「コヤマトンボ」カテゴリーアーカイブ

若齢ヤゴ高倍率撮影

ウチワヤンマ卵~3齢、タイワンウチワヤンマ卵~2齢、コオニヤンマ卵~3齢、コヤマトンボ卵~2齢を高解像度画像で差し替えました。
オオヤマトンボの5齢画像が欠落していたので補充し、3~6齢画像を同一個体の画像で差し替えました。

今の所キイロヤマトンボとミヤマサナエの2種は採卵が出来ていません。
ミヤマサナエについては、今年はかろうじて2カ所の山頂で避暑中の個体は見ることが出来ました。
ここの所ミヤマサナエの採卵のため、いくつかの川を探しまくっていましたが今年もやはり駄目なようです。う~ん、難しい。

さて、中一光学の4.5倍マクロレンズで撮影しなおした卵~若齢ヤゴが4種ほど出来上がりましたのでホームページの画像を差し替えました。

左が従来画像で右が差し替えた1齢画像です。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマの1齢画像

 

タイワンウチワヤンマ
タイワンウチワヤンマの1齢画像

 

コオニヤンマ
コオニヤンマの1齢画像

 

コヤマトンボ
コヤマトンボの1齢画像

 

オオヤマトンボも5齢画像の撮影に失敗していて、今までその画像が欠落していましたが、フィールドのドロから3齢ヤゴを見つけましたので、6齢まで育てて画像を補充しました。

ヤゴの生態動画 キイロヤマトンボなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アサヒナカワトンボコオニヤンマコヤマトンボキイロヤマトンボヤマサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

ヒメクロサナエヤゴの動画を、終齢ヤゴの動画と差し替えました。

ドボンと水に沈めて撮影できるOlympus tg-4の水中動画撮影が面白いです。今日もヤゴの動画撮影目的で川に行ってきました。

問題点はカメラを水中に沈めると角度によっては液晶が反射で全く見えなくなることです。少し工夫をしてみました。
当初はスマホからカメラをコントロールするアプリOl.shareを使って、スマホ画面を見ながら撮影しようと思っていたのですが、残念ながらアプリにあるのは写真用シャッターのみで動画用シャッターが用意されていません。
そこで百均で買ったコンパクトミラーを写真のように工作。鏡をおおうカバーはアルミ製でハサミで切れるのでカット。他にネットで666円で買ったゴリラポッド風三脚を用意しました。簡易的なクイックシュー仕様となっています。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

クイックシューネジとカメラの間にコンパクトミラーをセット。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

必要な場合は三脚をつけて使うことも出来ます。鏡の角度も液晶が見やすい角度に変えられるので、鏡に映った液晶の映像を見ながら撮影することが出来ます。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

さて向かった先は自然度が高いものの2009年ゲリラ豪雨で、生態系ダメージをこうむってしまった9月25日と同じ川です。
こういう川底で以前はキイロヤマトンボやアオサナエヤゴがそこそこいました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴがいる川底

 

キイロヤマトンボは今年孵化したと思われる若齢ヤゴ1頭しか見つかりませんでしたが、とりあえず今年も産卵はあったようです。
多いのはダビドサナエヤゴですが、7-8頭しか見つかりません。
他は、ヤマサナエヤゴが1頭。

ヤマサナエ
ヤマサナエヤゴ

 

コオニヤンマの終齢ヤゴが2頭。

コオニヤンマ
コオニヤンマヤゴ

 

少し下流に移動しました。川底はこういう感じで泥や枯葉も少し堆積しています。

コヤマトンボ
コヤマトンボヤゴがいる川底

 

以前は、こういう所にはコヤマトンボのヤゴがウジャウジャいる感じでしたが、終齢2頭しか見つかりませんでした。

コヤマトンボ
コヤマトンボヤゴ

 

キイロヤマトンボの終齢ヤゴも2頭潜んでいました。やや砂礫が混じった程度のきれいな砂底で見つかることが多いヤゴですが、こういう所にいる場合もあります。他に若齢ヤゴも周辺に2頭いました。キイロヤマトンボ採卵はまだ成功していませんが、この場所は来年少し期待が出来そうです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴ

コヤマトンボ卵孵化直前

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
サラサヤンマと、
アキアカネ
を追加しました。

8月14日の卵が、孵化間近になってきました。
卵黄も緑でコヤマトンボ卵確定です。8月14日のコヤマトンボ♀は結局産卵してくれず、川砂から見つけた1卵のみがコヤマトンボ卵の写真記録となりました。

