「ミヤマサナエ」カテゴリーアーカイブ

ミヤマサナエ探し

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
タカネトンボ産卵動画を、産卵様式の特徴がわかる動画と差し替えました。

8月13日~14日はミヤマサナエ探しをしていました。

8月13日は大分県をウロウロ。まず、エゾトンボが見られる湿地に立ち寄りましたが、今年は暑すぎて早くもシーズンオフでしょうか?。全く気配がありません。

次に、以前ミヤマサナエのヤゴがたくさんいた九重高原の川へ移動。ヤゴが生息していた部分はかつては橋があり、その近辺にいい具合に砂泥があったのですが、今は橋もなくなり川の流れも速くなっています。それでも、雰囲気的にはいい感じですがミヤマサナエはいませんね~。さらに上流に移動。いるのは無数のミヤマアカネ。福岡ではこんな川は考えられずグッド。

ミヤマアカネ
暑い中、石上のミヤマアカネ

 

あとは10頭程度のオナガサナエ。

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

ミヤマアカネとオナガサナエはいますが、肝心のミヤマサナエはやはりいません。これで8月13日は終了。

8月14日は、福岡の筑後川に移動しました。筑後川沿いの砂泥中からミヤマサナエヤゴはよく見つかります。2015年8月23日と同じ場所です。下図の部分や近辺の川岸の石上などを探します。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴがいた場所

 

やはりミヤマサナエはいません。いるのは数頭のコフキトンボやアオモンイトトンボのみ。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

時期的には川面をナゴヤサナエが飛んでいてもおかしくないのですが、そちらもいません。2016年以後はナゴヤサナエもまともに見ていません。

さて、最後はまたまた背振山頂に移動。葉上になんとかミヤマサナエ♂が1頭いました。

ミヤマサナエ
葉上のミヤマサナエ♂

 

タカネトンボの池で産卵動画を撮り直しました。
タカネトンボは少し変わった産卵様式をとり、今度の動画ではそれがよくわかります。
普通のトンボだと下の画像の打水で産卵ですが、タカネトンボは違います。ここでは産卵弁に水滴をためているだけ。

タカネトンボ
打水するタカネトンボ

 

産卵弁にためた水滴中に排卵します。

タカネトンボ
産卵弁の水滴に排卵

 

こっちが本当の産卵。体を振って水滴といっしょに卵を水際の植物などにふりかけます。

タカネトンボ
タカネトンボの産卵

 

他にいたトンボは、ウスバキトンボ多数、オニヤンマ少々、エサを求めて山頂まで上がってきたコオニヤンマ1頭。

コオニヤンマ
山頂のコオニヤンマ

 

上方に気をつけながら歩くとネキトンボ♀も10頭程度いました。下の画像は5mくらい上の電線上にいたネキトンボ♀。

ネキトンボ
ネキトンボ♀

 

結局、今回もミヤマサナエ探しは不発に終わりました。もはや山頂でしか見つかりません。いったいどこにいるのでしょうか。

背振山頂のミヤマサナエ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
ミヤマサナエトンボ画像を差し替えました。

昨年8月19日と同じ場所にミヤマサナエ探しに行ってきました。
ミヤマサナエは前生殖期は山頂などの高地で過ごし、成熟すると平地の川へ下って行きます。
ミヤマサナエはキイロヤマトンボと共に採卵が成功していない種ですが、ここの所平地の川ではなかなか見つけられません。
山頂での交尾はちゃんと記録されており、うまくいけば山頂で採卵出来るかもというもくろみです。

背振山山頂から。広角レンズで撮ってみましたが、景色の雄大さは全く表現できず。標高1000mくらいあり平地より6℃は気温が低いと思いますが、やはり暑いです。

背振山
背振山山頂からの景色

 

面白いもので、昨年いたのと同じポイントの道路上に今年もいました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエがいた道路

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♀

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♂

 

50cm四方くらいの間に3頭集まっているポイントもありました(写ってませんが手間にさらに♀が1頭います)。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ複数

 

♂はのんびりしたもので♀に全く興味を示さず、採卵は時期的に無理そうです。
昨年と違って平日で観光客も少なく車が通らないのでゆっくり撮影出来ました。また、トンボも警戒心が薄く近寄っても逃げません。
下は超広角レンズでトンボの5cmくらい手前まで寄って撮影した♀です。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♀

 

