「オナガサナエ」カテゴリーアーカイブ

ミヤマサナエ探し

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
タカネトンボ産卵動画を、産卵様式の特徴がわかる動画と差し替えました。

8月13日~14日はミヤマサナエ探しをしていました。

8月13日は大分県をウロウロ。まず、エゾトンボが見られる湿地に立ち寄りましたが、今年は暑すぎて早くもシーズンオフでしょうか?。全く気配がありません。

次に、以前ミヤマサナエのヤゴがたくさんいた九重高原の川へ移動。ヤゴが生息していた部分はかつては橋があり、その近辺にいい具合に砂泥があったのですが、今は橋もなくなり川の流れも速くなっています。それでも、雰囲気的にはいい感じですがミヤマサナエはいませんね~。さらに上流に移動。いるのは無数のミヤマアカネ。福岡ではこんな川は考えられずグッド。

ミヤマアカネ
暑い中、石上のミヤマアカネ

 

あとは10頭程度のオナガサナエ。

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

ミヤマアカネとオナガサナエはいますが、肝心のミヤマサナエはやはりいません。これで8月13日は終了。

8月14日は、福岡の筑後川に移動しました。筑後川沿いの砂泥中からミヤマサナエヤゴはよく見つかります。2015年8月23日と同じ場所です。下図の部分や近辺の川岸の石上などを探します。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴがいた場所

 

やはりミヤマサナエはいません。いるのは数頭のコフキトンボやアオモンイトトンボのみ。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

時期的には川面をナゴヤサナエが飛んでいてもおかしくないのですが、そちらもいません。2016年以後はナゴヤサナエもまともに見ていません。

さて、最後はまたまた背振山頂に移動。葉上になんとかミヤマサナエ♂が1頭いました。

ミヤマサナエ
葉上のミヤマサナエ♂

 

タカネトンボの池で産卵動画を撮り直しました。
タカネトンボは少し変わった産卵様式をとり、今度の動画ではそれがよくわかります。
普通のトンボだと下の画像の打水で産卵ですが、タカネトンボは違います。ここでは産卵弁に水滴をためているだけ。

タカネトンボ
打水するタカネトンボ

 

産卵弁にためた水滴中に排卵します。

タカネトンボ
産卵弁の水滴に排卵

 

こっちが本当の産卵。体を振って水滴といっしょに卵を水際の植物などにふりかけます。

タカネトンボ
タカネトンボの産卵

 

他にいたトンボは、ウスバキトンボ多数、オニヤンマ少々、エサを求めて山頂まで上がってきたコオニヤンマ1頭。

コオニヤンマ
山頂のコオニヤンマ

 

上方に気をつけながら歩くとネキトンボ♀も10頭程度いました。下の画像は5mくらい上の電線上にいたネキトンボ♀。

ネキトンボ
ネキトンボ♀

 

結局、今回もミヤマサナエ探しは不発に終わりました。もはや山頂でしか見つかりません。いったいどこにいるのでしょうか。

キイロヤマトンボ

2009年のゲリラ豪雨後、数を減らして最近見ていないキイロヤマトンボですが、ヤゴは毎年確認しています(2017年12月3日)。

6月21日の午後に川の下見に行ってきましたが、「キイロヤマトンボでまず間違いないでしょ!」という飛び方をするトンボがいました。今日は久しぶりに会えるはずと出かけてきました。
ちなみにコヤマトンボ♂は岸沿いの広い範囲をビュンビュンと往復パトロールし、キイロヤマトンボ♂は広く浅い砂底の場所をグルグルとパトロールします。

まず8:00頃にこういう所へ。早速キイロヤマトンボ♂がいました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

 

飛翔写真を撮る技術がなく、また採卵が最大の目的のため♂がいるとジャマされるので、捕獲してモデルになってもらい追い払いました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂

 

他のポイントでも♂が飛んでいるのを確認しましたが産卵♀は現れず、10:00過ぎ頃になると♂も飛ばなくなりました。

他にいたのは、コオニヤンマ、クロイトトンボ、コフキトンボ、オナガサナエなど。
オナガサナエは羽化殻が数個ありました。

オナガサナエ
オナガサナエ羽化殻

 

