「ミルンヤンマ」カテゴリーアーカイブ

ヤゴ生態動画 クロサナエなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
クロサナエオジロサナエミルンヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

今日もヤゴの生態動画撮影です。
場所は5月22日と同じ場所です。
こういう砂底を中心に探していきます。

クロサナエ
クロサナエの砂底

 

撮影出来たのはクロサナエ。終齢ヤゴですが尾部にクロサナエ♂の特徴(両側にはみ出す突起)が見られます。ダビドサナエ系は10数頭程度いました。

クロサナエ
クロサナエヤゴ

 

オジロサナエ。10頭弱いました。

オジロサナエ
オジロサナエヤゴ

 

ミルンヤンマ。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマヤゴ

 

他にいたのは、ヒメクロサナエが10数頭、アサヒナカワトンボが数頭程度でした。

11月23日のミルンヤンマ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オニヤンマダビドサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

ヤゴの生態動画を撮るために、9月22日と同じ場所に行ってきました。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマの場所

 

ヤゴを探しているとこの寒い中、背後から現れ通過していくヤンマがいました。ミルンヤンマに見えましたがすぐに離れていったので断言できませんでした。

さらにヤゴの撮影をしていると、ミルンヤンマでまちがいないトンボが活動しています。計4回見ましたが、羽がきれいなのとボロボロのがいるので最低2頭はいるようです。狭い範囲では動いてくれなかったので残念ながら写真もビデオも撮れませんでした。

「日本のトンボ」ではトンボの活動時期を赤、稀に見られる時期をピンクで図示しています。ミルンヤンマの場合、11月中旬までが赤、12月中旬以後までがピンクになっています(ただし、奄美大島個体群を含む)。
「日本産トンボ幼虫成虫検索図説」では、東海地方で11月中旬、高知では12月初旬となっています。
なかなかこの時期に渓流でトンボ探しをする事もなかったのですが、意外に遅くまで活動するトンボだったんですねー。
明日の午後は、ここの上にある展望台まで登山して紅葉見物+ランチイベントの予定なので、ミルンヤンマの写真撮影を再トライしようと思います。

ムカシヤンマヤゴの生態動画も撮りましたがピントがずれまくっていました。こちらも明日再トライです。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマのヤゴ

 

 

ミルンヤンマの産卵

今日は祝日で休みですが、相変わらず天気が悪くどん曇りで途中雨マークも出ています。ミルンヤンマの産卵動画が手元にないため、産卵だけならこの天気でも何とかなるかと出かけました。

場所は、去年の9月23日と同じ近場の山です。
あまりに殺気立ってターゲットを狙うとうまくいかないことが多いので、今日は別のことをしながら待つことにします。たまたまバッタリ会いましたネ!くらいの方がいい感じです。
という訳で、5月3日に採取したカラスヤンマヤゴがまだ飼育中なのでエサとりです。こういう場所でモンカゲロウの幼虫がいるだろうと砂をすくってみます。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマの場所

 

ウジャウジャいるかと思ったら、ここにはあまりいませんねー。5匹しか見つけられませんでした。ヤゴもいっしょに入ってくるのですが、さすがのダビドサナエはモンカゲロウより多く10頭以上いました。他には、オジロサナエ1、ヤマサナエ4、オニヤンマ1といったところ。

そうこうする内に、頭に何かがタッチ&ゴーした気配。来ました。ミルンヤンマの産卵です。私の頭に産卵しようと止まって、やっぱり止めたということです。
去年もそうでしたが、かなり川から離れた高い場所でも産卵地点を探します。上の写真の斜めに横たわる木の中央付近に産卵を始めましたが、途中3mくらい上方の斜面でも産卵場所を探してました。ホームページに産卵動画をアップしました。あまりに天気が悪く照度不足で、色々補正してみたもののいまひとつです。残念。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ♀の産卵

 

写真の写りが悪すぎるので、下は今日撮った写真ではありませんが、この時期渓流でよく見かける枝にぶら下がってお休み中のミルンヤンマ♀

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ♀

 

ミルンヤンマ孵化

9月22日のミルンヤンマが孵化しました。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ孵化直前卵

 

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ1齢

 

ミルンヤンマヤゴはムカシトンボと同様で、渓流の岩の裏にはりついて見つかることがよくあります。ムカシトンボは、若齢のうちはクリーム色と茶褐色のツートンカラーで、途中から茶褐色~黒色になりますが、ミルンヤンマも同様です。これも収斂(同じような環境にいる別の種が似たような形態をもつ)のひとつなんでしょうね。

ムカシトンボ
ムカシトンボ6齢幼虫

 

卵で年越しする種は、卵内で幼虫の形態がほぼ出来上がってから越冬する種と、越冬してから幼虫の形態が出来る種があります。ミルンヤンマは後者で、下図は1月4日の卵の状態ですが、ようやく眼球らしい組織が出来はじめた所です。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ卵

 

ミルンヤンマ採卵

今日はミルンヤンマの採卵狙いで近場の渓流です。福岡市中心部からでも車で20~30分です。

ちなみに、福岡市は転勤属に最も人気のある都市で、アンケートを取ると「都会と田舎が近くてちょうどいい感じ」だそうです。ところがこれを福岡市民にアンケートすると「田舎といわれて嫌」だそうです。

さて、ミルンヤンマの産卵は何回か遭遇してきましたが、いざ探すとなると大変でした。渓流のいたる所が産卵ポイントといった感じで狙い場所を絞る事が出来ません。とりあえず過去に産卵を見た事がある何カ所かで粘りますが、♂がたまにパトロールで通るくらいで個体数も少なそうです。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ♂パトロール

 

なかなか来ないので、渓流の道を歩き回って、産卵中の♀が飛び出すのを見つけることにします。こういう所をのぞき込みながら歩いていると、♂と行動が違う個体がいました。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマのいる源流

 

思った通り産卵を始めました。今までは、渓流にある枯れ木に産卵するのを目撃してきましたが、この個体は結構上の方に落ちている木にも止まります。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ産卵スポット

 

産卵ビデオを撮影して、産み付けた産卵木を回収するつもりでしたが、どうもヒトの気配が気になるみたいで、ビデオを撮ろうとするとすぐに転々と移動します。そうこうする内に、トンボアルアルの5番のせいで、見失なってしまいました。
しょうがないのでこのポイントを中心に渓流をうろつき回り、最終的に♀をゲット出来ましたが4時間近くかかってしまいました。去年なんてあやうく腕に産卵されそうになってあわてて追い払ったというのに・・・。かなり痛いそうです。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ♀

 

こういう所にも産卵していましたが、結局産卵ビデオは撮影できませんでした。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ産卵スポット

 

適当な産卵容器を持ってきていなかったので、持ち帰ってキチンペーパーに産卵させることにします。すぐに産卵してくれ、今日はなんとかミッション終了です。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ産卵直後卵