「ホソミオツネントンボ」カテゴリーアーカイブ

ホソミオツネントンボの産卵動画など

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ホソミイトトンボホソミオツネントンボの産卵動画とトンボ画像、ショウジョウトンボフタスジサナエベニイトトンボキイトトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

いくつか重なっていた仕事もかたづき、天気も良くなったので大分県まで遠征してきました。
3月19日と同じ池でオツネントンボの採卵が目的だったのですが、全然いません。九州北部でオツネントンボを探すのは大変ですし、減ってるような気もします。

ホソミオツネントンボはたくさんいました。産卵も盛んです。

ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボの産卵

 

ホソミイトトンボも4-5頭いて、産卵もありました。

ホソミイトトンボ
ホソミイトトンボの産卵

 

昼前の時間帯だったのですが、フタスジサナエが岸辺で次々に羽化していました。直立型の羽化で、足の下にヤゴの抜け殻が見えます。

フタスジサナエ
フタスジサナエの羽化

 

フタスジサナエヤゴの動き。家のセットで撮影したものです。

フタスジサナエ
フタスジサナエヤゴの生態

 

あとはショウジョウトンボヤゴも少しいました。側棘がほとんど目立たないヤゴなので慣れると他種と簡単に区別できます。こちらも家のセットで撮影。

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボヤゴの生態

 

あと家で飼育中のベニイトトンンボとキイトトンボヤゴの動画もアップしました。そっくりのヤゴですが、中央鰓上縁鋸歯列の基部からの割合が異なるので、終齢では何となく区別がつきます。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴの生態

 

キイトトンボ
キイトトンボヤゴの生態

 

2017年5月25日追記:

上記のベニイトトンボヤゴの生態動画としてアップしていたものは、実際はキイトトンボヤゴの誤りでした。

上記の2種類のヤゴは、ベニイトトンボ、キイトトンボが共生する池で採取したものです。中央鰓上縁鋸歯列の基部からの割合の違いをざっと見て、ベニイトトンボ、キイトトンボと判定しましたが、羽化させたところ両者ともキイトトンボでした。

キイトトンボ
ベニイトトンボヤゴとしていたが羽化後キイトトンボと判明(羽化中に水面に落下し羽化不全でした)

 

厳密な測定をしなかったために起こったミスですが、両者の鑑別は簡単ではないということですね。

今回、ベニイトトンボしかいない池で採取してきたヤゴを使って、ベニイトトンボヤゴの生態動画を差し替えました。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴ

 

中央鰓はこういう感じです。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴの中央鰓

 

 

 

 

 

オツネントンボ探し

ホームページ用のオツネントンボ若齢の黒バック撮影がまだなので、今年もオツネントンボ探しからスタートです。
場所は、昨年4月25日と同じ池。2010年にはオツネントンボとホソミイトトンボの両方がいっぱい活動していましたが、翌年から全く見られなくなった池です。
オツネントンボ
オツネントンボ池
残念ながら今年もいませんでした。しかし、フタスジサナエの1-2日内に羽化したと思われる色合いのが1頭いました。これから一気に、色々なトンボが羽化しそうです。
次の池も過去にオツネントンボの報告がある池。
ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ池

ここにもいません。トンボ科かサナエトンボ科のテネラルが1頭いましたが、すぐに木の上に上っていきました。

あとは、ホソミオツネントンボの♂が1のみ。こちらの方は、色々な場所でまあまあ普通にいます。さて、今年もオツネントンボは見つかりません。どうしたもんだか・・・

ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ

ネタがないので、ホームページの方のデザインを少し変更してみました。
スクロールすると現れるgo to topボタンを付け加えたのと、齢期別比較と飼育方法のページにスクロール追尾型のサイドバーをつけてみました。操作性が若干よくなると思います。