「ベニトンボ」カテゴリーアーカイブ

産卵動画デー

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コフキヒメイトトンボタイワンウチワヤンマハネビロトンボヒメトンボの産卵動画を追加しました。
YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コフキヒメイトトンボの♂が腹面の白色部を♀に誇示して求愛している様子を納めた動画を掲載しました。

沖縄4日目です。今日は産卵動画デーでした。
1時頃までは10月14日と同じコースでダムから流れる川とダムの人工池を探索。

午前中は天気が悪く一時雨が降る曇りでしたが、川岸沿いの少しだけ草が生えてる所でコフキヒメイトトンボがひっそりと活動していました。小さな小さなこのトンボではありがちですが、存在自体には気づいてましたがよくよく見ると結構いました。♂は20頭以上はいるようです。

その中で腹面の白色部を♀に見せて盛んにアピールしている♂がいるのに気づきました。手元にある参考文献にはこの行動は言及されていませんが、他のトンボの行動と照らし合わせると求愛行動と考えていいでしょう。動画にしてみました。

腹面の白色部を誇示して♀に求愛するコフキヒメイトトンボ♂

時々♀につかみかかっていますが残念ながら完全拒否されていました。「日本のトンボ」によると朝夕に交尾することが多いようで、10時頃の撮影なので時間的な要因で拒否されているのかもしれません。

コフキヒメイトトンボ
♀にアタックするコフキヒメイトトンボ♂

なお、背後で流れているカンカンという音(編集増音してあります)は沖縄に住んでいるセミの鳴き声です。最初聞いた時は鳥の鳴き声かと思っていましたが、いたる所でこの音が聞こえてくるので、なるほどセミの声かと気づきました。

産卵もしていたので、まず本日の産卵動画1番目。

コフキヒメイトトンボの産卵

さらにダムの人工池に移動。こういう池です。

ヒメトンボ
ヒメトンボがいる人工池

相変わらず天気が悪くて、その中でも活動が活発なベニトンボ以外はなりを潜めていましたが、12時くらいになり強烈な日差しが届いてきてトンボたちの様子も一変しました。急に活動が活発化し、産卵行動もこの時間帯に集中しました。撮影する方としては、とってもラッキーな展開です。

産卵動画2番目はハネビロトンボで♀の単独産卵です。♂が♀をキャッチ&リリースするスローモーション動画はホームページに掲載済みでしたが、産卵全体の動画はなかったのでホームページにも追加しました。

ハネビロトンボ♀の単独産卵

3番目はヒメトンボの産卵。このトンボも極小なので、産卵を見落としがちです。動画でも、最初は警護飛翔の♂ばかりが目立ち♀がどこで産卵しているか分からないかもしれないです。

ヒメトンボの産卵

4番目はタイワンウチワヤンマの産卵。これは想定外で急に乱入登場してきました。飛び回るのでなかなか動画にしにくいのですが、幸い池が小さいので何とかビデオに納めることが出来ました。

タイワンウチワヤンマの産卵

同属のウチワヤンマは、枯れ枝などの基質上でホバリングして卵を粘着性のあるクモの糸のような物質といっしょにからめますが、タイワンウチワヤンマはこれと異なり水面上に直接産卵することが多いです。また、移動しながら打水産卵することもあります。8月26日に福岡で撮れなかった動画でしたが予期せず沖縄で撮れました。

なお池の中はこんな感じで魚が多く、成長し生き延びるヤゴがいったいどれだけいるのか疑問ですが、他に適当な水域もないせいかここはトンボたちに大人気の産卵スポットになっています。

ヒメトンボ
トンボたちが産卵している池の中

リュウキュウギンヤンマまで現れ背後に見える枯れ葉に産卵しようしましたが、結局産卵せずに行ってしまいました。

リュウキュウギンヤンマ
産卵に現れたリュウキュウギンヤンマ♀

ひとしきり産卵が落ち着いた後は強烈な日差しの下で、飛翔ショットがクリアに撮影出来ました。ギンヤンマとベニトンボの交尾態。

ギンヤンマ
パトロール飛翔するギンヤンマ♂
ベニトンボ
ベニトンボの交尾

その後は、この勢いのままトビイロヤンマの産卵動画をと、10月14日と同じ場所にも行きましたがこちらは不発。トビイロヤンマ♀が計4回現れましたが、湿地上の着地地点が完全に特定できず、そっと近づくのですが見つける前に逃げられてしまいました。写真すら撮れず完敗でした。

