お知らせ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オキナワコヤマトンボを追加しました。
総齢期数はコヤマトンボからの推定値で変更される可能性があります。

オキナワコヤマトンボとコヤマトンボのヤゴはそっくりですが、生息域は重ならないので見つかった場所さえわかればまちがうことはないです。
また同時に並べて比べると、オキナワコヤマトンボのヤゴの方が明らかに細身です。

左がオキナワコヤマトンボで右がコヤマトンボのヤゴです。

オキナワコヤマトンボ
オキナワコヤマトンボ(左)、コヤマトンボ(右)のヤゴ。終齢に脱皮直後の画像。

 

オキナワコヤマトンボ
オキナワコヤマトンボ(左)、コヤマトンボ(右)のヤゴ。羽化直前の画像。

泳ぐメガネサナエヤゴ

7月9日に10齢になり年内にも羽化か?と思われたメガネサナエヤゴですが、その後は季節性の調節が起こりました。7月26日に11齢になった後は全く脱皮しなくなり、9月22日になりようやく亜終齢になりました。このまま亜終齢で越冬して来年7月頃に羽化すると思われます。

ヤゴの中には泳ぎ続けるため撮影が難しい種があります。メガネサナエやナゴヤサナエなどのメガネサナエ属のヤゴは、撮影が難しいことにかけてはチャンピオンクラスです。
メガネサナエの疲れを知らないスイマーっぷりを動画にしてみました。

山口県探索

九州にはいないルリボシヤマを探しに隣県の山口まで出張してきました。
といっても確実な産地は知らないので、ネット検索に頼ります。
明らかにいそうな場所はかなり遠いので、比較的近い宇部市周辺を探索。
宇部近辺でのデータは古く、場所もおおまかなので、あとはgoogle earth上で直感的に怪しそうな場所いくつかピックアップして探索しました。

結局見つかりませんでしたが、ここが一番雰囲気が怪しかった場所。
こういう所でルリボシヤンマが産卵しそうな気がします。

湿地

湿地に隣接する水たまり 

この周辺はハネビロエゾトンボの記録もあり、この細流など怪しげですが・・・

細流

 

隣接する湿地にエゾトンボはいました。

湿地
湿地
エゾトンボ
パトロールするエゾトンボ♂

 

他にそこそこいたのは、今の時期環境のいい湿地でよく見るヒメアカネ。

ヒメアカネ
ヒメアカネ♀

 

他はハチのような虫を捕食しているシーズン最終盤のオニヤンマ♀。

オニヤンマ
捕食中のオニヤンマ♀

 

多産地ならばともかく、1日だけ出撃して探し出すのは無理でした。しかし、いかにもいそうな湿地にエゾ系がちゃんといるのが確認出来たのは収穫でした。

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオイトトンボ卵~3齢、タカネトンボ卵~2齢、ネキトンボ卵~2齢、ハッチョウトンボ卵~3齢、ヒメサナエ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が従来掲載画像、右が今回差し替えた画像です。

オオイトトンボ
オオイトトンボ1齢ヤゴ

 

タカネトンボ
タカネトンボ1齢ヤゴ

 

ネキトンボ
ネキトンボ1齢ヤゴ

 

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ1齢ヤゴ

 

ヒメサナエ
ヒメサナエ1齢ヤゴ