「アカナガイトトンボ」カテゴリーアーカイブ

沖縄産ヤゴその後

7月6日~10日に採卵した沖縄産ヤゴは順調に脱皮を繰り返しています。
アオビタイトンボ、アカナガイトトンボ、オオハラビロトンボ、ヒメハネビロトンボ、ベッコウチョウトンボは既に終齢。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ終齢
アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボ終齢
オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ終齢
ヒメハネビロトンボ
ヒメハネビロトンボ終齢
ベッコウチョウトンボ
ベッコウチョウトンボ終齢

リュウキュウカトリヤンマは亜終齢。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマ亜終齢

ウミアカトンボとオオキイロトンボは、おそらくF-2(終齢から2つ手前)まで進んでいます。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボF-2
オオキイロトンボ
オオキイロトンボF-2

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
アオビタイトンボ卵~2齢、アカナガイトトンボ卵~2齢、ショウジョウトンボ卵~1齢、セスジイトトンボ卵~2齢、ヤマサナエ卵~5齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

アオビタイトンボ1齢
アオビタイトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率撮影画像
アカナガイトトンボ1齢
アカナガイトトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率撮影画像
ショウジョウトンボ1齢
ショウジョウトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率撮影画像
セスジイトトンボ
セスジイトトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率撮影画像
ヤマサナエ1齢
ヤマサナエ1齢、左が従来画像、右が高倍率撮影画像

沖縄採卵ヤゴ

沖縄で採集したトンボ卵が、次々に孵化しています。

まず、7月 15日にヒメハネビロトンボ。産卵後7日で孵化。
他のトンボ科と比べて頭部が5角形ベース状で特徴があり、サイズも今回の他のトンボ1齢と比べて大きめです(以下画像の縮尺は同じにしてあります)。

ヒメハネビロトンボ
ヒメハネビロトンボ1齢ヤゴ

7月19日には早くも2齢に脱皮。

ヒメハネビロトンボ
ヒメハネビロトンボ2齢ヤゴ

次にオオハラビロトンボで7月17日孵化で産卵後9日。

オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ1齢ヤゴ

7月18日には、オオキイロトンボ(産卵後9日)、ベッコウチョウトンボ(産卵後9日)。
オオキイロトンボヤゴは、終齢になるとハネビロトンボヤゴに似てますし、成虫もハデな色彩で似かよってますが、1齢の時点ではトンボ科ヤゴとしてありがちな割と平凡なヤゴでした。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボ1齢ヤゴ
ベッコウチョウトンボ
ベッコウチョウトンボ1齢ヤゴ

カラスヤンマも7月18日に孵化し採卵後12日ですが、砂礫から採卵した時にすでに卵が褐色で先行産卵されてたと思われる分が混ざっていたので、そっちが先に孵化したと思われます。カラスヤンマは成虫になると大型のトンボになりますが、1齢の時点では今回のヤゴの中で最も小型な方でした。

カラスヤンマ
カラスヤンマ1齢ヤゴ

さらに、7月19日にはウミアカトンボ(産卵後9日)、アカナガイトトンボ(産卵後13日)も孵化しました。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ1齢ヤゴ
アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボ1齢ヤゴ

カラスヤンマなどの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
カラスヤンマ♂のパトロール飛翔と♀の産卵動画を追加しました。

沖縄も遂に梅雨が開けただろう(沖縄は今年、記録的に早く梅雨明け宣言がありましたが外れたみたいです・・・)ということで、今日から家族を残し単独で沖縄入り。
ところが、地元福岡は記録的豪雨になってしまいました。幸い我が家には問題ないみたいですが、最近の梅雨にはシトシト降る季節という印象は全くなくなってしまいました。

さて、時間的余裕はたいしてないので南にも北にも移動しやすい中央部の名護市に宿泊し、知ってるところを回り出来れば採卵もしようという日程です。

朝1番はダム湖の直下でこんな所。

アカナガイトトンボ
ベニトンボとアカナガイトトンボの川

ベニトンボがうじゃうじゃいます。朝8:00頃に着きましたが、その後交尾・産卵も頻繁にあります。ベニトンボは温暖化に伴い北上中のトンボですが、繁殖力が強いみたいで九州北部でもいる場所では多産してます。

ベニトンボ
ベニトンボの交尾態

あとはアカナガイトトンボ。こちらは目についた範囲で♂が10頭程度、♀が数頭。こちらは採卵もしました。

アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボ卵

オオキイロオンボの交尾態も何度か横切り、1回は産卵もしたのですが警戒心が強く近寄らせてくれませんでした。

2番目の場所は山の頂上付近の渓流。

カラスヤンマ
カラスヤンマが産卵していた渓流

カラスヤンマ♂のパトロール飛翔がすぐに見つかりました。オニヤンマとは異なり2~3mの狭い範囲を行ったり来たりせわしなくパトロールしています。動画にしてHPにアップロードしました。

