「イソアカネ」カテゴリーアーカイブ

再度島探索とお知らせ

YAGOPEDIAホームページの タイリクアカネ
産卵ビデオを追加しました。

今日は、10月25日の島に再び行ってきました。
他の迷アカネがいないかと、オナガアカネの♂も含めたフィールド写真を撮れたらいいなという魂胆でした。天気もよく、風もあまりなく絶好の条件だったのですが、目的の種はいませんでした。

一番多かったのはマユタテアカネで、他はタイリクアカネ、ノシメトンボがそこそこ、ナツアカネが少しといったところでした。10月25日よりいずれの種も少なめで、だんだんアカネも消え始めたようです。
あと、前回カトリヤンマらしき影を1頭見かけましたが、今日は少なくとも4頭はいて元気に活動していました。

とりあえず、タイリクアカネの産卵ビデオは撮れましたので、ホームページにアップしました。それと、ホームページのタイリクアカネ♂の1枚目の写真がどうも怪しいので、入れ替えました。
下がその疑惑の写真と、頭部~前脚のズームです。2012年10月18日に撮った写真ですが、場所は10月18日と同じ福岡の池です。

イソアカネ
イソアカネ?
イソアカネ
イソアカネ?ズーム

 

前額の黒条が下まで伸びてるように見えるし、前脚の外側が腿節まで黄褐色だし、どっちかというとイソアカネなんですよねー。この写真を撮った当時はヤゴ一辺倒で、トンボは気が向いたら撮る程度でした。今だったらきっと捕獲して確かめてたと思うのですが。まあ、捕獲して細部まで見ないと全然確実でありませんし、イソアカネについては成書の記載しか知りませんので・・・。

10月25日のオナガアカネ卵も発生が進んできて、目、口、脚が見えてきました。

オナガアカネ卵黒バック
オナガアカネ卵黒バック
オナガアカネ
オナガアカネ卵白バック

 

ネイチャーガイド「日本のトンボ」によると、「オナガアカネは卵期間半年程度、卵で越冬、飼育下では1カ月程度で孵化することもある」とのことです。
卵で越冬するトンボは、パーツがほぼ完成してから越冬に入る種と、越冬後発生が進んでパーツが完成するタイプがあります。
福岡はまだしばらく暖かいみたいですし、まあ~何とも言えませんが、近日中に孵化するかもしれないです。