「カトリヤンマ」カテゴリーアーカイブ

カトリヤンマの採卵

この時期は、やはり飛来種狙いということで2015年10月25日と同じ島に行ってきました。
島に渡る人は大部分が釣り客という島です。
5年前は、ノシメトンボ、ナツアカネ、マユタテアカネがたくさんいて、その中に1頭だけオナガアカネ♀を見つけましたが、今回アカネ類は激減していました。マユタテアカネ、リスアカネが数頭いて、他のアカネ類は1~2頭のみ。
今回、アカネ類は期待外れでしたが、カトリヤンマはそこそこ飛んでました。道路を縦断してたり、湿地を飛んでたり、林縁で♂が♀を探索していたりとパターンは色々。
その中で道路を低速で縦断している♀がいたので捕獲しました。

カトリヤンマ
カトリヤンマ♀

もちろん、採卵も。

カトリヤンマ
カトリヤンマ卵

ところで、7月6日に沖縄で採卵したリュウキュウカトリヤンマですが、孵化後順調に脱皮を繰り返し、約2ヶ月後の9月5日には最初の個体が終齢になりました。

リュウキュウカトリヤンマ
こちらはリュウキュウカトリヤンマ♀
リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマの終齢ヤゴ

リュウキュウカトリヤンマは絶対的な年1化(1回/年のサイクルで羽化)種のようで、終齢になりしばらくすると採餌しなくなり、翅芽が膨らむなどの羽化に向けての変化が見られなくなりました。結局、半数程度の卵は終齢になった時点で羽化に向けた変化がストップし、残りの半数程度は終齢より2-3齢前で脱皮がストップしてしまいました。
カトリヤンマも年1化種ですが、こちらの方は卵で越冬します。

ウミアカトンボなど

今日から4泊5日のスケジュールで名護です。
なにやら怪しくなってきたGo To Travelですが今回は使えました。旅客機+ホテル+レンタカー込みで4,3000円、さらに地域共通券1,0000円ももらえたので、とっても恩恵にあずかってます。

まず7月9日と同じ場所に。前回は低い位置にいるウミアカトンボの♀がなかなか見つからなかったのですが、前回とほぼ同じ場所の木であっさり見つかりました。そのスポットがお気に入りみたいで、いったん消えてもいつの間にかそこに戻ってます。敏感でなかなか近づけないトンボですが、Olympus TG5の顕微鏡モードで近撮。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ♀

こちらは飛翔ショット。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ♀

♂も同様に近撮。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ♂

次は、7月6日と同じ場所に。前回リュウキュウギンヤンマはキャッチしての撮影でしたが、”焦点距離固定+ファインダーも覗かず適当にカメラで連射”法で今回は飛翔写真も撮ってみました。晴れてた時間が短く少しピンボケの写真しか撮れませんでした。

リュウキュウギンヤンマ
リュウキュウギンヤンマ♂

前回はここでリュウキュウカトリヤンマの産卵があり、林縁にカトリ系をみつけて同種の♂かと思いましたが、絵合わせしてみるとこれはカトリヤンマの方みたいですね。沖縄には両種がいます。

カトリヤンマ
カトリヤンマ♂

カトリヤンマの産卵、お知らせ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
カトリヤンマの産卵ビデオを追加しました。

11月15日の昼前から晴れてきたので、少し活動してきました。
まず、採卵がまだ出来ていないタイリクアキアカネとスナアカネがいないかと海岸沿いの池に行ってきました。飛来種どころか、気持ちいいほど全く何もいませんでした。

成果なしもなんですので、帰りにカトリヤンマの産卵が続いていないかと、10月24日の池に寄ってみました。福岡はまだ本格的に寒い日はなく、今日なんかはシャツ1枚で十分な暖かさです。こちらの池には、まだ少しリスアカネ、マユタテアカネがいて産卵もしていました。

狙いのカトリヤンマは13:00頃に現れました。池沿いの草にもぐりこんで場所を変えながら産卵しています。クリアーに見える場所で産卵してくれないのでいまいちビデオですが、ホームページの方にアップしました。

カトリヤンマ
カトリヤンマの産卵

カトリヤンマ

10月24日の活動です。
カトリヤンマの産卵ビデオ撮影が目的です。
こんな感じで池岸の土の中によく産卵します。

カトリヤンマ
カトリヤンマの池

 