カラスヤンマ
カラスヤンマ♂のパトロール飛翔

14:00頃になり♀の産卵が現れこちらも動画に。産卵は流れのほとんどない湿った砂礫上に尾端を垂直に打ち付ける方法で行ってました(HP動画の最後の方にその様子が映ってます)。

カラスヤンマ
カラスヤンマ♀の産卵

尾端を打ち付けたあたりの砂礫を採集し卵もゲット。大型のトンボですが卵はあまり大きくありませんでした。なお卵は全て4.5倍で撮影してますので、他の卵と大きさを比較できます。

カラスヤンマ
カラスヤンマ卵

他には、チビサナエが♂3♀1いて1回は交尾もありましたが産卵は見られませんでした。

3番目の場所は公園内の小さな池。

リュウキュウカトリヤンマ
3番目の小さな池

目につくのはオオハラビロトンボで♂5頭がバトルしながら縄張ってます。

オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ♂

16:00頃に♀が1回産卵に来て、迫り来る♂たちをかわしながら何回か打水産卵して去っていきました。
あと、この池はリュウキュウギンヤンマの産卵場所でもあるようで、♂が近くを頻繁に横切ります。飛翔写真を撮る時間的余裕はないので、捕まえてモデルになってもらいました。沖縄滞在中のトンボ写真はキャッチ写真が増えると思います。

リュウキュウギンヤンマ
リュウキュウギンヤンマ♂

通常のギンヤンマよりかなり大きめのヤンマです。♂で全長83~99mm(日本のトンボより引用)。

17:00頃になり大型の黒い影が池面を横切りました。2018年にこの池でオオメトンボのヤゴを採集してたのですが、オオメトンボにしては大きすぎる気がします。まもなく、正体が分かりました。
池の奥の部分は水がほとんどなく湿った地面になっており、その部分でリュウキュウカトリヤンマ♀3頭が産卵を始めました。
通常のカトリヤンマに比べかなり褐色味が強く、暗い場所でみると黒っぽいトンボに見えます。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマ♀

産卵を動画にしてみました。

産卵用の容器を持ち合わせていなかったので、1頭はキャッチして持ち帰ったところ、翌日キッチンペーパーに産卵してくれました。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマの卵

1日を目一杯使って沖縄のフィールドを駆け巡り、これでようやく初日終了です。

ヒメトンボとアカナガイトトンボ終齢に

5月3日のヒメトンボとアカナガイトトンボが終齢になりました。
ヒメトンボ。何かのアカネのヤゴにそっくりですが、サイズはかなり小さいです。

ヒメトンボ
ヒメトンボ終齢

 

上がハネビロトンボで、左はハッチョウトンボです。やはりハッチョウトンボの小ささが群を抜いています。

ヒメトンボ
ヒメトンボサイズ比較

 

アカナガイトトンボ。尾鰓が特徴的です。

アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボ終齢

ヒメトンボとアカナガイトトンボのヤゴ

5月3日の沖縄産アカナガイトトンボとヒメトンボのヤゴが順調に成長しています。

ヒメトンボは8齢になっています。
体長は6mm程度ですが、小型のトンボですので翅芽の発育状態を見るとこのサイズでもF-2(あと2回脱皮して終齢)だと思います。

ヒメトンボ
ヒメトンボヤゴ8齢

 

アカナガイトトンボは7齢になっています。
尾鰓中央部の明瞭な分節が特徴のヤゴですが、分節がだいぶはっきりしてきました。

アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボヤゴ7齢

沖縄ヤゴ探索

4月29日、30日と沖縄旅行に行ってきました。30日は美ら海水族館観光なので、トンボ&ヤゴを探索出来るのは29日の1日のみです。

ということで事前に、google検索、google earth、google streetをフル活用して良さそうな場所を調査です。いくつかの情報を得られましたが、特にあるポイントでは沖縄の山中をgoogle streetで歩き回ってピンポイントで特定出来ました。ちょっと感激です。結局、5カ所に絞ってみましたが1日で回るのは無理かもしれません。

まず朝早くに最初のポイントの湿地です。その前にポイント近くの小規模な滝に寄り道。

オキナワサナエ場所
湿地近辺の滝

 

沖縄にはヤマイトトンボ科でオキナワトゲオトンボとヤンバルトゲオトンボが分布しており、このあたりはヤンバルトゲオトンボの分布域なのでいないか探索です。朝早く天気が悪いこともありトンボの影は全くありませんでした。川岸の砂をすくってみるとオキナワサナエ(アマミサナエの亜種、沖縄個体群)の亜終齢ヤゴがいました。ヤマサナエ同様岸すぐ近くの砂に潜んでいました。