オナガサナエ♀。羽化に失敗したみたいで、羽が変形しています。

オナガサナエ
羽化不全と思われるオナガサナエ♀

 

すでに縄張りを張っているオナガサナエ♂もいました。梅雨の本格的な雨もまだですが、川のトンボは夏のものに変わりつつあります。

オナガサナエ
オナガサナエ縄張り♂

 

真昼は産卵イベントは起こらないと思われるので、6月10日のキイロサナエの場所に移動しました。
う~ん、今回もキイロサナエは♂の1頭すら見つかりません。毎年そこそこの数がいたのですが、今年は2回来て全く見つかりません。何が原因かわかりませんが、いなくなってしまったのでしょうか?
多かったのコフキトンボ。

コフキトンボ
コフキトンボ♀

 

コフキトンボ♀は縄張り♂と同じように穂先に止まっているので、ちら見では♂との鑑別がやっかいです。

14:30頃に午前中の川に戻ってきました。
今度はポイントを変え、午前中にやはり♂がいたこういう場所で産卵♀を待ち構えることに。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

 

コヤマトンボの例で考えると、キイロヤマトンボの採卵は難しいと思われます(2015年8月14日参照)。採卵はコヤマトンボと同じで、産卵されたポイントの砂を持って帰って卵を探し出す地道な方法でいこうと思います。
ここのポイントは川幅の範囲は広いのですが、水深は20cm程度しかなく、流れも極めてゆっくりで午前中の場所よりそういう方法での採卵が簡単そうです。

15:17になり♂よりがっしりしていて明らかに黄色みが強い個体が川下から現れました。キイロヤマトンボ♀です。まず産卵ビデオを撮ろうとしましたが、間違って連写シャッターを押したり何だのでバタバタしてしまい、ポチャッと打水した場所もピンポイントで特定出来ませんでした。結局撮影も、採卵も失敗。作戦変更し、写真は諦めて打水地点の特定に集中することに。
15:40頃に2度目の♀が現れました。今回はポチャッとやった場所を覚えて、そのあたり30cm四方程度の砂を採取しました。もう少し採卵を確実にしたいので、17:00まで粘ってみましたが産卵は結局この2回のみでした。

途中、♂の飛翔写真もトライしましたが下の写真程度でお粗末。キイロヤマトンボはこういう感じで砂底の上を飛んでます。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂の飛翔

 

こちらはコヤマトンボ♂。こういった感じで岸の植生沿いを飛びます。

コヤマトンボ
コヤマトンボ♂の飛翔

(司令塔である)頭を動かさないのはスポーツの基本ですが、トンボは人間の常識を越えてますね。頭に対する体の向きが変です。

その後家で砂を調べましたが、卵は見つかりませんでした。見落としがあるかもしれないので、孵化してこないかもうしばらく砂は保存してみます。
ちなみに午前中の場所でも適当に砂を採集していたのですが、こちらにはアオサナエの4齢ヤゴがいました。アオサナエもこの川ではなかなか見なくなっていますが、ちゃんとここで産卵していたのですね。

真夏のサラサヤンマとオナガサナエの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オナガサナエの産卵動画とトンボ画像を追加しました。

まず7月20日の池に。ここでは最近行くたびに、本命はいなくて想定外のトンボがいるのですが、今日もそうでした。

サラサヤンマ
サラサヤンマ♂

 

真夏のサラサヤンマ。
この池にはサラサヤンマは元々いて、撮影が必要な場合はいつもここに来るのですが、7月22日に見るとは思っていませんでした。
フィールドガイド「日本のトンボ」を見ると、成虫の生存期間は8月までになっていますが、おそらく発生が遅い日本北部のデータだと思います。
福岡で7月22日となるとかなり遅い記録ではないでしょうか?

