クロサナエの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
クロサナエの産卵動画を追加しました。

ホームページにはダビドサナエの産卵動画は掲載済みですが、暗すぎる動画の明度を編集でムリヤリあげた代物で、ショボすぎます。

ダビドサナエ系の産卵動画を撮りなおそうということで、2015年5月24日と同じ場所に出かけてきました。毎年ここには1度は来るようにしているのですが、昨年来た時はクロサナエは見かけませんでした。
しかし、今年はちゃんといます。最低♂のクロサナエ3頭がいました。
1頭は警戒心が薄く、寄りまくっても逃げません。マイブームのolympus tg-5の顕微鏡モードでパチリ。

クロサナエ
クロサナエ♂

 

どのあたりで♀の産卵を待ち受けようかと、川の中をウロウロしていると♀の産卵が入ってきました。でも、草の中に潜り込んで行ってしまいちょっと様子が変です。
ムカシトンボ♀の産卵でした。

ムカシトンボ
ムカシトンボの産卵

 

ここは標高が高いため、平地よりムカシトンボの活動時期が遅めです。近場の平地で毎年産卵がみられる場所(2017年4月27日の場所)では、今年4月22日にはすでに産卵痕を見ていますから1ヶ月以上遅れています。

しばらくウロウロした後、クロサナエ♂が特に執着している場所があったのでそこに居座ることにしました。

クロサナエ
クロサナエの産卵場所

 

トンボの♂の嗅覚はたいしたものです。座って3-4分後には♀の産卵が来ました。時間は15:00くらい。

クロサナエ
クロサナエ♀の産卵

 

ダビドサナエやクロサナエは空中でホバリングしながら、湿った葉やコケ上にパラパラと卵を落下させて産卵します。

暗めの場所でISO感度を6400にあげて撮影した動画ですが、残念ながら落下する卵は写っていませんでした。単に♀がホバリングしながら飛んでいるように見える動画ですが、ダビドサナエの既出動画よりマシなのでホームページにアップしました。