オナガアカネ終齢

11月29日に孵化したオナガアカネが8回の脱皮後本日終齢になりました。ほぼ3日に1回のペースで脱皮しており、ウスバキトンボ並の成長スピードです。

アカネ類のヤゴはどれも似通っていて、確実な同定は難しいのですが、側棘や背棘の具合である程度分類出来ます。

オナガアカネは第8腹節側棘が短く先端が第9腹節後端に届かないというパターンです。タイリクアカネ、コノシメトンボ、マイコアカネ、マユタテアカネ、ミヤマアカネなどが類似したパターンですが、タイリクアカネ、コノシメトンボは一回り大柄なので、マユタテアカネが最も似ています。
ただ、フィールドでたまたまオナガアカネのヤゴを見つけることは、ほぼないと思いますが。

オナガアカネ
オナガアカネ終齢

ヤゴの下見第2弾と、お知らせ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アオモンイトトンボと、
マルタンヤンマ
を追加しました。

今日はヤゴの下見第2弾です。
11月23日と同じく佐賀探索で、目的は前回と同様キイロヤマトンボとミヤマサナエヤゴです。

まず1カ所目。7月18日の1カ所目と同じK川のポイントです。

川
佐賀の川1カ所目

 

以前はミヤマサナエのヤゴがたくさんいましたが、全くいません。いたのは、やっぱりねーのダビドサナエ。

ダビドサナエ
ダビドサナエヤゴ

 

少し上流に移動し、7月18日の2カ所目と同じポイントに移動します。

佐賀
佐賀の川2カ所目

 

ここもダビドサナエのみ。川のヤゴは通常ドロ底とか礫底とか砂底の好みがあるものですが、ダビドサナエは全く節操なしです。ドロ底~粗い礫底、コオニヤンマが好む落ち葉の堆積部まで、どこからでも見つかります。これぐらい生活力が強くないと、環境悪化が進んでいるこの頃では、普通種になれないということでしょうね。

ダビドサナエ
ダビドサナエヤゴ

 

石の上にマユタテアカネ♂が2頭いました。さすがに九州北部も寒波がきており全く元気がありません。マクロモードで1cm手前から撮影しても飛ぶ気配なしです。日が照って温度が上がれば飛ぶと思いますが、今日はあいにく曇りです。

マユタテアカネ
マユタテアカネ♂

 

さらに50mほど下流のポイント。

川
佐賀の川3カ所目

 

7月18日にキイロヤマトンボ様の飛び方をするヤマトンボ♂がいたので念のため調べてみました。観察した限りでは、コヤマトンボ♂は草が覆いかぶさる川岸を往復パトロールし、キイロヤマトンボは流れが少し緩くなる川面をグルグルとパトロールします。そして、これは♀が産卵を好む環境と同じです。
残念ながらキイロヤマトンボヤゴはいません。10年くらい前もこのあたりのポイントでは、ミヤマサナエのみでキイロヤマトンボは見ていません。

さらに4Kmほど下流に移動します。ここでもダビドサナエのみ。以前はミヤマサナエがそこそこいました。

川
佐賀の川4カ所目

 

最後に、最初の場所から10Km程度下流部です。ここでは以前、ホンサナエも記録されていますが、4年前に調べた時には見つかりませんでした。その際、キイロヤマトンボとミヤマサナエが少しいました。

川
佐賀の川5カ所目

 

いるにはいましたが、それぞれ1頭ずつでした。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴ
ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ

 

ミヤマサナエの若齢は、脱皮直前の腹部が伸張した状態ではホンサナエヤゴとかなり似てきますが、このヤゴはミヤマサナエでいいと思います。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ

 

結局、今日も来年に結びつくようなヤゴ多めのポイントは見つけられませんでした。来年も両種の採卵はきびしそうです。

かなり寒くなってきたので今年のフィールド活動は、これできっと終了です。