トビイロヤンマの産卵(未遂)など

沖縄2日目です。
7月に沖縄に来た時に採卵は大体終わってしまったので、今回は前回撮れなかったトンボショットを色々と撮ってます。

まず、7月6日1カ所目の川に。相変わらずベニトンボがうじゃうじゃいます。
♀の産卵中に、♀を他の♂に盗られてたまるかと警護する♂。

ベニトンボ
♀を警護するベニトンボ♂

その川上流部のダムの人工池。ヒメハネビロトンボ(コモンヒメハネビロトンボ)の産卵がうまく撮れました。♂は♀を一瞬放して♀は下降し単独で打水、すぐに♀は上昇し、さらに♂は♀を一瞬の早業で再キャッチします。

ヒメハネビロトンボ
♀をリリースする♂
ヒメハネビロトンボ
♀が産卵
ヒメハネビロトンボ
♀を再キャッチ

ヒメトンボも同じ人工池にいて普通は近づくと逃げるのですが、簡単に近づける♂がいたのでolympus TG-5で顕微鏡モード撮影。

ヒメトンボ
ヒメトンボ♂

ヒメトンボの産卵も1回あったのですが、うじゃうじゃいるベニトンボがちゃっかいを出しまくりですぐに消えてしまって撮影は出来ませんでした。

2カ所目は滝の下流にある川で初めてくる所です。
前回撮れなかった、リュウキュウハグロトンボの交尾。

リュウキュウハグロトンボ
リュウキュウハグロトンボの交尾

ヤゴも探してみましたが、アマミサナエのヤゴがかなりいました。

最後は、トビイロヤンマのいる7月8日と同じ湿地帯。最低2頭の♀がいたのですが、近くまできて撮れたのはこのショット1枚のみでした。産卵体勢に入ったのですが、産卵基質が気にくわなかったみたいで産卵せずにすぐに離れて行ってしまい、産卵未遂ショットになってしまいました。

トビイロヤンマ
トビイロヤンマ♀

九州のエゾトンボ

2009年にエゾトンボとハネビロエゾトンボの採卵をした大分県の場所に昨日から滞在してます。主に、湿地に細い流れがあるここを中心に観察。

湿地
湿地の細い流れ

エゾトンボというくらいで北海道が本場のトンボですが、先人の努力により九州にも生息が分かっている場所が少しあります。2009年には、ここには両種とも結構いたのですが、その後開発により湿地がつぶされてしまい激減しています。
湿地の草地上をパトロールするエゾトンボをなんとか2頭見つけることが出来ました。しかし、エゾ系はほとんどそれのみ。

エゾトンボ
エゾトンボ♂

写真の細い流れに現れ、流れの直上でホバリングしてすぐに消えたエゾ系は2回見かけました。行動パターンからハネビロエゾトンボ♂の可能性もありますが確認出来ませんでした。

近くには池や溝川があり、そこにいたベニトンボ。

ベニトンボ
ベニトンボ♂

温暖化で北上中のベニトンボは、大分ではすでに色々な場所で見かけます。ベニトンボはインパクトが強いみたいで、お盆に沖縄に遊びに行っていた息子(虫嫌いでトンボにも興味なし)がピンク色のトンボを見たと言ってて、写真を見せたらやはりベニトンボでした。

オジロサナエなど

ようやく梅雨が開けてお出かけしてきました。
まだ川は増水してますが、増水がほぼ関係ない(ダム湖の直下なので放水してない限り増水しないのです)2018年6月10日と同じ場所へ。
特に上流域でも何でもないのですがオジロサナエがいます。♂6頭が縄張りを張ってましたが、もう産卵も終盤みたいで何とか交尾が1回見られたのみでした。

オジロサナエ
オジロサナエの交尾

あとは、コシボソヤンマの産卵も始まってました。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ♀

他にはコオニヤンマ♂4頭、オニヤンマの産卵が1回。あとこんな写真しか撮れませんでしたがベニトンボ♂。

ベニトンボ
ベニトンボ♂

温暖化で北上中のトンボですが、もう福岡でも探せば色々な場所にいそうです。

カラスヤンマなどの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
カラスヤンマ♂のパトロール飛翔と♀の産卵動画を追加しました。

