ノシメトンボの尾部付属器役割

昨年11月12日より1カ月早いですが、大分県九重の全く同じコースでトンボ探しをしました。

まず、初日にバーベキュー + 昨年覚えた焚き火でのアヒージョと焼きリンゴを堪能。

焚き火
焚き火でのアヒージョと焼きリンゴ

 

翌日は九重川沿いの田園地帯でトンボ探し。
福岡ではなかなか見られなくなった、アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボが普通にいるいい場所です。
アキアカネの交尾態もいましたが、産卵シーズンはこれからがピークみたいで滞在時間内には産卵は見られませんでした。めぼしいイベントは見られなかったのですが、トンボたちの警戒心が薄いので、olympus tg-5の顕微鏡モードで寄りまくっての写真を量産。

ノシメトンボ
ノシメトンボ♂

 

ノシメトンボ
ノシメトンボ♀

 

ナツアカカネ
ナツアカカネ♂

 

アキアカネ
アキアカネ♀

 

下はノシメトンボの交尾態ですが至近距離でも全く逃げないので深度合成撮影。近くの電柱や林までくっきりと写っており、生理的には変な感じがする写真になってしまいました。

ノシメトンボ
ノシメトンボ交尾態

 

更に、♀の羽をつかんでみると容易にキャッチ出来ました。つかまえても交尾態が解けないので、今後は♂の付属器が♀の頭部を挟んでいる様子を拡大撮影。

ノシメトンボ
ノシメトンボ交尾態頭部拡大

 

右上の楕円内は露出を上げた画像ですが、♂尾部付属器の先端のごく一部で♀頭部をつかんでいます。♂腹部第9,10節間には発達した筋肉も見えています。

ノシメトンボ
ノシメトンボ交尾態頭部拡大

 

♂は一瞬で♀をキャッチするので、種ごとに尾部付属器がスルっとキャッチ部に滑り込みやすいように最適化されているんでしょうね。

スナアカネ

連休中は今年も飛来種探しで対馬に行く予定でしたが、台風でつぶれてしまいました。
ということで、ブラっと福岡の飛来種の池を見に。

あまり小雨の印象はないのですが、池は水量が少なく岸辺が広範囲に露出していました。例年だと、上隅に見える植生あたりまでが水辺です。人工池なのでわざと水を抜いているのかも?

スナアカネ
スナアカネの池

とりあえずスナアカネは安泰です。ここ何年かはあたりまえに見られるようになってきました。観察ポイントでは3-4頭が池に出てホバリングしていました。少なくとも10頭くらいはいそうです。

スナアカネ
池面に向かってホバリングするスナアカネ♂

 

逆に、近年がたっと数を減らしているのがコノシメトンボとタイリクアカネで、今日は少数見た程度。
他には、ギンヤンマとアオイトトンボが少々。

アオイトトンボ
アオイトトンボ♂

 

スナアカネ以外の飛来種はいなさそうでした。