その後川へ。今が盛りのオナガサナエの産卵動画目的ですが、遅い時間にならないと産卵がスタートしないのが難点です。
夕方7時頃になってから、そろそろ撮影準備といった感じです。
6時50分頃に川に入ってきたトンボがいて、遠目にはホバリングを始めたように見え、産卵かと思いましたが違いました。

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

草の先端に止まっていたまぎらわし姿勢のオナガサナエ♂。岩に止まって縄張りすることが多く、オナガサナエとしては珍しい止まり方です。

ちょうど7時になり産卵♀が1頭現れました。

オナガサナエ
オナガサナエの産卵

 

幸い♂に気付かれなかったので、ゆっくり産卵してくれ、無事動画も撮れました。
最後に1回打水して去った途端に、結局♂に捕まっていました。
空中から卵の落ちる様子が良く分かるように、後の方に拡大した動画も挿入してあります。

キイロヤマトンボ・・・やはりいない

今日は6月22日とほぼ同じ目的かつ同じルートで行動。違う点は、天気が良くムチャクチャ暑かったことです。

暑すぎてオベリスク姿勢のヒメサナエ♂。

ヒメサナエ
オベリスク姿勢のヒメサナエ♂

 

一応産卵動画も撮れたのですが、ピントが微妙に動いて出来は今ひとつでした。これは動画から切り出した、ピントがきている瞬間のヒメサナエ♀産卵。

ヒメサナエ
ヒメサナエ♀産卵

 

次にキイロヤマトンボの川へ。6月22日が以前キイロヤマトンボを見かけていた最下流で、6月10日のアオサナエの場所が最上流なので、その中間地点へ。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ狙いの場所

 

両岸が林で囲まれ砂底も広く、雰囲気はいいのですが産卵場所としては水深が深いのが難点です。この付近だけ膝下くらいの水深なので、ここで待つことにします。
ところで今週は梅雨らしい雨天続きで、例年通りであれば増水して川に入るどころではないのですが、これまでの渇水がひどすぎて川面は全くおだやかです。

1回トンボの産卵 or 水浴びの動きがあり、ドキッとしましたが、正体はありがちなウスバキトンボの水浴びでした。それ以外は何もなし。

ウスバキトンボ
水浴び後枝に止まるウスバキトンボ

 

ほんの少し下流で以前はキイロヤマトンボヤゴもいた場所に移動。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ狙いの場所

 

2回ヤマトンボ系を見かけて川岸に沿う飛び方はコヤマトンボ♂だと思いましたが、羽が黒っぽく見えたので♀だったかもしれないです。

他のイベントは起こらず、帰り始めたところで岩の上に少し大きめのトンボを発見。オナガサナエ♀でした。自然の中の♀を撮る機会はなかなかないので、色々な方向からバシャバシャと撮影。全く逃げず、下の写真は20cmぐらい手前からのマクロ撮影です。

オナガサナエ
オナガサナエ♀

ヤゴの生態動画 オナガサナエ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オナガサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

オナガサナエヤゴねらいで12月3日の川の別のポイントに行ってきました。
流水性サナエヤゴの大半は流れが緩む浅い岸沿いの砂中にいますが、オナガサナエは流れの中の岩の影にいることが多いです。こういう岩を動かして砂をすくうと見つかります。

オナガサナエ
オナガサナエヤゴが潜むポイント

 

2頭の終齢ヤゴがみつかり、例によって水中動画を撮影しました。

オナガサナエ
オナガサナエヤゴ

 

かなりの種類のヤゴは擬死(不動反射)をします。逃げても逃げ切れない捕食者(魚など)がいる場所に生息するヤゴたちの生き残り戦略です。おおざっぱに分けて、長時間or短時間、体を反らすor反らさない、脚をぴったり体につけるor脚を開く、に分けることが出来ます。オナガサナエは、脚を開き短時間で体を反らすタイプです。
olympus tg-4で深度合成撮影してみました。

オナガサナエ
オナガサナエヤゴの擬死

 

ゲリラ豪雨のダメージ後も沿岸工事が続き、かなり荒廃してしまった川ですが、久しぶりに行くとかなり以前のイメージに戻っていました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴのいる川

 

いそうな場所をガサガサしてみると、キイロヤマトンボの若齢ヤゴが20頭近く見つかりました。キイロヤマトンボに関しては、来年、再来年とかなり復活してくるのではないかと思います。

 

お知らせとヒメアカネの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ヒメアカネの産卵動画を追加しました。

今日もターゲットは地道で、ヒメアカネの産卵動画です。天気予報は曇り時々雨ですが午前中は少し晴れ間もあり、産卵が始まる昼前頃までは何とか持ちそうです。アカネを含め、かなりの数のトンボは晴れてくれないと産卵してくれないのです。

