オナガアカネ羽化と、ナツアカネヤゴ下唇側片の斑点について

10月25日に採卵したオナガアカネが羽化しました。
まず羽化したのは♀でした。

オナガアカネ
オナガアカネ♀

 
アカネのヤゴを鑑別する場合、下唇側片の斑点の有無も鑑別点のひとつになります。
ナツアカネは、日本産幼虫図鑑、日本産トンボ幼虫成虫検索図説の両書ともに、下唇側片には斑点なしと記載されています。

ヤゴペディアホームページに掲載しているナツアカネヤゴは、2009年に大分県で採卵して飼育した個体ですが、下唇側片には暗褐色の斑点が存在してます。

ナツアカネ
ナツアカネ2009年採卵ヤゴ

 

この点がひっかかっていたので10月25日の福岡の島でナツアカネも採卵しておきました。自然界では年を越してから孵化するのですが、飼育下ではオナガアカネ同様、昨年中に孵化しました。それが終齢まで育ったのですが、やはり下唇側片には暗褐色の斑点があります。

ナツアカネ
ナツアカネ2015年採卵ヤゴ

 

2カ所で採卵飼育したヤゴとも、下唇側片には斑点があります。もう少しサンプルを増やして、この点を確認していく必要がありそうです。