沖縄も遂に梅雨が開けただろう(沖縄は今年、記録的に早く梅雨明け宣言がありましたが外れたみたいです・・・)ということで、今日から家族を残し単独で沖縄入り。
ところが、地元福岡は記録的豪雨になってしまいました。幸い我が家には問題ないみたいですが、最近の梅雨にはシトシト降る季節という印象は全くなくなってしまいました。

さて、時間的余裕はたいしてないので南にも北にも移動しやすい中央部の名護市に宿泊し、知ってるところを回り出来れば採卵もしようという日程です。

朝1番はダム湖の直下でこんな所。

アカナガイトトンボ
ベニトンボとアカナガイトトンボの川

ベニトンボがうじゃうじゃいます。朝8:00頃に着きましたが、その後交尾・産卵も頻繁にあります。ベニトンボは温暖化に伴い北上中のトンボですが、繁殖力が強いみたいで九州北部でもいる場所では多産してます。

ベニトンボ
ベニトンボの交尾態

あとはアカナガイトトンボ。こちらは目についた範囲で♂が10頭程度、♀が数頭。こちらは採卵もしました。

アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボ卵

オオキイロオンボの交尾態も何度か横切り、1回は産卵もしたのですが警戒心が強く近寄らせてくれませんでした。

2番目の場所は山の頂上付近の渓流。

カラスヤンマ
カラスヤンマが産卵していた渓流

カラスヤンマ♂のパトロール飛翔がすぐに見つかりました。オニヤンマとは異なり2~3mの狭い範囲を行ったり来たりせわしなくパトロールしています。動画にしてHPにアップロードしました。

カラスヤンマ
カラスヤンマ♂のパトロール飛翔

14:00頃になり♀の産卵が現れこちらも動画に。産卵は流れのほとんどない湿った砂礫上に尾端を垂直に打ち付ける方法で行ってました(HP動画の最後の方にその様子が映ってます)。

カラスヤンマ
カラスヤンマ♀の産卵

尾端を打ち付けたあたりの砂礫を採集し卵もゲット。大型のトンボですが卵はあまり大きくありませんでした。なお卵は全て4.5倍で撮影してますので、他の卵と大きさを比較できます。

カラスヤンマ
カラスヤンマ卵

他には、チビサナエが♂3♀1いて1回は交尾もありましたが産卵は見られませんでした。

3番目の場所は公園内の小さな池。

リュウキュウカトリヤンマ
3番目の小さな池

目につくのはオオハラビロトンボで♂5頭がバトルしながら縄張ってます。

オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ♂

16:00頃に♀が1回産卵に来て、迫り来る♂たちをかわしながら何回か打水産卵して去っていきました。
あと、この池はリュウキュウギンヤンマの産卵場所でもあるようで、♂が近くを頻繁に横切ります。飛翔写真を撮る時間的余裕はないので、捕まえてモデルになってもらいました。沖縄滞在中のトンボ写真はキャッチ写真が増えると思います。

リュウキュウギンヤンマ
リュウキュウギンヤンマ♂

通常のギンヤンマよりかなり大きめのヤンマです。♂で全長83~99mm(日本のトンボより引用)。

17:00頃になり大型の黒い影が池面を横切りました。2018年にこの池でオオメトンボのヤゴを採集してたのですが、オオメトンボにしては大きすぎる気がします。まもなく、正体が分かりました。
池の奥の部分は水がほとんどなく湿った地面になっており、その部分でリュウキュウカトリヤンマ♀3頭が産卵を始めました。
通常のカトリヤンマに比べかなり褐色味が強く、暗い場所でみると黒っぽいトンボに見えます。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマ♀

産卵を動画にしてみました。

産卵用の容器を持ち合わせていなかったので、1頭はキャッチして持ち帰ったところ、翌日キッチンペーパーに産卵してくれました。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマの卵

1日を目一杯使って沖縄のフィールドを駆け巡り、これでようやく初日終了です。

福岡のベニトンボヤゴ

タイワンウチワヤンマのヤゴが必要でこういう池に取りに行ってきました。

ベニトンボ
ヤゴを探した池

コシアキトンボヤゴとモノサシトンボヤゴがいっぱい網に入る中、ちょっと違う小型ヤゴが1頭入りました。側棘がなくつるっとした見覚えのあるフォームです。これはベニトンボのヤゴ。

