「チビサナエ」カテゴリーアーカイブ

その他の沖縄産ヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
カラスヤンマの卵~2齢、チビサナエの卵~2齢、リュウキュウハグロトンボの卵~3齢を追加しました。

7月6日~10日に採卵した沖縄産ヤゴのうち、カラスヤンマチビサナエリュウキュウハグロトンボの3種は2~3齢までしかうまく育ちませんでした。

いずれもヤゴがうまく餌を捕獲出来ず、成長しなかったと思われます。カラスヤンマやチビサナエは、そもそも砂の中に潜っているので採餌できてるかどうかの確認も出来ません。イトミミズを砂の中に入れてはいますが、1mm程度の極小ヤゴにとっては1cm程度のイトミミズでも巨大な相手になります。

一方、巨大な相手にも平気にかぶりついて成長するヤゴもいます。ウチワヤンマやメガネサナエでは、自分の10倍もあるような巨大なイトミミズにかぶりついて、ブンブンふりまわされているのを観察した事があります。
下図は、砂+イトミミズの容器に孵化したアオサナエを入れて、後はエアレーションするのみでほったらかしておいたのですが、ほとんどの1齢幼虫が無事に成長していました(ざっと200頭います)。

アオサナエヤゴ
アオサナエヤゴ

沖縄産ヤゴの脱皮

沖縄産のヤゴが順調に脱皮を重ねています。

アオビタイトンボが、7月11日に孵化し現在6齢で体長約4.3mm。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ6齢ヤゴ

チビサナエは、7月22日(産卵後15日)に孵化し現在2齢で体長約1mm。

チビサナエ
チビサナエ2齢ヤゴ

リュウキュウハグロトンボは、7月23日(産卵後16日)孵化で現在3齢で体長約2.3mm。

リュウキュウハグロトンボ
リュウキュウハグロトンボ3齢ヤゴ

リュウキュウルリモントンボが、7月25日(産卵後16日)孵化で現在4齢で体長約2.4mm。

リュウキュウルリモントンボ
リュウキュウルリモントンボ4齢ヤゴ

リュウキュウカトリヤンマが、7月27日(産卵後20日)孵化で現在4齢で体長約6.5mm。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマ4齢ヤゴ

ウミアカトンボは現在4齢で、体長約2.1mm。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ4齢ヤゴ

オオキイロトンボは現在5齢で、体長約3.6mm。オオキイロトンボは終齢になると複眼が後側方に突き出しますが少しその片鱗が出てきました。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボ5齢ヤゴ

オオハラビロトンボは現在6齢で、体長約4mm。

オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ6齢ヤゴ

カラスヤンマは現在2齢で、体長約1.4mm。

カラスヤンマ
カラスヤンマ2齢ヤゴ

ヒメハネビロトンボは現在7齢で、体長約5.2mm。

ヒメハネビロトンボ
ヒメハネビロトンボ7齢ヤゴ

ベッコウチョウトンボは現在5齢で、体長約2.8mm。

ベッコウチョウトンボ
ベッコウチョウトンボ5齢ヤゴ

ベッコウチョウトンボなどの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
リュウキュウハグロトンボの産卵動画を追加しました。

沖縄2日目です。
午前中は昨日と別の渓流へ。

チビサナエ
2日目に行った渓流

こちらでもカラスヤンマのヤゴ自体は見つかるのですが、渓流にいた時間内はカラスヤンマは出てきませんでした。
リュウキュウハグロトンボがいますが数は少なめ。産卵♀は見つかったので動画を撮りHPにアップロードしました。動画の後半は潜水産卵です。

リュウキュウハグロトンボ
リュウキュウハグロトンボの産卵

産卵した葉も持ち帰って採卵しました。

リュウキュウハグロトンボ
リュウキュウハグロトンボ卵

他には、チビサナエの♂が渓流にちらほら。10:30頃になり交尾した♂♀が頭の高さくらいの葉上に乗っかりました。

チビサナエ
チビサナエの交尾態

捕獲し♀の尾端をカップにつけたら簡単に産卵してくれました。

チビサナエ
チビサナエ卵

リュウキュウルリモントンボもいることにはいますが♂2のみ。

リュウキュウルリモントンボ
リュウキュウルリモントンボ♂

この場所を去る時に少し開けた場所の森を見上げると、オオキイロトンボ8頭が葉上をフワフワ、グルグルと飛んでいました。

2番目の場所は、ダム湖に隣接している植生の豊かな池で昼過ぎに到着しました。

ベッコウチョウトンボ
ベッコウチョウトンボがいる池

まず目に飛び込んできたのがベッコウチョウトンボ。
先ほどのオオキイロトンボもそうですが、亜熱帯の日差しが似合う色彩のトンボです。
これがヒラヒラ飛んでいるのを見ていると、沖縄だな~と。
本土のチョウトンボより少し大型。

ベッコウチョウトンボ
ベッコウチョウトンボ♂

産卵もあったので動画にしました。

もちろん採卵も。

ベッコウチョウトンボ
ベッコウチョウトンボ卵

他には、ベニトンボ、アオビタイトンボが多かったのですが、産卵は行った時間帯には見られませんでした。アオビタイトンボは、水面上の葉に産卵して卵を貼り付けるのですがいくつか見つかったので採卵してきました。もう、かなり発生が進んでいて今にも孵化が始まりそうです。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ♂
アオビタイトンボ
葉上のアオビタイトンボ卵集合
アオビタイトンボ
アオビタイトンボ卵、孵化直前

オオキイロトンボもここにいるはずなのですが見当たらずで、また午前中に再訪する予定です。

最後の場所は、昨日の3番目の場所と同じ。
オオハラビロトンボの採卵が出来なかったので何とかしようと再訪しました。産卵は現れませんでしたが、池の周りをグルッとしてみると奥の方に♂といっしょに枝先に止まっている♀を発見。

オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ♀(背後にいるのは♂)

♂はこの♀に軽くちょっかいを出すものの、すぐに2頭とも同じ枝先に戻ってしまいます。♀をキャッチして採卵。

オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ卵

これで沖縄2日目は終わりです。沖縄は天気がいいのですが、九州は相変わらず大雨のようです。

アオサナエの産卵動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アオサナエの産卵動画を追加しました。
ヒヌマイトトンボチビサナエのトンボ画像を追加しました。

6月17日と18日の活動で、まず17日。

今年の梅雨は今の所晴れ続きです。
ということで、出かけられてしまうのでアオサナエの産卵動画を狙って今年3回目の山口出張です。
6月10日に地元の川にもアオサナエがいるのを確認したのですが、産卵まで狙うとなると個体数も少なく地元では難しそうです。

5月20日と同じ川ですが、もっと足場がいい別のポイントに張り込むことにしました。

アオサナエ
アオサナエの産卵場所

 

中央左側の岩の上でアオサナエ♂が縄張りを張っていたのですが、産卵♀が現れると確実に連れ去られてしまうので、まず追い払います。
待つことしばし、5:15分頃になり、まさに♂が睨んでいたポイントに産卵♀が現れました。

アオサナエ
アオサナエの産卵

 

産卵時の、動画撮影イメージトレーニングが不十分で、動画の出来が全く駄目でした。
アオサナエは卵塊を腹端に作り落下させるのですが、その様子は確認不可能。打水産卵もしますが、最後に1回打水する所がピンボケで何とか写っています。

もうしばらく待ったところ、5:50分くらいにすぐ近くの浅瀬に打水産卵に現れました。トンボの日の当たりも良く絶好の撮影チャンスだったのですが、別の作業をやっていてカメラのセットにジタバタしているうちに、トンボは行ってしまいアウト。以後は現れずじまいでした。
また来年の課題ということにして、とりあえずいまいちの産卵動画をホームページにアップしました。

18日はヒヌマイトトンボの産卵があるかもということで、まずヒヌマイトトンボの場所へ。5月21日に羽化を確認しており、羽化後2週間くらいで生殖活動を始めるトンボが多いので、そろそろかなということです。
しかし、ヒヌマイトトンボはもう少し遅いようです。♀は確認した範囲でオレンジ色の未熟なものしか見つからず、交尾態も見つかりませんでした。
とりあえず、♂に外観が似ている♂型の♀がいたので、その撮影を。

ヒヌマイトトンボ
♂型♀のヒヌマイトトンボ

 

最後は筑後川に足を伸ばしました。ナゴヤサナエヤゴの生態動画を撮ろうかな~と。
2015年8月23日の場所で、その時はあっさりゲット出来たのですが、今回はかなり探しましたが駄目でした。そう甘いもんではないですね。
いたのはコヤマトンボヤゴが数頭と、あとはオオヤマトンボ2頭。
川なのですが、ここでは毎年オオヤマトンボがパトロールしています。

オーヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ→キイロヤマトンボのヤゴ

オーヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴの下顎→キイロヤマトンボヤゴの下顎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年6月22日追記

上記ヤゴの下顎の特徴は、キイロヤマトンボのヤゴですね。オオヤマトンボの下顎は平坦でギザギザです。どこかの時点で、特徴に関する記憶がすり替わってました。キイロヤマトンボヤゴに訂正します。最低2頭はいたので、支流から流れ込んできた以外に、実際に大河のこの部分で産卵があった可能性もあると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月20日のアオサナエの産卵を見張っていた場所の砂を少し持ち帰っていたのですが、帰宅するとその砂にアオサナエとホンサナエの1齢ヤゴ(アオサナエは2齢も)が孵化しているのが確認出来ました。
4.5倍撮影が出来る中一光学のfree walkerレンズで撮影してみました。今、少しずつですが孵化後ヤゴの4.5倍レンズでの撮影を進めています。

アオサナエ
アオサナエ1齢ヤゴ 4.5倍レンズで撮影

アオサナエ
アオサナエ1齢ヤゴ 従来レンズでの撮影

 

上がfree walkerレンズで撮った画像で、下が従来の画像です。
アオサナエは孵化後すぐの時期は5日くらいの間隔で脱皮を繰り返しますが、腹腔内の卵黄も目立たたなくなっており、腹部も伸びているので、2齢になる直前くらいの状態のヤゴだと思います。

なおホームページにアップしたチビサナエ♀は、飼育ヤゴから羽化したトンボを、セット上に置いて撮影したやらせ画像です。

チビサナエヤゴの生態動画など

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ベニトンボハラボソトンボの産卵動画を追加しました。
チビサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。
アカナガイトトンボのトンボ画像を追加しました。

沖縄で更新出来なかった分です。

まず、5月3日の場所で記録したハラボソトンボの産卵動画。

ハラボソトンボ
ハラボソトンボの産卵

 

次は、5月4日の2番目の渓流で撮ったチビサナエヤゴの動き。

チビサナエ
チビサナエヤゴの動き 砂への潜り込み

 

5月6日の池での、ベニトンボの産卵。

ベニトンボ
ベニトンボの産卵

 

下は、オオキイロトンボとコシブトトンボヤゴの立体画像です。トンボ科で最も大きいヤゴひとつと、最も小さいヤゴのひとつです。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボのヤゴ トンボ科で最も大きいヤゴのひとつ

コシブトトンボ
コシブトトンボのヤゴ トンボ科で最も小さいヤゴのひとつ