ミヤマサナエ探し

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
タカネトンボ産卵動画を、産卵様式の特徴がわかる動画と差し替えました。

8月13日~14日はミヤマサナエ探しをしていました。

8月13日は大分県をウロウロ。まず、エゾトンボが見られる湿地に立ち寄りましたが、今年は暑すぎて早くもシーズンオフでしょうか?。全く気配がありません。

次に、以前ミヤマサナエのヤゴがたくさんいた九重高原の川へ移動。ヤゴが生息していた部分はかつては橋があり、その近辺にいい具合に砂泥があったのですが、今は橋もなくなり川の流れも速くなっています。それでも、雰囲気的にはいい感じですがミヤマサナエはいませんね~。さらに上流に移動。いるのは無数のミヤマアカネ。福岡ではこんな川は考えられずグッド。

ミヤマアカネ
暑い中、石上のミヤマアカネ

 

あとは10頭程度のオナガサナエ。

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

ミヤマアカネとオナガサナエはいますが、肝心のミヤマサナエはやはりいません。これで8月13日は終了。

8月14日は、福岡の筑後川に移動しました。筑後川沿いの砂泥中からミヤマサナエヤゴはよく見つかります。2015年8月23日と同じ場所です。下図の部分や近辺の川岸の石上などを探します。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴがいた場所

 

やはりミヤマサナエはいません。いるのは数頭のコフキトンボやアオモンイトトンボのみ。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

時期的には川面をナゴヤサナエが飛んでいてもおかしくないのですが、そちらもいません。2016年以後はナゴヤサナエもまともに見ていません。

さて、最後はまたまた背振山頂に移動。葉上になんとかミヤマサナエ♂が1頭いました。

ミヤマサナエ
葉上のミヤマサナエ♂

 

タカネトンボの池で産卵動画を撮り直しました。
タカネトンボは少し変わった産卵様式をとり、今度の動画ではそれがよくわかります。
普通のトンボだと下の画像の打水で産卵ですが、タカネトンボは違います。ここでは産卵弁に水滴をためているだけ。

タカネトンボ
打水するタカネトンボ

 

産卵弁にためた水滴中に排卵します。

タカネトンボ
産卵弁の水滴に排卵

 

こっちが本当の産卵。体を振って水滴といっしょに卵を水際の植物などにふりかけます。

タカネトンボ
タカネトンボの産卵

 

他にいたトンボは、ウスバキトンボ多数、オニヤンマ少々、エサを求めて山頂まで上がってきたコオニヤンマ1頭。

コオニヤンマ
山頂のコオニヤンマ

 

上方に気をつけながら歩くとネキトンボ♀も10頭程度いました。下の画像は5mくらい上の電線上にいたネキトンボ♀。

ネキトンボ
ネキトンボ♀

 

結局、今回もミヤマサナエ探しは不発に終わりました。もはや山頂でしか見つかりません。いったいどこにいるのでしょうか。

ネキトンボの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ネキトンボの連結産卵動画を追加しました。

そろそろミヤマサナエの連結態が見られないかということで、背振山山頂に出かけてきました。

背振山山頂には航空自衛隊のレーダーがありますが、福岡県側からのルートが防衛省管理下の道路工事に入ってしまい、来年6月29日まで長期通行止めになってしまいました。仕方がないので、いったん佐賀県側に出て佐賀ルートで上ることに。

本日は125ccのバイクで登頂。福岡側ルートが止まっているので車が少なく、路上のミヤマサナエ探しには好都合です。車は少ないものの、自転車で1000mの山頂まで登頂する強者も結構いてびっくりです。

さて、ミヤマサナエは♀と思われるのが1頭路上にいたのですが気づくのが遅れ、逃げられてしまいました。残念ながら、その1回のみ。さらに怪しい雲も出てきたので、バイクで雷雨はこわすぎるので早々と引き上げました。

成果がないのはあんまりなので、池でパトロールするタカネトンボ♂を撮影。

タカネトンボ
タカネトンボ♂パトロール

 

その池にはネキトンボもいて、産卵も1回ありました。

ネキトンボ
ネキトンボ♂

 

ネキトンボ

ネキトンボの連結産卵 

みかけることがより多い♂♀連結産卵でしたので、ホームページの♀単独産卵動画に追加しました。