ミヤマサナエはキイロヤマトンボと共に採卵が成功していない種ですが、ここの所平地の川ではなかなか見つけられません。
山頂での交尾はちゃんと記録されており、うまくいけば山頂で採卵出来るかもというもくろみです。

背振山山頂から。広角レンズで撮ってみましたが、景色の雄大さは全く表現できず。標高1000mくらいあり平地より6℃は気温が低いと思いますが、やはり暑いです。

背振山
背振山山頂からの景色

 

面白いもので、昨年いたのと同じポイントの道路上に今年もいました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエがいた道路

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♀

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♂

 

50cm四方くらいの間に3頭集まっているポイントもありました(写ってませんが手間にさらに♀が1頭います)。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ複数

 

♂はのんびりしたもので♀に全く興味を示さず、採卵は時期的に無理そうです。
昨年と違って平日で観光客も少なく車が通らないのでゆっくり撮影出来ました。また、トンボも警戒心が薄く近寄っても逃げません。
下は超広角レンズでトンボの5cmくらい手前まで寄って撮影した♀です。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♀

 

他にいたのはオニヤンマやウスバキトンボが多め、オオシオカラトンボ2-3頭。ここまで昇ってきて林道沿いを行ったり来たりするコヤマトンボ♂も1頭。枝先にアキアカネ♂も1頭。アキアカネも未熟なうちは高地に避暑に来ます。

アキアカネ
アキアカネ♂

 

ミヤマサナエは最低4~5頭はいましたが、採卵には時期が早すぎたようです。避暑も兼ねて採卵可能か今後もここに訪れてみようと思います。