その前に、季節はずれのミヤマサナエがいないか以前♂の縄張りを見たことがある場所にちょっと寄り道です。昨年7月30日と同じ川です。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴの場所

 

ミヤマサナエはいませんんでしたが、オナガサナエ♂はまだいました。

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

砂の中を少し探してみると、キイロヤマトンボのヤゴも1頭いました。以前はそこそこの数がいましたが、福岡では2009年7月にこの川が氾濫するゲリラ豪雨があり地形も変わってしまい 、以後キイロヤマトンボや他のトンボも激減してしまいました。こうして生き残ってはいるので、段々と回復するのを期待するのみです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴ

 

さて、目的の場所です。少し上に池が有りいつもチョロチョロとした流れがあって小さい湿地になっています。

ヒメアカネ
ヒメアカネの場所

 

到着した頃には曇りになっていましたが、縄張りをはる♂が3頭います。

ヒメアカネ
ヒメアカネ♂

 

少し待っていると交尾ペアが現れました。このペアが着地点を探し移動するのにつられ、草むらから♂が7-8頭飛び出します。意外に多くの♂が隠れていました。残念ながら産卵は草陰で行われピントもうまく合わず動画はいまひとつですがホームページにアップしました。

ヒメアカネ
ヒメアカネの交尾

 

9月22日のミルンヤンマ産卵動画の出来が残念すぎるので帰り道の渓流に寄りました。

ムカシトンボ
ムカシトンボの場所

 

こちらの方が9月22日の場所より自然度が高く、岩を裏返すとすぐにムカシトンボヤゴが見つかりますが、福岡市街からは少し遠いんですよねー。2014年11月にここでムカシトンボの若齢ヤゴ探しをした時には、40頭近くが見つかりました。ミルンヤンマの産卵は現れませんでした。雨も降り出したので早々に退散となりました。

ムカシトンボ
ムカシトンボヤゴ

 

ナゴヤサナエのヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オナガサナエと、
コフキトンボ
を追加しました。

今日もメインターゲットはミヤマサナエですが、8月15日の場所でナゴヤサナエの採卵がかなり期待出来そうなので、初めにそちらにむかいます。

過去の経験では、ここでは8~9時に産卵や交尾を見る事が多かったので、早めの7時半頃に到着。前回と同じ場所です。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエのいる場所

 

まず、木に止まってお休み中の♀がいないか探しますが、そんな都合のいい話はなくもちろん見つかりません。
♂のパトロールもまだなので、とりあえずヤゴがいないか探してみる事にしました。ざっと探した範囲内で、亜終齢が1頭と終齢の2つ手前(F-2)が2頭いました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ亜終齢
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエF-2

 

さらっと流してしまいましたが、そこまで多産地でない福岡では、実はナゴヤサナエのヤゴを探すのは大変で、おそらくこれまで報告はないと思います。私は、2012年に筑後川のごく小さな支流で1回見つけ、今回は2回目です。
ただ、ここのポイントはもう絶対にいると断言します!というような環境なので、感想としてやっぱりいたなー程度でした。
ナゴヤサナエは、こういう粘土質に近いような泥底が好きです。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエの好むドロ底

 

サナエトンボのヤゴの中にはジェット噴射で泳ぎ続けるヤゴがいて、ナゴヤサナエ、ウチワヤンマ、アオサナエ、オナガサナエがトップ4です。動画も撮ってみましたが、思ったほど勢いよく泳いでくれませんでした。

 

 

この手のヤゴはほとんど止まってくれず、ホームページ用にきれいに撮影しようとすると大変なのですが、秘策があります。冷却です。ヤゴの水の中に氷をいれて冷却すると、段々動きが鈍くなり、ついには止まってしまうのでその隙に撮影してしまいます。今回ホームページにアップしたオナガサナエの終齢は、そうやって撮影しました。冷やすのを止めると、また元気に泳ぎ出します。
さて、ナゴヤサナエヤゴは顕微鏡モード(黒バックの写真ですね)以外はホームページ素材の撮影は全て終了しているので、リリースします。
そうこうしている内に♂のパトロールも始まり、近くにも止まってくれるようになりました。パトロール中の写真も撮ってみましたが、私の腕前ではこの程度の写真しか撮れません。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂
尾部の裏側が黄色
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂パトロール中

