コシボソヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コシボソヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

そこそこ珍しい種を追いかけているので、最近のフィールド活動は低調を極めています。2-3年前は狙いの種がいたはずなのに行ってみると全くいなかったり、草地に足を踏み入れた瞬間にサラサヤンマ♀が飛び上がって、産卵してたことに気づくものの後の祭り、なんてことの繰り返しです。

今日も、キイロサナエの産卵ムービーを撮り直そうと、2015年6月14日の場所に行ってみたのですが♂の姿すら全く見ません。ここの場所のピークはもう少し遅い気がするので、一応再トライしてみるか・・・。

気を取り直して昨年7月30日の場所へヤマサナエの採卵でもと移動。
川の岸にヤマサナエ♂が点々と縄張りを張っているはず・・・。
・・・ここも、やはりいません。何とか♂が1頭いるのみ。
しばらく待ってみましたが♀は来ません。すべて空振りは空しいので、何とかコシボソヤンマヤゴを探し出して生態動画を撮ってみました。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマヤゴ

 

他にいたのは、ついさっき羽化したばかりのオジロサナエ♂など。

オジロサナエ
オジロサナエ♂テネラル

 

こんなことの繰り返しなので、せめて普通種のトンボ写真を撮りためて整理していたところ、過去のブログ記事でトンボの同定間違いをしていたことに気づきました。
昨年7月17日の記事でコシアキトンボ未熟♂としていたのは、オオシオカラトンボ未熟♂の間違いです。加筆訂正しました。

この画像。

オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ未熟♂

 

確かにフィールドガイド「日本のとんぼ」には、コシアキトンボ♀の注釈にオオシオカラトンボ♀と似ると書いてはあります。しかし、トンボのサイズも違うし”普通間違えないよね~”と思っていました。

でも、しっかり間違えてしまいました。思い込みで画像をよく見ていなかったんですね。

なお、オオシオカラトンボ未熟♂とオオシオカラトンボ♀は、腹部末端の側方へのでっぱりをよく見ないと(♀は広がっている)間違えやすいです。