ベニトンボ
ベニトンボのヤゴ

そういえばこの池には昨年9月8日にベニトンボがいたのでした。ちゃんと繁殖もししてて、暖冬だったとはいえ無事ヤゴは越冬してたのですね。翅芽もパンパンでもうすぐ羽化しそうです。

タイワンウチワヤンマのヤゴも何とか1頭見つかりました。

タイワンウチワヤンマ
タイワンウチワヤンマのヤゴ

福岡のベニトンボ

3週間ほど秋雨で出かけられませんでしたが(本来なら夏真っ盛りのはず)、本日は久しぶりに晴れの休日になりました。ということで、特にあてはありませんが行きつけの池へ。こんな感じの池です。

池
本日の池

最初ショウジョウトンボかと思いましたが少し小型の真っ赤なトンボが。ベニトンボ♂でした。

ベニトンボ
ベニトンボ♂

福岡でも所々で目撃されているようですが、個人的には福岡で見るのは始めてです。九州北部でもいる所にはどっさりいますが、この池では今後どうでしょうか?
下は同じ池にいたショウジョウトンボ♂。

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ♂

かなり似ていますが、ベニトンボより少し大型で胸部には目立った斑紋はありません。
他には、ホバリングを繰り返すギンヤンマ♂がいたのでその写真を撮ったり。

ギンヤンマ
ギンヤンマ♂

秋雨が終わった途端、またまたの猛暑になってしまい本日は早々と引き上げました。

チビサナエヤゴの生態動画など

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ベニトンボハラボソトンボの産卵動画を追加しました。
チビサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。
アカナガイトトンボのトンボ画像を追加しました。

沖縄で更新出来なかった分です。

まず、5月3日の場所で記録したハラボソトンボの産卵動画。

ハラボソトンボ
ハラボソトンボの産卵

 

次は、5月4日の2番目の渓流で撮ったチビサナエヤゴの動き。

チビサナエ
チビサナエヤゴの動き 砂への潜り込み

 

5月6日の池での、ベニトンボの産卵。

ベニトンボ
ベニトンボの産卵

 

下は、オオキイロトンボとコシブトトンボヤゴの立体画像です。トンボ科で最も大きいヤゴひとつと、最も小さいヤゴのひとつです。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボのヤゴ トンボ科で最も大きいヤゴのひとつ

コシブトトンボ
コシブトトンボのヤゴ トンボ科で最も小さいヤゴのひとつ

コシブトトンボの採卵

今年のGWも昨年に続き、沖縄観光&トンボ探索です。
福岡近郊のトンボ&ヤゴはすでに網羅してしまったので、種類が多い沖縄のトンボに進出です。

しかし、残念ながら天気に恵まれませんでした。昨日までは、まあまあの天気予報だったのですが朝起きてみると雨。青の洞窟でのシュノーケリング予定も急遽2日後に延期し、とりあえずあるダムへ向かいます。
こういう生息環境です。

コシブトトンボ
コシブトトンボヤゴのいた場所

コシブトトンボ
コシブトトンボヤゴと成虫がいた場所

 

傘を差して雨を避けながらの苦しい作業ですが、コシブトトンボのヤゴを見つけました。日本では、ハッチョウトンボに次ぐ小型トンボです。

コシブトトンボ
コシブトトンボヤゴ

 

天気は悪くても遠くまで飛んでいくようなトンボではなく、草地の狭い範囲に数頭の成虫が集まっているのを見つけました。

コシブトトンボ
コシブトトンボ♂

コシブトトンボ
コシブトトンボ♀

草地の中での交尾もあり。

コシブトトンボ
コシブトトンボの交尾

 

午後になり少し薄日が差す時間帯があり、産卵撮影を狙いましたが、1回だけあった貴重なチャンスは撮り逃してしまいました。しかし、♀からの採卵は成功したので、持って帰って飼育してみます。

他に少しいたのは、ベニトンボ♂未熟、ハラボソトンボ、ショウジョウトンボの沖縄個体群(いわゆるタイリクショウジョウトンボ)などでした。

ベニトンボ
ベニトンボの♂未熟