コヤマトンボ
コヤマトンボ卵孵化直前
コヤマトンボ
コヤマトンボ卵孵化直前

オニヤンマは1カ所で集中的に産卵するので、砂からの採卵は容易ですが、コヤマトンボは流れる川に移動しながら打水産卵していくので、1卵を得られたのは偶然としかいいようがないです。いずれにしろ、ようやく超難関のコヤマトンボ採卵クリアーです。

コヤマトンボ採卵

予定していたお盆の旅行が急にキャンセルになりました。今年旅行がつぶれるのは、もう2回目です。

という訳で世間様はお盆休みだというのに、本日もヤゴ活動です。場所は、6月28日に転倒して小指を骨折した川です。両手に棒を持って川を歩き、めちゃくちゃ慎重に移動です。

目的は今日もミヤマサナエで、7年前にはヤゴを確認しています。着いてまず目についたのはコシボソヤンマです。川に木が倒れた所があり、最低2♂がしつこく倒木の回りをパトロールしています。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ産卵木

 

途中で休止中の♂。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ♂

 

♀も1回産卵に来ましたがすぐに行ってしまいました。

ターゲットのミヤマサナエがいないか注意をはらいますが、サナエでいるのはコオニヤンマのみです。

6月28日と全く同じポイントにコヤマトンボが産卵に来たのでゲットしました。

コヤマトンボ
コヤマトンボ♀

 

腹端をカップの水につけてみますが、もちろん産卵はしてくれず。持って帰って産卵箱に入れて採卵を試してみようと思いますが、失敗の可能性が高いです。コヤマトンボの採卵は難しいです。そういう訳で、頻繁に産卵があるあたりの砂も持って返って調べてみる事にします。
こちらは1卵だけですが見つかりました。おそらくコヤマトンボの卵だと思います。他に可能性があるのはコオニヤンマ卵くらいですが明らかにそれとは違います。

コヤマトンボ
コヤマトンボ卵?

 

コオニヤンマ
コオニヤンマ卵(本日撮った写真ではありません)

 

同時に砂の中にいた、コヤマトンボ1齢ヤゴ。中腸の卵黄は緑色です。

コヤマトンボ
コヤマトンボ1齢幼虫

 

8月3日のオナガサナエも今日孵化しました。

オナガサナエ
オナガサナエ孵化直前卵

 

オナガサナエ
オナガサナエ1齢幼虫

 

1番の目的のミヤマサナエは今日も見つからず、採卵どころか成虫も1回も見ていません。

ハッチョウトンボ卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオキトンボと、カトリヤンマ
を追加しました。

今日のターゲットはハッチョウトンボとコヤマトンボの採卵です。場所は福岡市で、いずれも6月21日と同じ場所です。

前回ハッチョウトンボの産卵がまだだったので今日も出直しです。今回は♀が5-6頭いて2頭は成熟していました。産卵は見る事は出来ませんでしたが、そばの草地から湿地の水たまりに移動している成熟♀がいたので、カップに腹端をつけたらすぐに産卵してくれました。色々撮影もして次に移動です。他には、ハラビロトンボがいろんな成熟ステージのが多数、キイトトンボも10頭程度、シオカラトンボが2-3頭いました。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ♀
ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ卵

 

コヤマトンボはこんな場所です。♂1が頻繁にパトロールしています。かなり待ちましたが、14:00頃になりようやく産卵にきた♀を採集しました。左奥の川に草がかかっているあたりです。コヤマトンボは観察した範囲内では、川岸に枝がおおいかぶさったり、草がはみ出している部分に往復打水産卵することが多いようです。さて採卵ですがおそらく困難だと思います。今まで3-4回試してますが、単純に腹端を水につける方法はいずれも駄目でした。擬似環境で水を張ったボックスに入れておいて産卵するか試そうと思います。他には、ミヤマカワトンボ多数、アナヒナカワトンボ3頭、コオニヤンマ♂1、ヤマサナエ♂1がいました。

 

コヤマトンボ
コヤマトンボ産卵場所

 

さて、ここを撤収しようとしたのですが、ドジってしまいました。コケの生えた岩で滑って転倒してしまい、左手の着きどころ悪くて小指を脱臼・骨折してしまいました。整形外科の救急病院に行き、脱臼整復・指固定処置となってしまいました。コケの生えた岩は基本滑りやすいので、皆さん川遊びの時には十分気をつけましょう(^_^;)

 

骨折
骨折