「ナゴヤサナエ」カテゴリーアーカイブ

ナゴヤサナエのヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オナガサナエと、
コフキトンボ
を追加しました。

今日もメインターゲットはミヤマサナエですが、8月15日の場所でナゴヤサナエの採卵がかなり期待出来そうなので、初めにそちらにむかいます。

過去の経験では、ここでは8~9時に産卵や交尾を見る事が多かったので、早めの7時半頃に到着。前回と同じ場所です。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエのいる場所

 

まず、木に止まってお休み中の♀がいないか探しますが、そんな都合のいい話はなくもちろん見つかりません。
♂のパトロールもまだなので、とりあえずヤゴがいないか探してみる事にしました。ざっと探した範囲内で、亜終齢が1頭と終齢の2つ手前(F-2)が2頭いました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ亜終齢
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエF-2

 

さらっと流してしまいましたが、そこまで多産地でない福岡では、実はナゴヤサナエのヤゴを探すのは大変で、おそらくこれまで報告はないと思います。私は、2012年に筑後川のごく小さな支流で1回見つけ、今回は2回目です。
ただ、ここのポイントはもう絶対にいると断言します!というような環境なので、感想としてやっぱりいたなー程度でした。
ナゴヤサナエは、こういう粘土質に近いような泥底が好きです。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエの好むドロ底

 

サナエトンボのヤゴの中にはジェット噴射で泳ぎ続けるヤゴがいて、ナゴヤサナエ、ウチワヤンマ、アオサナエ、オナガサナエがトップ4です。動画も撮ってみましたが、思ったほど勢いよく泳いでくれませんでした。

 

 

この手のヤゴはほとんど止まってくれず、ホームページ用にきれいに撮影しようとすると大変なのですが、秘策があります。冷却です。ヤゴの水の中に氷をいれて冷却すると、段々動きが鈍くなり、ついには止まってしまうのでその隙に撮影してしまいます。今回ホームページにアップしたオナガサナエの終齢は、そうやって撮影しました。冷やすのを止めると、また元気に泳ぎ出します。
さて、ナゴヤサナエヤゴは顕微鏡モード(黒バックの写真ですね)以外はホームページ素材の撮影は全て終了しているので、リリースします。
そうこうしている内に♂のパトロールも始まり、近くにも止まってくれるようになりました。パトロール中の写真も撮ってみましたが、私の腕前ではこの程度の写真しか撮れません。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂
尾部の裏側が黄色
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂パトロール中

 

交尾もナゴヤサナエ確実が2回、あやしいのが2回ありましたが、思惑がはずれ網が届く範囲の木には止まってくれず、いずれも木を飛び越して行ってしまいました。
産卵は気付いた範囲では1回もありませんでしたが、川が大きすぎて川の中央部で産卵されると分からない状態です。このポイントで粘りすぎて時間を使いすぎてしまい、ミヤマサナエの探索時間がなくなってしまいました。
帰りに筑後川の支流に寄ってみました。2-3mくらの川幅しかありませんが、ここで2012年にナゴヤサナエのヤゴを見つけました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエヤゴがいた支流

 

そこから少し下流部で、ミヤマサナエのヤゴがいるポイントです。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴのいるポイント

 

あまり期待はしませんでしたが、やはりミヤマサナエの成虫は見つかりませんでした。ナゴヤサナエでは少し成果がありましたが、ミヤマサナエは相変わらずトンボも見てない状態を更新中です。

それから今日は川で、数少ないトンボ愛好家の方ともお会いしました。最初、筑後川でよく見る釣りをされる方かと思っていましたが、話してみるとこのブログもご存じで、他県から3時間かけてナゴヤサナエの撮影にいらっしゃったそうです。私も、その方が運営されているブログを拝見した事があります。

撮影も無事成功されたとのことで安心しました。

実は、トンボ&ヤゴ道では、メチャクチャがんばった割に何の成果もないなんてこともよくある話なのです。

ナゴヤサナエ

YAGOPEDIAホームページに、
飼育方法
の項目を追加しました。

 

世間様はお盆、しかも終戦記念日、しかも娘の誕生日だというのに本日もヤゴ活動です。飽きもせずターゲットはミヤマサナエの採卵。

今日は筑後川に来ていて、例によって2年前にはヤゴは少なくとも2カ所で確認しています。まず1カ所目。
少し急な流れが緩やかになり、岸にヤゴが育つ浅いドロがある場所がベストだよな、と実生活では何の役にも立たない知識をフルに動員して探しますが、全くみつかりません。せめてナゴヤサナエでも飛んでいれば少しは気が紛れるのですが、そちらもいません。

移動していい場所がないか探す事にします。車の窓から見える対岸によさそうなポイントがありました。双眼鏡で探すと、石の上にいる小型のサナエは見つかりませんが、ナゴヤサナエが2頭川面を飛んでいます。対岸に移動することにします。対岸で川に入る道はあったのですが、よさげなポイントに到達できるルートが見あたりません。しょうがないので入り口から50mほどヤブ漕ぎしてなんとかたどり着きます。こんな感じです。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ生息場所

 

ミヤマサナエはおらず、ナゴヤサナエも大河の中央近くを飛んでいて証拠写真すら残せません。しばらく暑い中粘りますが何も起こらず、また川の入り口までヤブ漕ぎしてもどっていると、入り口のあたりでサナエが川の方に飛び立ちました。残念ながら飛び方はナゴヤサナエです。同じあたりに戻ってきて止まる事がよくあるので、待っていると来ました。ナゴヤサナエの♂です。草にジャマされて写真がいまいちです。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

入り口の反対方向を見ると、どうもそちら側から川に出たり入ったりしているナゴヤサナエがいます。そっち方向に行ってみるとヤブ漕ぎよりはるかに行きやすく、しかもヤゴが生息出来そうな浅いドロ底がしばらく続いています。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ生息場所

 

オオヤマトンボ♂2も岸沿いをパトロールしています。オオヤマトンボは普通は大きな池がテリトリーですが、筑後川ではドロ岸で流れが緩やかな所は飛んでいてヤゴも見つかります。オオヤマトンボの採卵も出来るかもということで、ここでまた粘る事にします。ナゴヤサナエもすぐ近くの枝に止まってきました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

いまいちの写真ばかりなので、捕獲してちょっとモデルになってもらいました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂

 

それ以上は何も起こりませんでしたが、ナゴヤサナエの採卵を狙うにはここは絶好のポイントになりそうです。若干遠浅で打水産卵中も狙えそうですし、交尾後に着地する木も網が届きそうな範囲にあります。

今日も、ミヤマサナエは成虫にすら出会えない記録を更新してしまいました。今年中に最低♂2がいるポイントを見つけたいものです。写真はミヤマサナエヤゴで、砂の中から見つけた中で最若2齢幼虫と終齢です。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ2齢幼虫

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ終齢