「セスジイトトンボ」カテゴリーアーカイブ

ヒヌマイトトンボとセスジイトトンボの産卵動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ヒヌマイトトンボの産卵動画を追加しました。
セスジイトトンボの産卵動画を差し替えました。

最近近場のフィールドではずすことが多いので、絶対にはずさない(だろう)フィールドめぐりしてきました。
まあ、それでも時々はずしてしまう昨今の状況ですが。

まず山口のヒヌマイトトンボの産地へ。産卵動画撮影が目的です。とりあえずそのフィールドは無事で、一安心。

8:30頃に着いたのですが、♂、♀ともかなりいました。♂の画像。olympus tg-5の顕微鏡モードで深度合成してみました。
イトトンボの中でも小型種ですが、全くその雰囲気のない迫力のトンボ画像になってしまいました。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ♂

 

♀の画像。こちらは顕微鏡モードで深度合成なし。♀は未熟なうちはオレンジで、成熟すると褐色に変わりますが、大部分の♀はまだオレンジの色合いでした。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ♀

 

羽化中や、羽化直後も結構いました。

ヒヌマイトトンボ
羽化中のヒヌマイトトンボ♂

 

まだ産卵シーズンには早かったかもしれませんが、そのうち交尾態を見つけることが出来ました。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ交尾

 

トンボはフィールドに分散して点在しており、ここのポイントで産卵がないか見張ることに。密集した葦原の中で活動するトンボなので見つけたり、写真撮影が大変なので、ポイントをしぼる方が効率がいいでしょう。
フィールドガイド「日本のトンボ」によると、午後の暑い時間帯に産卵があるとのことで待つことしばし。10:50頃に褐色の成熟した♀が1頭現れ、11時過ぎになり産卵を始めました。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ♀の枯れ草への産卵

 

産卵動画を撮影しミッション終了で、今度は福岡に戻りセスジイトトンボがいる2016年6月26日と同じ池に。
最近近場では、ザ・普通種と思っていたクロイトトンボやコシアキトンボも少なくなっていますが、この池は安泰でした。
セスジイトトンボ、クロイトトンボ、アオモンイトトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ多数、ギンヤンマ系時々といったところです。

アオモンイトトンボの♀はどう猛とされ、他種のイトトンボをよく捕食しています。

アオモンイトトンボ
イトトンボ♀を捕食中のアオモンイトトンボ♀

 

逆に、セスジイトトンボやクロイトトンボの♂縄張りに侵入したアオモンイトトンボ産卵♀が、♂に交尾をせまられ捕まってしまい、ふりほどいている姿もよく見かけました。

さて目的は、セスジイトトンボの産卵動画の撮り直しです。ホームページの既掲載分が手ぶれがありいまいちなので。
産卵ペアがいくつかいて、今回はカメラを三脚にセットして動画撮影しました。しかし、微妙に手ぶれが入ります。300mm望遠(フォーサーズ規格なので600mm相当)の望遠端なので、しょうがないか。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボの連結産卵

 

撮影も終わり最後にコシアキトンボを撮っていると、やはり手ぶれが入り気になります。もしやとチェックするとレンズ側の手ぶれ防止スイッチがoffになっていました。onにするとトンボが見事にピタッと止まります。
セスジイトトンボのポイントに戻るも産卵見つからずギブアップ。前の産卵動画より解像感は上なので、結局ソフトで手ぶれ補正したものをアップし動画を差し替えました。
カメラやレンズのことは詳しくないのですが、レンズに手ぶれ補正切り替えスイッチがついているのは、offにするニーズがあるのでしょうか?それとも何か、別の理由があるのでしょうか?

下のコシアキトンボの写真ですが両者とも♂の画像です。♂は未熟な内は腰の白い部分が黄色でそれが成熟すると白く変わりますが、上の♂の白帯はまだ黄色みが残っています(ちなみに♀は黄色)。

コシアキトンボ
並んでいるコシアキトンボ♂2頭

お知らせとヤクシマトゲオトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の
オオヤマトンボの1齢幼虫が腹面画像だったので、背面画像と差し替えました。
ヤクシマトゲオトンボの2齢幼虫画像を追加しました。

7月31日に川を探索してきましたが特に成果はありませんでした。日記代わりに一応記録しておきます。

今年も、ミヤマサナエ採卵の挑戦を始めました。
場所は3月21日にヤゴを調べた筑後川です。

筑後川
筑後川

 

朝の8時台ですが、もう既にかなりの暑さです。まず、転石がゴロゴロしている河原沿い200~300mの範囲を♂の縄張りがないか探すことにします。サナエトンボは全くいません。この時点で既に90%は負けた感じです。
川岸から遠い水面上の植物先端に何か止まっています。コフキトンボかな~と、一応写真を撮ってみましたが、やはり(ただの)コフキトンボでした。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

以前から川岸にアオモンイトトンボはよくいたのですが、セスジイトトンボもいました。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ

 

