キイロヤマトンボ・・・やはりいない

今日は6月22日とほぼ同じ目的かつ同じルートで行動。違う点は、天気が良くムチャクチャ暑かったことです。

暑すぎてオベリスク姿勢のヒメサナエ♂。

ヒメサナエ
オベリスク姿勢のヒメサナエ♂

 

一応産卵動画も撮れたのですが、ピントが微妙に動いて出来は今ひとつでした。これは動画から切り出した、ピントがきている瞬間のヒメサナエ♀産卵。

ヒメサナエ
ヒメサナエ♀産卵

 

次にキイロヤマトンボの川へ。6月22日が以前キイロヤマトンボを見かけていた最下流で、6月10日のアオサナエの場所が最上流なので、その中間地点へ。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ狙いの場所

 

両岸が林で囲まれ砂底も広く、雰囲気はいいのですが産卵場所としては水深が深いのが難点です。この付近だけ膝下くらいの水深なので、ここで待つことにします。
ところで今週は梅雨らしい雨天続きで、例年通りであれば増水して川に入るどころではないのですが、これまでの渇水がひどすぎて川面は全くおだやかです。

1回トンボの産卵 or 水浴びの動きがあり、ドキッとしましたが、正体はありがちなウスバキトンボの水浴びでした。それ以外は何もなし。

ウスバキトンボ
水浴び後枝に止まるウスバキトンボ

 

ほんの少し下流で以前はキイロヤマトンボヤゴもいた場所に移動。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ狙いの場所

 

2回ヤマトンボ系を見かけて川岸に沿う飛び方はコヤマトンボ♂だと思いましたが、羽が黒っぽく見えたので♀だったかもしれないです。

他のイベントは起こらず、帰り始めたところで岩の上に少し大きめのトンボを発見。オナガサナエ♀でした。自然の中の♀を撮る機会はなかなかないので、色々な方向からバシャバシャと撮影。全く逃げず、下の写真は20cmぐらい手前からのマクロ撮影です。

オナガサナエ
オナガサナエ♀