キイトトンボとヤクシマトゲオトンボの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイトトンボヤクシマトゲオトンボの産卵動画を追加しました。

ヤクシマトゲオトンボの採卵に出かけてきました。2015年8月9日と同じ場所です。
ヤマイトトンボ科は接近しても逃げないので、超広角レンズで10cmくらいまで寄って写真を撮ってみました。この撮り方をすると背景がぼやけずに独特の雰囲気になります。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ♂

 

産卵動画も撮ってみました。一番最後の日が当たっている部分は、やはり超広角レンズで10cmくらいに迫って撮ったものです。背景自体が近くにあるので、この撮り方はあまり意味がないですね。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボの産卵

 

かなり長く産卵していて、産卵したあたりのスギの枯れ葉などの産卵基質を採取してきたので採卵も成功したと思います。

しかし、こんな所に産卵して大丈夫でしょうか?孵化した幼虫が水に流されて留まれそうにありませんが・・・。それとも今は大雨後で流れがありますが、孵化時期にはしたたる程度の流れになると予見しているのでしょうか?
世界のトンボを見回すと乾期のカラカラに干上がった場所で、降雨何日か前に予見して産卵する種もいるみたいです。

この日撮ったものではありませんが、キイトトンボの産卵動画も追加しました。
撮っている段階では、気づきませんでしたがトンボが飛び上がる直前に水中からマツモムシ?の襲撃をうけていました。水中からマツモムシが迫っています。

キイトトンボ
キイトトンボの産卵

 

♂の方が先に反応しています。歩哨姿勢の♂は空中からの襲撃だけでなく、水中からの襲撃にも備えていたんですね。

キイトトンボ
キイトトンボの産卵

 

マツモムシは見当はずれの場所につかみかかってました。この段階で♀はようやく羽を開いています。的確に攻撃されていたら捕まっていたかもしれません。

キイトトンボ
キイトトンボの産卵

 

メガネサナエ

メガネサナエヤゴが10齢になりました。

メガネサナエ
メガネサナエの10齢幼虫

 

普通終齢が近づいてくると、脱皮の間隔が長くなるのですが、9-10齢の間隔は10日間でかえって短くなりました。
翅芽の発達具合などをナゴヤサナエヤゴと比較すると、おそらくあと3回脱皮して終齢になると思われます。もしかしたら8-9月に羽化までいくかもしれません。
それにしてもメガネサナエのひょろ長さは、日本産ヤゴではNo1ですね。

下は「トンボ博物学」から引用した、サナエ科 Neurogomphus属 F-0齢の羽化殻の図です。世界にはもっと上手がいるもんですね~。

Neurogomphus
Neurogomphus属幼虫 トンボ博物学ー行動と生態の多様性ー 海游社 初版第1版p155より引用

ネカヨシヤンマの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ネアカヨシヤンマの産卵動画とヤゴの生態動画を追加しました。

何カ所か回ってみたのですが、1カ所だけ成果があり動画を撮影しました。

2017年7月13日の池です。
この時にネアカヨシヤンマらしき産卵がありましたが、木片から取り出した卵からは結局寄生蜂が生まれて何の卵だったか不明でした。
まだ産卵シーズンの始まりなので1回のみですがネカヨシヤンマが昨年とほぼ同じスポットの木片に産卵に来ました。昨年のトンボもやはりネアカヨシヤンマだったと思います。

ネカヨシヤンマ
ネカヨシヤンマの産卵

 

また以前撮っていたネアカヨシヤンマヤゴの動画もあるので、それもアップロードしました。

ネカヨシヤンマ
ネアカヨシヤンマヤゴ