ギンヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ギンヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

連日良好な天気です。

まず、ヨツボシトンボがいっぱい出ているだろう、昨年5月15日と同じ池です。
♂♀あわせて20~30頭ほど出ていて、交尾、産卵活動も極めて活発です。
その横で羽化中のヨツボシトンボもいます。毛深さがすごいです。

ヨツボシトンボ
羽化中のヨツボシトンボ

 

さて、目的は空中で交尾中のヨツボシトンボの撮影。
交尾態になるとすぐに他の♂がちょっかいを出して、クルクルと逃げまわるし、交尾も数秒~10秒程度で解かれてしまうしで、極めてやっかいです。
交尾が始まってからファインダーにとらえ、ピントを合わせるのはまず不可能。
交尾がありそうなポイントに予めピントを合わせておき、現れたら連射するというのがベストのようです。
しかし、結果は何とかヨツボシトンボと分かるピンボケのみ。

ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボの交尾態

 

まだ、ヨツボシトンボのシーズンはしばらく続くので、次は別の方法を試してみよう。

次は別の池でギンヤンマの生態動画です。昨年12月25日のクロスジギンヤンマヤゴと違って、下唇の内葉片の先は長方形状です。

ギンヤンマ
ギンヤンマヤゴの下顎

 

ギンヤンマヤゴ。明瞭な動画が撮れる前に、ジェット噴射で逃げられてしまい、見失ってしまいました。

ギンヤンマ
ギンヤンマヤゴの生態

タイワンウチワヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
タイワンウチワヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。
オオヤマトンボヤゴの生態動画と、クロイトトンボの産卵動画を変更しました。

天気もいいし、花粉症のシーズンもようやく終了です。今年は花粉の飛散がひどかった~。

まず、昨年12月25日の池でタイワンウチワヤンマヤゴの生態動画を撮影。

タイワンウチワヤンマ
タイワンウチワヤンマヤゴの生態

 

オオヤマトンボヤゴの昨年12月25日の生態動画は真冬で動きがにぶすぎたので、新しく撮り直し更新しました。翅芽はパンパンに膨らんでいて、羽化ももうすぐです。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴの生態

 

池には、ヨツボシトンボ10頭程度、クロイトトンボが多数いました。クロイトトンボの産卵動画もクローズアップで撮れたので、過去の分を破棄し入れ替えました。

クロイトトンボ
クロイトトンボの産卵

 

次に、4月27日の場所にムカシトンボの確認にいってきました。ちょうご正午頃の時間帯です。産卵痕は増えていたのですがパトロールする♂は見当たりません。

 

渓流
渓流

 

今年はムカシトンボが多いかもと期待していましたがハズレでしょうか?もう少し日をあけてさらに観察が必要でしょう。他の、この時期のトンボは出始めていました。アサヒナカワトンボ。

アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ

 

ダビドサナエ。♂の縄張りがあり少し待ちましたが、♀の産卵は見られませんでした。

ダビドサナエ
ダビドサナエ♂

 

ムカシトンボの産卵とモノサシトンボヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
モノサシトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

3月9日にも書いたように今年はムカシトンボが多く出るのではないかと、勝手に予想しています。ということで、近場の渓流に行ってきました。

産卵痕はすぐに見つかりました。今年は春先が寒く桜も遅れがちでしたが、例年通りムカシトンボの産卵は4月下旬に始まっていました。

ムカシトンボ
ムカシトンボの産卵痕

 

午後の遅い時間でムカシトンボ自体は飛んでいなかったので、また後日再確認です。

飼育中のヤゴですが、モノサシトンボヤゴの動画も撮影しました。

モノサシトンボ
モノサシトンボヤゴの生態

ヒヌマイトトンボヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ヒヌマイトトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

天気も良く山口県まで出かけ、キャンプ&バーベキューのついでにヒヌマイトトンボのヤゴを撮ってきました。
汽水域(海水と淡水の境目)に生息することで有名なトンボです。

夕日が綺麗なキャンプ場。

キャンプ場
キャンプ場

 

ヒヌマイトトンボヤゴ。プカプカ浮いている枯葉の裏側に着いていることが多いと思います。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボヤゴの生態

ホソミオツネントンボの産卵動画など

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ホソミイトトンボホソミオツネントンボの産卵動画とトンボ画像、ショウジョウトンボフタスジサナエベニイトトンボキイトトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

いくつか重なっていた仕事もかたづき、天気も良くなったので大分県まで遠征してきました。
3月19日と同じ池でオツネントンボの採卵が目的だったのですが、全然いません。九州北部でオツネントンボを探すのは大変ですし、減ってるような気もします。

ホソミオツネントンボはたくさんいました。産卵も盛んです。

ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボの産卵

 

ホソミイトトンボも4-5頭いて、産卵もありました。

ホソミイトトンボ
ホソミイトトンボの産卵

 

昼前の時間帯だったのですが、フタスジサナエが岸辺で次々に羽化していました。直立型の羽化で、足の下にヤゴの抜け殻が見えます。

フタスジサナエ
フタスジサナエの羽化

 

フタスジサナエヤゴの動き。家のセットで撮影したものです。

フタスジサナエ
フタスジサナエヤゴの生態

 

あとはショウジョウトンボヤゴも少しいました。側棘がほとんど目立たないヤゴなので慣れると他種と簡単に区別できます。こちらも家のセットで撮影。

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボヤゴの生態

 

あと家で飼育中のベニイトトンンボとキイトトンボヤゴの動画もアップしました。そっくりのヤゴですが、中央鰓上縁鋸歯列の基部からの割合が異なるので、終齢では何となく区別がつきます。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴの生態

 

キイトトンボ
キイトトンボヤゴの生態

 

2017年5月25日追記:

上記のベニイトトンボヤゴの生態動画としてアップしていたものは、実際はキイトトンボヤゴの誤りでした。

上記の2種類のヤゴは、ベニイトトンボ、キイトトンボが共生する池で採取したものです。中央鰓上縁鋸歯列の基部からの割合の違いをざっと見て、ベニイトトンボ、キイトトンボと判定しましたが、羽化させたところ両者ともキイトトンボでした。

キイトトンボ
ベニイトトンボヤゴとしていたが羽化後キイトトンボと判明(羽化中に水面に落下し羽化不全でした)

 

厳密な測定をしなかったために起こったミスですが、両者の鑑別は簡単ではないということですね。

今回、ベニイトトンボしかいない池で採取してきたヤゴを使って、ベニイトトンボヤゴの生態動画を差し替えました。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴ

 

中央鰓はこういう感じです。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴの中央鰓