お知らせとヒメサナエの産卵

YAGOPEDIAホームページに、
ヒメサナエの産卵動画を追加しました。

ヤンマの産卵動画とヒメサナエの産卵動画が撮れればいいな、ということで近場に出かけてきました。
まず最初にヤンマを求めて訪れた池です。

ヤンマ
ヤンマの池

 

ここはかつて、複眼がブルーのヤンマ3種類がそろい踏みする池だったのですが、今ではほとんど期待出来ません。

ネアカヨシヤンマは2012年を最後に見かけず、ヤブヤンマは昨年から激減して今年は今の所見かけていません。かろうじてマルタンヤンマはそこそこいますが、残念ながら今日は産卵に来ませんでした。キイトトンボ、ベニイトトンボ、ハラビロトンボも同様に激減してます。もしかしたら、春先に大量に出現してくるようになったヨツボシトンボが原因かもしれません。かなり狭い池なので、初夏以降に孵化するヤゴはヨツボシトンボヤゴの餌食になっているような気がします。

結局数頭のオオシオカラトンボが活発に活動している程度で、ヤンマの産卵には出会えませんでした。
この池はトンボ目線でみるともう駄目な感じです。風の谷のナウシカ風にいえば、「また、ひとつ池が死んだ」です。

次に、7月7日と同じ場所にヒメサナエを狙いに行きます。今日は水遊び客もいなくて、産卵の一等地に最初から入れました。
こういう岩がゴロゴロした場所に産卵に来ますが、ヒメサナエのヤゴはどんどん流下していくのでここで成長する訳ではありません。

ヒメサナエ
ヒメサナエの産卵場所

 

まず、♂が2頭縄張りしていてじゃまなので追い払います。♀が5分もたたずにあっというまに現れました。無事産卵動画が撮れたのでホームページにアップしました。

ヒメサナエ
ヒメサナエ♀の産卵

 

ここの所、狙ったターゲットはほとんどゲット出来ないか、ゲット出来てもさんざん粘った末なので、あっさりゲット出来てしまうとかえってうろたえてしまいます。何かやり残しやミスがないか考えてしまいました。人間、逆の意味で慣れというのは恐ろしいものですねー。