♂のパトロール、ホバリングは何回か来ましたが、産卵は今日は来ませんでした。一昨年は、11月4日、7日とここでカトリヤンマの産卵を見ているので、もう少し遅い時期の方がいいのかもしれません。

カトリヤンマ
カトリヤンマ♂のパトロール

 

とりあえず、ホームページのカトリヤンマ図鑑に♂のパトロールのビデオと写真を追加しました。

他には、リスアカネ、マユタテアカネ、連結したままウロウロしているオオアオイトトンボがいました。

リスアカネ産卵

今日も元気に(懲りずに)トンボ活動で、場所は福岡市の近場です。

最初のターゲットはホームページ用のリスアカネ産卵ビデオ撮影です。昔ほどはいませんでしたが、なんとか撮影出来ました。こんなふうに打空産卵で、連結して空中から池の回りの地面に卵をふりまきます。

池の周りをぶらつくとカトリヤンマもいました。

カトリヤンマ
カトリヤンマ♂

 

カトリヤンマも産卵ビデオが欲しいのですが、時期的にはもうちょっと先でしょう。
そういえば大事なトンボアルアルをひとつ忘れていました。
「今の時期クモの糸がちょーーウゼーッッ!!」。

次に昨日の場所に寄って、持ち帰ったミルンヤンマを逃がします。その前にやらせ写真撮影。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ♀

 

ミルンヤンマの産卵ビデオも欲しいのですが、ここだと時間がかかりそうなので、別の山の渓流に移動することにします。
こんな感じで、急流の渓流の途中に何カ所か流れが緩やかになる場所があります。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ産卵場所

 

到着してすぐに♂が来、引き続き♀が来ました。昨日はあんなに苦労したというのに。でも、ここは動植物の採取は禁止で網を持ってうろつく訳にはいきません(捕虫網を持ってうろつく子どもはよく見ますが)。

その後も3-4回♀が来ますが、ヒトの存在が気になるようで落ち着かず、結局産卵ビデオは撮れませんでした。トンボが止まってすぐに撮影しようとするのがいけないのです。動き出すのは、トンボが産卵に集中し始めてからが基本です。でも、どうしても気がせいてしまします。
まあ、もう少し産卵シーズンは続くので、この場所でいずれ撮影できるでしょう。

ところで、同じ流水性のヤンマでも、コシボソヤンマは太い倒木への産卵を好み、ミルンヤンマは細めの枝への産卵を好む気がします。

ハッチョウトンボ卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオキトンボと、カトリヤンマ
を追加しました。

今日のターゲットはハッチョウトンボとコヤマトンボの採卵です。場所は福岡市で、いずれも6月21日と同じ場所です。

前回ハッチョウトンボの産卵がまだだったので今日も出直しです。今回は♀が5-6頭いて2頭は成熟していました。産卵は見る事は出来ませんでしたが、そばの草地から湿地の水たまりに移動している成熟♀がいたので、カップに腹端をつけたらすぐに産卵してくれました。色々撮影もして次に移動です。他には、ハラビロトンボがいろんな成熟ステージのが多数、キイトトンボも10頭程度、シオカラトンボが2-3頭いました。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ♀

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ卵

 

コヤマトンボはこんな場所です。♂1が頻繁にパトロールしています。かなり待ちましたが、14:00頃になりようやく産卵にきた♀を採集しました。左奥の川に草がかかっているあたりです。コヤマトンボは観察した範囲内では、川岸に枝がおおいかぶさったり、草がはみ出している部分に往復打水産卵することが多いようです。さて採卵ですがおそらく困難だと思います。今まで3-4回試してますが、単純に腹端を水につける方法はいずれも駄目でした。擬似環境で水を張ったボックスに入れておいて産卵するか試そうと思います。他には、ミヤマカワトンボ多数、アナヒナカワトンボ3頭、コオニヤンマ♂1、ヤマサナエ♂1がいました。

 

コヤマトンボ
コヤマトンボ産卵場所

 

さて、ここを撤収しようとしたのですが、ドジってしまいました。コケの生えた岩で滑って転倒してしまい、左手の着きどころ悪くて小指を脱臼・骨折してしまいました。整形外科の救急病院に行き、脱臼整復・指固定処置となってしまいました。コケの生えた岩は基本滑りやすいので、皆さん川遊びの時には十分気をつけましょう(^_^;)

 

骨折
骨折