 

交尾もナゴヤサナエ確実が2回、あやしいのが2回ありましたが、思惑がはずれ網が届く範囲の木には止まってくれず、いずれも木を飛び越して行ってしまいました。
産卵は気付いた範囲では1回もありませんでしたが、川が大きすぎて川の中央部で産卵されると分からない状態です。このポイントで粘りすぎて時間を使いすぎてしまい、ミヤマサナエの探索時間がなくなってしまいました。
帰りに筑後川の支流に寄ってみました。2-3mくらの川幅しかありませんが、ここで2012年にナゴヤサナエのヤゴを見つけました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエヤゴがいた支流

 

そこから少し下流部で、ミヤマサナエのヤゴがいるポイントです。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴのいるポイント

 

あまり期待はしませんでしたが、やはりミヤマサナエの成虫は見つかりませんでした。ナゴヤサナエでは少し成果がありましたが、ミヤマサナエは相変わらずトンボも見てない状態を更新中です。

それから今日は川で、数少ないトンボ愛好家の方ともお会いしました。最初、筑後川でよく見る釣りをされる方かと思っていましたが、話してみるとこのブログもご存じで、他県から3時間かけてナゴヤサナエの撮影にいらっしゃったそうです。私も、その方が運営されているブログを拝見した事があります。

撮影も無事成功されたとのことで安心しました。

実は、トンボ&ヤゴ道では、メチャクチャがんばった割に何の成果もないなんてこともよくある話なのです。

ミヤマサナエ探索

夏の間の課題、ミヤマサナエ採卵目的で大分県の九重まで出張です。ヤゴはちゃんと見つかるのですが、いまだにミヤマサナエの成虫が確実に縄張りをはる場所が発見できません。九重でもミヤマサナエの成虫は発見出来ていないです。こんな場所で、少なくともヤゴはいるのですが、トンボはいません。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴの場所

 

この場所の前後の川岸も調査してみますが、理想的なポイントは見つからずミヤマサナエも発見できません。理想的なポイントのイメージとしては、早い流れが終わり緩やかな瀬になり、あまり深くなく、両岸が開け、川や岸に岩がゴロゴロと飛び出しているポイントです。特に堰や橋の下なんかで、こういうポイントがあればベストです。川の前後を調べていると、場所によっては牛の臭いがしてきます。川岸で放牧したり洗ったりしているのでしょうか?九重まで来たなーという感じです。

理想的なポイントは見つからず、ここで待つ事にします。ここは自然環境は最高で、福岡ではなかなかお目にかかれなくなった、アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボがいたる所にいます。福岡では局地的にしか見られないミヤマアカネもうじゃうじゃ飛んでいます。

アキアカネ
アキアカネ♀
ナツアカネ
ナツアカネ♂
ノシメトンボ
ノシメトンボ♀
ミヤマアカネ
ミヤマアカネ♂

 

今はハグロトンボが全盛ですが、アオハダトンボもまだかなり残っています。

アオハダトンボ
アオハダトンボ♀
アオハダトンボ
アオハダトンボ♀

 

17時頃に川面をすばやく移動しホバリングするサナエがいました。尾端の方に黄色い部分が目立たず、きっと違うだろうと思いながら一応捕獲。オナガサナエの♀でした。記念撮影だけして逃がし、産卵業務に戻ってもらいます。

オナガサナエ
オナガサナエ♀

 

途中で黒い雲が出始め、遠くでカミナリの音もしてあまり長い時間粘れませんでした。結局、ミヤマサナエとは出会えずでした。ウーン、ミヤマサナエはなかなかきびしい。

オナガサナエ採卵

7月30日のオナガサナエが産卵しました。
オナガサナエとアオサナエはヤゴが似ていますが、卵も砂に付着する粘着部分の形状がよく似ています。

オナガサナエ
オナガサナエ卵

 

アオサナエ
アオサナエ卵

 

こちらは終齢のヤゴです。写真だとかなり違って見えますが、フィールドでは色彩も含め紛らわしい場合があります。触角で鑑別し、オナガサナエが平たいのに対しアオサナエは棍棒状です。