他にいたのはオニヤンマやウスバキトンボが多め、オオシオカラトンボ2-3頭。ここまで昇ってきて林道沿いを行ったり来たりするコヤマトンボ♂も1頭。枝先にアキアカネ♂も1頭。アキアカネも未熟なうちは高地に避暑に来ます。

アキアカネ
アキアカネ♂

 

ミヤマサナエは最低4~5頭はいましたが、採卵には時期が早すぎたようです。避暑も兼ねて採卵可能か今後もここに訪れてみようと思います。

山頂のミヤマサナエ探し

お盆の際の宮崎県山頂のミヤマサナエと同じく山頂でミヤマサナエ探しです。

ミヤマサナエは羽化後しばらくは遠く離れた高山に移動し、成熟すると羽化水域に戻ってきて生殖活動を始めます。

ここにはいるかも?と向かったのは背振山山頂。背振山は標高約1000m、山頂には航空自衛隊のレーダーサイトがあり一部立ち入り禁止になっている山です。福岡市街から車で約1時間。
猛暑日ですがこれくらいの標高になると、そこまで暑くありません。

背振山
背振山山頂からの景色

 

まず道路上をウロウロして探索。しばらく探したら、いました、いました。ミヤマサナエの♀です。そこそこ車が通る道路なので、あわてて撮影に入りますが、運悪くすぐに車が来て3シャッターしか切れませんでした。
ミヤマサナエは林の上に消え去ってしまいアウトッ。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♀

 

ちなみに大部分のトンボの♀は、腹部基部が太くずんぐりしているので慣れてくると一見して♂と区別できます。

また、一般の方は、黒地に黄色い斑紋のトンボというとオニヤンマくらいしか知らないと思いますが、サナエトンボ科では最も普通な色彩パターンです。また、♀の方が黄色い斑紋が♂より目立つのも、割と共通のサインのような気がします。サナエトンボ科などで黄色っぽいトンボが現れたら♀というのはありがちなパターンです。
黒地に黄色が目立つというのはスズメバチなどの有毒昆虫の警戒色なので、擬態しているとか何か関係があるかもしれません。

さて、その後山頂近くで少し粘りますが現れず。再び道路上を探しますが、結局見つかったのは最初の1頭のみでした。
ミヤマサナエの♀を見るのは初めてなので、OKということにしました。

コシボソヤンマの産卵とミヤマサナエ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コシボソヤンマの産卵動画を差し替えました。

コシボソヤンマの産卵動画の出来が今ひとつで、撮り直そうということで8月6日と同じ川へ。
最近は特定のトンボがいるはずと思って出かけても空振りすることが多いのですが、ここに来るとコシボソヤンマ、コオニヤンマ、オジロサナエは必ず見られます。安心と信頼の場所です。

天候は曇りで時に薄日が差す程度ですが、産卵は数回見られました。落ち着いて産卵してくれるので、三脚にカメラをセットして撮影する余裕もあり手ぶれなしの動画です。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマの産卵

 

さて、お盆中は霧島と指宿に旅行していましたが、何かトンボもいないかと色々ネットを調べてみました。検索結果を総合すると霧島近くの、とある山頂で避暑中のミヤマサナエに確実に出会えそうです。ミヤマサナエはろくに見ることも出来ず採卵も成功していないトンボです。山頂での交尾態も記録されており採卵もうまくいくかもしれません。
ということで旅行の途中で山頂にアタックしました。しかし、山頂の天候は読めませんね~。地上は上天気なのですが、悪路を苦労してたどり着いた山頂は霧に覆われ雲っています。1頭ミヤマサナエ♂がいましたが、止まっている木の角度が悪く証拠写真もままなりませんでした。とりあえずゲットしてモデルになってもらいました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♂

 

他に2-3頭あやしいのが飛びましたが、着地地点は特定出来ませんでした。

ミヤマサナエのヤゴ探し

サクラも咲き始めて少し暖かくなり久しぶりのフィールド活動です。今日は、まだ採卵に成功していないミヤマサナエのポイント探しです。
場所は2015年8月15日と同じ場所。その時はミヤマサナエは見つからなかったのですが、雰囲気的にはどうみてもいる感じですし、時期があえば産卵も押さえられそうな気がします。
ミヤマサナエ
ミヤマサナエの場所

ミヤマサナエヤゴは泥底の方が好きな印象があるので、こういう泥底をヤゴがいるかどうか探してみました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ泥底

 

