キイロヤマトンボの採卵

いまだに採卵が成功しないトンボが2種います。キイロヤマトンボとミヤマサナエ。
ということで、キイロヤマトンボにちょうどいい季節になったので、昨年久しぶりに成虫を見た場所に出動。仕事後の15:30くらいに現場に着きました。
早速パトロールする♂を発見。

キイロヤマトンボ
パトロールするキイロヤマトンボ♂

その後いたりいなくなったりでしたが、16:30頃になると3-4頭の♂が常時いるようになってきました。
17:00過ぎになり産卵♀が出現。撮影と採卵を兼ねて捕獲しました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♀

2015年8月14日のコヤマトンボの記事にもありますが、やはり採卵は困難で産卵する気配は全くありません。こうなると産卵場所付近の砂を採取して地道に卵をさがすしかありません。産卵で♀がポチャっとやった付近の砂を適当に持ってかえりました。

採取した砂の量が少なく、かつ、卵が砂に付着する性質をもってなければ卵の発見はわりと簡単なのですが、キイロヤマトンボの間欠打水産卵ではこの辺だろうくらいの見当しかつかず砂の量も多くなってしまいます。
そこから0.5mm前後の卵を探すのは気が遠くなるような作業です。そこで、トンボ博物学ー行動と生態の多様性 by フィリップ S. コーベットに書いてある孵化直後のヤゴを探すやり方を試すことにしました。糖を溶かした高濃度の水に採取した砂をいれて、ヤゴをプカプカ浮かそうという方法。
で、家に帰ってまず実験、実験。手元にあるモノサシトンボの卵を使ってみました。1%程度の糖液から段々濃くしていくと5%くらいから少し卵が浮いてきました。そして15%くらいになると常時浮いてくるように。下はちょっと分かりにくいですが、縦に浮いているモノサシトンボ卵。

卵
高濃度糖液に浮くモノサシトンボ卵

結局、採取してきた砂からキイロヤマトンボ卵は見つけられませんでしたが、極小のユスリカ類の幼虫は浮いてきて簡単に見つかりました。うまくいきそうな感じです。
今シーズンは空梅雨気味で、もうしばらくは川で産卵に出会えるチャンスがありそうです。再チャレンジしてみよう