「コシボソヤンマ」カテゴリーアーカイブ

コシボソヤンマの産卵とミヤマサナエ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コシボソヤンマの産卵動画を差し替えました。

コシボソヤンマの産卵動画の出来が今ひとつで、撮り直そうということで8月6日と同じ川へ。
最近は特定のトンボがいるはずと思って出かけても空振りすることが多いのですが、ここに来るとコシボソヤンマ、コオニヤンマ、オジロサナエは必ず見られます。安心と信頼の場所です。

天候は曇りで時に薄日が差す程度ですが、産卵は数回見られました。落ち着いて産卵してくれるので、三脚にカメラをセットして撮影する余裕もあり手ぶれなしの動画です。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマの産卵

 

さて、お盆中は霧島と指宿に旅行していましたが、何かトンボもいないかと色々ネットを調べてみました。検索結果を総合すると霧島近くの、とある山頂で避暑中のミヤマサナエに確実に出会えそうです。ミヤマサナエはろくに見ることも出来ず採卵も成功していないトンボです。山頂での交尾態も記録されており採卵もうまくいくかもしれません。
ということで旅行の途中で山頂にアタックしました。しかし、山頂の天候は読めませんね~。地上は上天気なのですが、悪路を苦労してたどり着いた山頂は霧に覆われ雲っています。1頭ミヤマサナエ♂がいましたが、止まっている木の角度が悪く証拠写真もままなりませんでした。とりあえずゲットしてモデルになってもらいました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♂

 

他に2-3頭あやしいのが飛びましたが、着地地点は特定出来ませんでした。

コヤマトンボ採卵

予定していたお盆の旅行が急にキャンセルになりました。今年旅行がつぶれるのは、もう2回目です。

という訳で世間様はお盆休みだというのに、本日もヤゴ活動です。場所は、6月28日に転倒して小指を骨折した川です。両手に棒を持って川を歩き、めちゃくちゃ慎重に移動です。

目的は今日もミヤマサナエで、7年前にはヤゴを確認しています。着いてまず目についたのはコシボソヤンマです。川に木が倒れた所があり、最低2♂がしつこく倒木の回りをパトロールしています。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ産卵木

 

途中で休止中の♂。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ♂

 

♀も1回産卵に来ましたがすぐに行ってしまいました。

ターゲットのミヤマサナエがいないか注意をはらいますが、サナエでいるのはコオニヤンマのみです。

6月28日と全く同じポイントにコヤマトンボが産卵に来たのでゲットしました。

コヤマトンボ
コヤマトンボ♀

 

腹端をカップの水につけてみますが、もちろん産卵はしてくれず。持って帰って産卵箱に入れて採卵を試してみようと思いますが、失敗の可能性が高いです。コヤマトンボの採卵は難しいです。そういう訳で、頻繁に産卵があるあたりの砂も持って返って調べてみる事にします。
こちらは1卵だけですが見つかりました。おそらくコヤマトンボの卵だと思います。他に可能性があるのはコオニヤンマ卵くらいですが明らかにそれとは違います。

コヤマトンボ
コヤマトンボ卵?

 

コオニヤンマ
コオニヤンマ卵(本日撮った写真ではありません)

 

同時に砂の中にいた、コヤマトンボ1齢ヤゴ。中腸の卵黄は緑色です。

コヤマトンボ
コヤマトンボ1齢幼虫

 

8月3日のオナガサナエも今日孵化しました。

オナガサナエ
オナガサナエ孵化直前卵

 

オナガサナエ
オナガサナエ1齢幼虫

 

1番の目的のミヤマサナエは今日も見つからず、採卵どころか成虫も1回も見ていません。