多くはありませんが、ざっと探したところ3頭は見つかり終齢ヤゴもいました(下列左)。ヤゴのいた場所と周囲の状況を考えると産卵ポイントもかなり狭い範囲に絞り込めそうで、このポイントは有望そうです。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ

 

ちなみに下列中央はダビドサナエで、このあたりの大河にもちゃっかりといます。河川上中流ではどこでも見つかるヤゴですが、源流域にもいるし本当に生息域が広いです。肢芽も膨らみ、腹部も長くなっており、もうしばらくで羽化が始まるでしょう。

ヤゴの下見第2弾と、お知らせ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アオモンイトトンボと、
マルタンヤンマ
を追加しました。

今日はヤゴの下見第2弾です。
11月23日と同じく佐賀探索で、目的は前回と同様キイロヤマトンボとミヤマサナエヤゴです。

まず1カ所目。7月18日の1カ所目と同じK川のポイントです。

川
佐賀の川1カ所目

 

以前はミヤマサナエのヤゴがたくさんいましたが、全くいません。いたのは、やっぱりねーのダビドサナエ。

ダビドサナエ
ダビドサナエヤゴ

 

少し上流に移動し、7月18日の2カ所目と同じポイントに移動します。

佐賀
佐賀の川2カ所目

 

ここもダビドサナエのみ。川のヤゴは通常ドロ底とか礫底とか砂底の好みがあるものですが、ダビドサナエは全く節操なしです。ドロ底~粗い礫底、コオニヤンマが好む落ち葉の堆積部まで、どこからでも見つかります。これぐらい生活力が強くないと、環境悪化が進んでいるこの頃では、普通種になれないということでしょうね。

ダビドサナエ
ダビドサナエヤゴ

 

石の上にマユタテアカネ♂が2頭いました。さすがに九州北部も寒波がきており全く元気がありません。マクロモードで1cm手前から撮影しても飛ぶ気配なしです。日が照って温度が上がれば飛ぶと思いますが、今日はあいにく曇りです。

マユタテアカネ
マユタテアカネ♂

 

さらに50mほど下流のポイント。

川
佐賀の川3カ所目

 

7月18日にキイロヤマトンボ様の飛び方をするヤマトンボ♂がいたので念のため調べてみました。観察した限りでは、コヤマトンボ♂は草が覆いかぶさる川岸を往復パトロールし、キイロヤマトンボは流れが少し緩くなる川面をグルグルとパトロールします。そして、これは♀が産卵を好む環境と同じです。
残念ながらキイロヤマトンボヤゴはいません。10年くらい前もこのあたりのポイントでは、ミヤマサナエのみでキイロヤマトンボは見ていません。

さらに4Kmほど下流に移動します。ここでもダビドサナエのみ。以前はミヤマサナエがそこそこいました。

川
佐賀の川4カ所目

 

最後に、最初の場所から10Km程度下流部です。ここでは以前、ホンサナエも記録されていますが、4年前に調べた時には見つかりませんでした。その際、キイロヤマトンボとミヤマサナエが少しいました。

川
佐賀の川5カ所目

 

いるにはいましたが、それぞれ1頭ずつでした。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴ
ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ

 

ミヤマサナエの若齢は、脱皮直前の腹部が伸張した状態ではホンサナエヤゴとかなり似てきますが、このヤゴはミヤマサナエでいいと思います。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ

 

結局、今日も来年に結びつくようなヤゴ多めのポイントは見つけられませんでした。来年も両種の採卵はきびしそうです。

かなり寒くなってきたので今年のフィールド活動は、これできっと終了です。

ヤゴの下見

11月22日の活動です。
そろそろトンボ成虫シーズンも終わりになってきたので、ヤゴの下見調査です。
今までに採卵が一度も成功していない種があり、キイロヤマトンボとミヤマサナエがその2つにあたります。福岡にもいることはいるのですが、採卵を狙うとなるとかなり厳しく、可能性が高そうな佐賀まで出張調査です。
10年くらい前までは、佐賀の川で両種のヤゴとも簡単に見つけられたのですが、近年は佐賀でも減っています。採卵できそうな、少しでもヤゴが多いポイントを予め探しておくつもりです。

まずJ川の上流に近いポイントです。

 

キイロヤマトンボ
佐賀のAポイント

 

砂底もいい感じで、以前はキイロヤマトンボのヤゴが結構いました。30分ほどしか探していませんが、キイロヤマトンボは全く見つからず、いたのはダビドサナエのみ。

ダビドサナエ
ダビドサナエ

 