オキナワサナエ
オキナワサナエが潜んでいた砂床

オキナワサナエ
オキナワサナエ亜終齢

 

湿地の方に移動しますが、その頃から少しずつ晴れてきました。こういう感じの場所でgoogle earthで見た時には、湿地???という感じでしたが確かに休耕田に水がたまっていい感じの湿地になっています。

ヒメトンボ
沖縄の休耕田と湿地

 

まず足元にはコフキヒメイトトンボがちらほらと見られます。ヒメイトトンボもいるかもしれませんが、粉を吹いてない♂の交尾態があればヒメイトトンボでしょ!?くらいの認識しかないので鑑別断念。

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ♂

 

あと目立つのはショウジョウトンボの原名亜種タイリクショウジョウトンボ。未熟な個体ですが腹部の背面黒条が目立ちます。

タイリクショウジョウトンボ
タイリクショウジョウトンボ

 

福岡の近辺では、別府近辺にしかいないハラボソトンボもいくらでもいます。

ハラボソトンボ
ハラボソトンボ♂

 

歩き回っているうちにヒメトンボを見つけました。ヒメサナエよりも小さく、ハッチョウトンボよりは大き目くらいの超小型トンボです。交尾態もいて♀をゲットし腹端を水につけてみますが産卵してくれません。トンボ科は普通簡単にこの方法で産卵してくれますがうまくいきません。コフキトンボみたいに卵を浮遊物に貼り付ける習性がある種は簡単には産卵しませんが、ヒメトンボは打水産卵する種なのでちょっと意外でした。♀を1頭家に持ち帰りし、産卵習性に近い環境で再トライしてみたら何とか産卵してくれました。

ヒメトンボ
ヒメトンボ♂

ヒメトンボ
ヒメトンボ♀

ヒメトンボ
ヒメトンボ卵

 

2カ所目のダムの下流の川に移動。

アカナガイトトンボ
ダムの下流の川

 

狙い通りアカナガイトトンボがいて産卵植物を採集。他はベニトンボがたくさんと、オオシオカラトンボが少しいました。

アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボ連結産卵

ベニトンボ
ベニトンボ♂

ベニトンボ
ベニトンボ♀

 

3カ所目の山の中の渓流。

カラスヤンマ
カラスヤンマ渓流

 

ここではリュウキュウルリモントンボ狙いでしたがいませんでした。
カラスヤンマはいかにもいそうなので砂をすくってみました。成書に岩の下に潜むという記述もあったので見つけるのは結構難しいかと思いましたが、普通にオニヤンマがいそうな岸辺の砂の中で見つかりました。

カラスヤンマ
カラスヤンマが潜んでいた砂床

カラスヤンマ
カラスヤンマ終齢

 

他にいたのは、オキナワオジロサナエ(チビサナエの亜種、沖縄個体群)。

オキナワオジロサナエ
オキナワオジロサナエ終齢

 

山の下りの沢にはオキナワトゲオトンボもいました。ヤゴも探してみましたがこちらは見つかりませんでした。一応ハブにも気をつけながらなので、あまり大胆には探せません。福岡ではよくマムシを見かけますが、基本的にマムシは臆病でむこうからすぐに退散してくれるので気にしないのですが、ハブの習性はどうなんでしょうか?

オキナワトゲオトンボ
オキナワトゲオトンボ♂

 

4カ所目の池に移動しましたが、ここでトラブル発生。レンタカーの前輪を駐車場の縁石に乗り上げてしまい見事にパンク。すぐにJAFを呼んでスペアタイヤと交換し、運転上の支障はないのですが、レンタカー会社の規定で2万円のエキストラの出費です。痛いっ!。でも、JAFのおじさんが沖縄なまりののんびり屋さんで、和んでしまってちょっとした救いでした。

この池では期待した種はいず、ハネビロトンボ、ベニトンボ、タイリクショウジョウトンボくらいでした。

ハネビロトンボ
ハネビロトンボ♂

 

5カ所目も予定していたのですが、パンクのトラブルで時間がなくなってしまい断念。季節的に少し早い事もあり期待どおりにはいきませんでしたが、とりあえずヤゴ3種類、卵2種類をゲットしました。

まあ、急に増えると飼育と写真撮影が大変すぎるのでちょうどいい感じです。データ処理が終わったら、ホームページにもヤゴをアップしていきます。

最後に美ら海水族館の定番、ジンベイザメ。

ジンベイザメ
ジンベイザメ