ホンサナエ、ヒメクロサナエの産卵

YAGOPEDIAホームページの、
ヒメクロサナエ産卵動画を差し替えました。

まず5月26日です。
年に一度はアオサナエを見たいということで、今年も山口まで出張。昨年6月18日と同じ場所です。産卵動画がショボいので撮り直しと、ホンサナエの産卵動画も撮れればというのが目的です。

15:00頃到着しましたが川が昨年より20cmくらい増水しています。
20cm程度の増水でも産卵に適した環境が結構変わっていて、川面に突き出した瀬石の数も少なく、そのせいかアオサナエが見つかりません。いたのは下の1頭のみ。

アオサナエ
川面をにらんでいるアオサナエ♂

 

きっと別の所に産卵に適した環境が出現して、そっちに集合しているのでしょう。

ホンサナエも♂が2-3頭いるのみです。主に2カ所にいたので、その中で下のような場所をウォッチ。

ホンサナエ
ホンサナエ♀が現れた場所

 

15:30頃に幸先良くここにホンサナエの♀がいるのに気づきました。

ホンサナエ
ホンサナエ♀

 

拡大すると尾端に卵塊を作っています。しかし、4枚だけ写真を撮った所で早くもテイクオフし、近くにポチャッと1回のみ打水産卵して去ってしまいました。産卵動画は急すぎて撮れませんでしたが、よっぽど引いて広い範囲を撮るなどしないとホンサナエの産卵動画はそもそも難しそうです。
結局、両種の♀を見たのはこの1回のみでハズレの日でした。でも、ホンサナエ♀のまともな写真の持ち合わせがなかったのでOKということに。

5月27日は帰路に、昨年5月28日と同じ場所に寄ってオグマサナエとアオヤンマの産卵が見られないかと。

オグマサナエ
オグマサナエ♂

 

一応♀のオグマサナエも1頭いましたが、もう産卵シーズンも終了時期で♂自体やる気がいまひとつです。昼前のちょうどいい時間帯なのに近くの林道で隠居している♂がいたりします。昨年は結構飛んでいたアオヤンマも見られず、産卵動画はやはり不発。

何とかしようということで、最後に例年ヒメクロサナエの産卵がみられる場所に移動。
こちらは何とかなり、4-5回ヒメクロサナエ♀が産卵に来ました。

ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエの産卵

 

ホームページのヒメクロサナエ産卵動画をこの日撮影したもので差し替えました。
尾端をわずかな水にひたして卵塊を出していくやり方が前半に記録されており、後半は水の流れに腹部をつけて流れの中に直接卵を放出している様子が記録されています。

ここには例年ムカシトンボもいるのですが産卵痕はそこそこあるものの、もうシーズン終了したようで♂も♀も1頭も見ませんでした。