お知らせとヒメアカネの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ヒメアカネの産卵動画を追加しました。

今日もターゲットは地道で、ヒメアカネの産卵動画です。天気予報は曇り時々雨ですが午前中は少し晴れ間もあり、産卵が始まる昼前頃までは何とか持ちそうです。アカネを含め、かなりの数のトンボは晴れてくれないと産卵してくれないのです。

その前に、季節はずれのミヤマサナエがいないか以前♂の縄張りを見たことがある場所にちょっと寄り道です。昨年7月30日と同じ川です。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴの場所

 

ミヤマサナエはいませんんでしたが、オナガサナエ♂はまだいました。

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

砂の中を少し探してみると、キイロヤマトンボのヤゴも1頭いました。以前はそこそこの数がいましたが、福岡では2009年7月にこの川が氾濫するゲリラ豪雨があり地形も変わってしまい 、以後キイロヤマトンボや他のトンボも激減してしまいました。こうして生き残ってはいるので、段々と回復するのを期待するのみです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴ

 

さて、目的の場所です。少し上に池が有りいつもチョロチョロとした流れがあって小さい湿地になっています。

ヒメアカネ
ヒメアカネの場所

 

到着した頃には曇りになっていましたが、縄張りをはる♂が3頭います。

ヒメアカネ
ヒメアカネ♂

 

少し待っていると交尾ペアが現れました。このペアが着地点を探し移動するのにつられ、草むらから♂が7-8頭飛び出します。意外に多くの♂が隠れていました。残念ながら産卵は草陰で行われピントもうまく合わず動画はいまひとつですがホームページにアップしました。

ヒメアカネ
ヒメアカネの交尾

 

9月22日のミルンヤンマ産卵動画の出来が残念すぎるので帰り道の渓流に寄りました。

ムカシトンボ
ムカシトンボの場所

 

こちらの方が9月22日の場所より自然度が高く、岩を裏返すとすぐにムカシトンボヤゴが見つかりますが、福岡市街からは少し遠いんですよねー。2014年11月にここでムカシトンボの若齢ヤゴ探しをした時には、40頭近くが見つかりました。ミルンヤンマの産卵は現れませんでした。雨も降り出したので早々に退散となりました。

ムカシトンボ
ムカシトンボヤゴ