少し下流の中流域に移動します。ここでは、以前はキイロヤマトンボそこそこ、アオサナエ少しという状況でした。

キイロヤマトンボ
佐賀ポイントB

 

ここも駄目ですね-。いたのはやはりダビドサナエとコヤマトンボのみ。

ダビドサナエ
ダビドサナエ

 

さらに少し下流に移動。このポイントは以前はキイロヤマトンボ多数、アオサナエは少しおり、ここで見つからなければもうアウトです。

キイロヤマトンボ
佐賀ポイントC

 

ここでは何とかキイロヤマトンボは見つかりましたが、下の写真+4頭のみでした。単純に同じ調査時間で見つけたヤゴ数を比較すると10年前に較べて1/10くらいに減った感じです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ

 

ミヤマサナエのヤゴも少しいました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ

 

あとは、やはりどこにでもいるダビドサナエたち。ダビドサナエ強いですね-。

ダビドサナエ
ダビドサナエ

 

今日は別の川も探すつもりでしたが、ヤゴ探しは腰に来る重労働でここでギブアップです。来年採卵が何とかなりそうなのは、最後のポイントのみでした。ヤゴレベルで見ても両種ともやはり確実に減っています。

途中で成虫も少し見ました。やる気満々で縄張りをしているマユタテアカネ♂1、他はウスバキトンボ1、アオモンイトトンボ♂2、最後のポイントではハグロトンボ1も見ました。今年はまだ寒い日がなく12月も迫っているというのにしぶとく生き残っています。

 

ナゴヤサナエ

YAGOPEDIAホームページに、
飼育方法
の項目を追加しました。

 

世間様はお盆、しかも終戦記念日、しかも娘の誕生日だというのに本日もヤゴ活動です。飽きもせずターゲットはミヤマサナエの採卵。

今日は筑後川に来ていて、例によって2年前にはヤゴは少なくとも2カ所で確認しています。まず1カ所目。
少し急な流れが緩やかになり、岸にヤゴが育つ浅いドロがある場所がベストだよな、と実生活では何の役にも立たない知識をフルに動員して探しますが、全くみつかりません。せめてナゴヤサナエでも飛んでいれば少しは気が紛れるのですが、そちらもいません。

移動していい場所がないか探す事にします。車の窓から見える対岸によさそうなポイントがありました。双眼鏡で探すと、石の上にいる小型のサナエは見つかりませんが、ナゴヤサナエが2頭川面を飛んでいます。対岸に移動することにします。対岸で川に入る道はあったのですが、よさげなポイントに到達できるルートが見あたりません。しょうがないので入り口から50mほどヤブ漕ぎしてなんとかたどり着きます。こんな感じです。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ生息場所

 

ミヤマサナエはおらず、ナゴヤサナエも大河の中央近くを飛んでいて証拠写真すら残せません。しばらく暑い中粘りますが何も起こらず、また川の入り口までヤブ漕ぎしてもどっていると、入り口のあたりでサナエが川の方に飛び立ちました。残念ながら飛び方はナゴヤサナエです。同じあたりに戻ってきて止まる事がよくあるので、待っていると来ました。ナゴヤサナエの♂です。草にジャマされて写真がいまいちです。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

入り口の反対方向を見ると、どうもそちら側から川に出たり入ったりしているナゴヤサナエがいます。そっち方向に行ってみるとヤブ漕ぎよりはるかに行きやすく、しかもヤゴが生息出来そうな浅いドロ底がしばらく続いています。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ生息場所

 

オオヤマトンボ♂2も岸沿いをパトロールしています。オオヤマトンボは普通は大きな池がテリトリーですが、筑後川ではドロ岸で流れが緩やかな所は飛んでいてヤゴも見つかります。オオヤマトンボの採卵も出来るかもということで、ここでまた粘る事にします。ナゴヤサナエもすぐ近くの枝に止まってきました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

いまいちの写真ばかりなので、捕獲してちょっとモデルになってもらいました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

それ以上は何も起こりませんでしたが、ナゴヤサナエの採卵を狙うにはここは絶好のポイントになりそうです。若干遠浅で打水産卵中も狙えそうですし、交尾後に着地する木も網が届きそうな範囲にあります。

今日も、ミヤマサナエは成虫にすら出会えない記録を更新してしまいました。今年中に最低♂2がいるポイントを見つけたいものです。写真はミヤマサナエヤゴで、砂の中から見つけた中で最若2齢幼虫と終齢です。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ2齢幼虫

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ終齢