サラサヤンマ採卵

前回のクロサナエは、結局100卵ほど産卵してくれました。
無事終わったので、今回のターゲットはサラサヤンマの採卵です。

場所は福岡市で、サラサヤンマの報告も既にあり、湿地の面積も広く、どう考えてもいるとしか思えない所です。まずサヤサヤンマの♂を探します。下の写真は、最もいそうと感じた場所。

サラサヤンマ
サラサヤンマの湿地

 

しばらく探しますが見あたりません。♂が見つからないことには、♀の産卵場所も特定出来ません。どうにもなりません。ここにいたのはアオイトトンボ系(アオイトトンボ、オオアオイトトンボ両方います)多数で、羽化直後のテネラル、林間にいる未熟な個体、少し色があせてきた個体といっぱいいます。他に採餌しているコシアキトンボ2,オオシオカラトンボ数頭、ハラビロトンボ数頭、クロスジギンヤンマ1でした。

別の場所に向かいます。これまで最高♂1のみで、複数頭を同時に見た事がないのですが、毎年必ずいます。ここは池も小さく、産卵できそうなポイントは2カ所しかないので、まず特に怪しい方に行きます。すぐに縄張りしている♂1が見つかりました。少し水がある場所で、写真のほぼ中央(少し左上)に飛んでいるサラサヤンマも写っています。

サラサヤンマ
サラサヤンマ♂

 

サラサヤンマ
サラサヤンマ♂縄張り場所

 

しばらく写真を撮っていましたが♀が現れないので、3m程隣の完全な乾燥部分に目をやると、♀が♂にも気付かれずにちゃんと産卵していました。こんな場所です。梅雨になると水が出てくると思いますが現時点ではカラカラです。

サラサヤンマ
サラサヤンマの産卵場所

 

産卵ビデオを撮ってから、産卵部分から卵を採取しようとしましたが、♀は少しずつ場所を変え、そのまま逃げてしまいました。♂のいる場所から、聞き慣れた大きな羽音がします。案の定♂♀が連結し、グルグルと飛んでいます。今度は捕獲を試みますが、やっぱり逃げられ着地場所も見つけられませんでした。落胆していると、さっきの場所にすぐに♀が現れました。慎重に捕獲し、いつもの通り、湿らせたキッチンペーパー入りの容器に移します。採卵成功です。産卵ビデオも撮りたいので、その後もしばらく粘りましたが今日は駄目でした。
ここでは、サラサヤンマ♂1,♀2、ヨツボシトンボ20頭程度、シオヤトンボ数頭、ハラビロトンボ数頭、クロスジギンヤンマ1、カワトンボ数頭、モノサシトンボ1でした。

サラサヤンマ
サラサヤンマ産卵直後卵