ヤゴがいたこのあたりで少し粘ってみましたが、 何も出てきません。

筑後川
筑後川

 

少し場所を移動して、ナゴヤサナエが出てきてないかも確認することにしました。

筑後川
筑後川

 

葉上を移動する腹端が広がったトンボを1回見かけ、おそらくナゴヤサナエだと思いますが、川面をパトロールする♂は1回も見ませんでした。あと川面すれすれを猛烈な勢いでさかのぼっていくサナエがいましたが、オナガサナエでしょうか?
オオヤマトンボが1頭パトロールしていました。大河で流れも緩くて泥底もあり、このあたりは大きな池と同じような環境です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ

 

おびただしい数が舞っているのはウスバキトンボです。置きピンで1回連写しただけで、そこそこピントがあった画像が撮れます。

ウスバキトンボ
ウスバキトンボ

 

さらに支流に移動。

筑後川
筑後川支流

 

ここにもいません。多いのはハグロトンボ。

ハグロトンボ
ハグロトンボ

 

ここは公園内なので、スマフォを見ながらウロウロしている人も大勢います。

ポケモン
ポケモンGOピープル

 

日光の暑さになれてない人が多いと思うので、そのうちポケモン熱中症が報道されそうですね。

ミヤマサナエはヤゴはそこそこ見るのですが、あいかわらずトンボは見つからずやっかいな奴ですねー。実は7月28日にもヤゴがいる川を調べて見つからなかったので今年既に2連敗です。google earthを見ながら怪しい場所を調べ続けるしかないでしょうね。

さて、ホームページのオオヤマトンボ1齢幼虫が誤って腹面の画像になっていました。1齢は小さすぎるし、解像度悪すぎるしで、よくやらかすミスなのですが今まで気がつきませんでした。7月17日のオオヤマトンボ採卵に失敗した池で、悔しまぎれにすくってきた泥中にいた1齢幼虫画像を確認して、初めてミスに気付きました。

オオヤマトンボ
従来掲載していたオオヤマトンボ1齢画像
オオヤマトンボ
今回差し替えたオオヤマトンボ1齢画像
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ1齢黒バック画像

 

7月17日ヤクシマトゲオトンボ卵が孵化し2齢幼虫まで育ちました。2齢幼虫画像は欠番だったので、新たに加えました。1齢幼虫の尾鰓は普通のイトトンボと同じですが、2齢幼虫になると早くも袋状になっています。孵化まで20日程度はかかるので、この時点で2齢幼虫がいるということは7月17日以前に産卵されていた卵も混ざっていたものと思われます。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ2齢幼虫

お知らせとセスジイトトンボ

セスジイトトンボのトンボ画像と、産卵動画をホームページに追加しました。
コフキトンボの産卵動画を追加しました。

今日は梅雨の合間の貴重な晴れで出動ですが、最優先のキイロヤマトンボ採卵は雨で川が増水しており、まず無理と諦め池に行きます。
オオヤマトンボの採卵と、セスジイトトンボのトンボ画像がないので撮影目的です。

まず昨年6月7日の池に行きますが、全然ダメです。オオヤマトンボ♂のパトロールが数回来ただけでした。他には、コシアキトンボ、チョウトンボ、コフキトンボ、ギンヤンマが主に見られ、すっかりトンボは夏に向かってます。

次に行った池です。セスジイトトンボがたくさんいます。こういう池でオオヤマトンボが当然いそうな雰囲気です。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボの池

 

いかにもこの辺にオオヤマトンボが産卵に来そうと写真の岸部分に向かった途端に♀がフラ~とした感じで上から産卵に降りてきました(普通は一直線に斜めに入ってくることが多い)。しかも岸のすぐ側で打水産卵速度のスピードも遅めで捕獲の大チャンスです。
しかし、ありがちな事ですがパトロール♂にやられてしまいました。網を降る前に♀をさらっていかれ、そのまま樹上高くに去ってしまいました。

オオヤマトンボは1回採卵に成功したのですが、その後は5~6回のニアミスはあるものの成功してません。何とかしようと、その後かなり粘りましたが産卵に訪れたのはその1回のみでした。
ちなみに、同じヤマトンボ科のコヤマトンボは産卵♀を捕まえても産卵してくれませんが、オオヤマトンボは尾端をカップにつける方法で成功してます。

セスジイトトンボはたくさんいて産卵もあり、産卵動画もホームページにアップしました。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ♂
セスジイトトンボ
セスジイトトンボの連結産卵

 

ムスジイトトンボとセスジイトトンボはそっくりですが、セスジイトトンボの♂の眼後紋は三角状で間を結ぶ後頭条が普通あり、腹端の上付属器が「ハの字」に開くのが鑑別点になります。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ頭部
セスジイトトンボ
セスジイトトンボの上付属器

 

コフキトンボもかなりいて産卵あり、ホームページに産卵動画をアップしました。
短時間のしょぼい動画しか撮れず、「とりあえずバージョン」です。