オナガサナエ
オナガサナエ終齢ヤゴ

 

アオサナエ
アオサナエ終齢ヤゴ

アオビタイトンボ、マルタンヤンマ♂

アオビタイトンボの観察と、ハネビロトンボの採卵も出来ないかと福岡市近郊の池に来ました。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボがいる池

 

アオビタイトンボは♂は10頭近くいて、この池にはすでに定着していると思います。午後の暑い時間帯なので、暑さを避けるためみんなオベリスク姿勢をしています。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ♂

 

ハネビロトンボは飛来種ですが、7-8年前は福岡周辺ではごく普通に見られて、越冬ヤゴも確認出来、もう定着したかのようでしたが、その後ほとんど見なくなってしまいました。しかし、ここ2ー3年また見る機会が少し増えてきた印象です。この池では昨年1回だけ産卵を見たので、少し期待したのですが1頭もいませんでした。
アオビタイトンボの♀はいませんが、きっと木陰の枝先に止まっているだろうと探してみたら、やはりいました。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ♀

 

あとは、チョウトンボが全盛期で多数いて産卵も頻繁に見られました。ただでさえ熱を吸収しそうな真っ黒なトンボなのに、猛暑の中一番活動性が高いです。他には、キイトトンボ、ベニイトトンボ多数、ショウジョウトンボ、ネキトンボ中等数、ギンヤンマ、ホソミオツネントンボ数頭といったところでした。暑すぎてチョウトンボ以外はあまり活動していないので、次はもう少し夕方近くに来る事にしましょう。午前中に来るのがベストなのですが、ここは施設内の池で土日は入れないのです。

次にむかったのは、新たなネアカヨシヤンマの産地探しです。7月25日の場所にはもういなさそうなので、6月20日のアオヤンマの池に行ってみました。この池は市街地にあるのですが、回りが木々に囲まれて外から完全にブロックされています。一部湿地状になった部分はサラサランマが飛び、そのあたりにネアカヨシヤンマがいそうな怪しそうなスポットがあります。池に入るとすぐにヤンマが地面近くから枝に飛び上がりました。体型はネアカヨシヤンマと明らかに違っていますが、どうもアレッぽいです。撮影してみると、初めて見るマルタンヤンマの♂でした。♀の産卵はこの池でよく見ていましたが、ようやく♂にも出会えました。ブルーの綺麗な複眼を持つトンボで、トンボ愛好家たちのNo1ターゲットです。蚊の猛攻撃をうけながら、写真を撮りまくりました。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ♂

 

ネアカヨシヤンマは残念ながらいませんでしたが、怪しすぎるのでもう1回くらい来てみよう。池の他の部分も見ていると、ここにもアオビタイトンボの♀がいました。福岡県で私の見た範囲で4カ所目です。もう福岡県にもかなり拡散している感じです。

アオビタイトンボ
アオビタイトンボ♀

 

次は、前回うまくいかなかった、オナガサナエの採卵です。遅めの6時半くらいに川に行ってみました。前回よりかなり増えていて、目に入る範囲内だけで10頭以上の♂が縄張りしており、すでに活発に追っかけあいをしています。シルエットを見る限り、ミヤマサナエ♂はいなさそうです。これだけ♂が多いと、♂より先に産卵♀を見つけるのはほぼ不可能か?

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

しかし、意外な事に7時10分くらいになり、♂にも気づかれずに岸のすぐ近くで♀が悠々と産卵を始めました。6月14日のキイロサナエでもそうでしたが、♂は高速に入ってくる♀は敏感に反応してキャッチしますが、ホバリングしながらゆっくり移動する産卵♀にはどうも鈍感な感じがします。とにかく♂に気付かれる前にということで、あせりながら♀を捕獲します。

この♀もカップの水に腹端をつけるだけでは産卵してくれませんでした。オナガサナエの採卵は簡単だと思っていましたが、どうもそうではないようです。その後もう少し粘ってみましたが、産卵4-5回、交尾態を4回見たあたりで結構暗くなってきたので、川を離れることにしました。採卵のため♀2も持ち帰ります。今回はうまくいくといいのですが。