「ハッチョウトンボ」カテゴリーアーカイブ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオイトトンボ卵~3齢、タカネトンボ卵~2齢、ネキトンボ卵~2齢、ハッチョウトンボ卵~3齢、ヒメサナエ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が従来掲載画像、右が今回差し替えた画像です。

オオイトトンボ
オオイトトンボ1齢ヤゴ

 

タカネトンボ
タカネトンボ1齢ヤゴ

 

ネキトンボ
ネキトンボ1齢ヤゴ

 

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ1齢ヤゴ

 

ヒメサナエ
ヒメサナエ1齢ヤゴ

ハッチョウトンボヤゴの生態動画など

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
マルタンヤンマコシアキトンボハッチョウトンボハラビロトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

昨年5月22日と同様に、ダビドサナエ系の産卵動画がしょぼすぎるので、動画撮影にお出かけです。

まず、この場所。
数年前であれば、この時期の午前中に30分も粘れば必ずダビドサナエの産卵に出会える感じでした。

ダビドサナエ
ダビドサナエの場所

 

結構粘りましたが結局空振り。アサヒナカワトンボは活発に活動中で、他に飛んできたのは未熟なヤマサナエ♂。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♂

 

30cmくらいの至近距離からマクロレンズで撮っているのですが逃げる気配ゼロ。
以前、素手でトンボを捕らえる方法というのをテレビでやってました。手をゆらゆら左右に揺らしながらトンボに接近してパッと捕まえるという方法。やってみたら簡単にゲットできました。すぐに逃がしますが、また数分で戻ってきます。全く警戒心ゼロ。

次に、昨年5月22日と同じ場所。

クロサナエ
クロサナエの場所

 

ここはクロサナエとダビドサナエの両方がいる場所なのですが、縄張り♂もほぼいなくて、こちらも完敗。
いたのは、唯一縄張りしていたダビドサナエ♂。

ダビドサナエ
ダビドサナエ♂

 

他は葉上にいたダビドサナエ♀1頭。

ダビドサナエ
ダビドサナエ♀

 

渓流の傍の林にいた、ヒメクロサナエ♀1頭。

ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ♀

 

この場所も、近年のトンボ減少傾向の流れで減り始めたのでしょうか?それとも少し時期的に早い?もう一度来たいのですが、この次期は色々なトンボが出始めるので、対象が多すぎて無理かもしれません。

という訳で、ほぼ何もなしの1日。
帰宅後、自宅で飼育中のヤゴの動画をせっせと撮りました。家のセットで撮ったので、自然界での行動とはだいぶ異なると思いますが参考まで。

マルタンヤンマヤゴ。フィールドでは池辺の植生に捕まっていることが多いです。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマヤゴの捕食

 

コシアキトンボ。堆積した落ち葉にまぎれていることが多いです。

コシアキトンボ
コシアキトンボヤゴ

 

ハッチョウトンボ。フィールドでは泥底や垂れ下がった植生の中にいます。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボヤゴ

 

ハラビロトンボ。フィールドでは泥底にいます。

ハラビロトンボ
ハラビロトンボヤゴ

 

アオヤンマ、ハッチョウトンボ孵化

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オグマサナエと、オオシオカラトンボ
を追加しました。

6月23日のアオヤンマが孵化しました。産卵後15日です。

アオヤンマ
アオヤンマ孵化直前卵

 

アオヤンマ
アオヤンマ1齢幼虫

 

6月28日のハッチョウトンボも孵化しました。こちらは、産卵後10日です。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ孵化直前卵

 

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ1齢幼虫

ハッチョウトンボ卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオキトンボと、カトリヤンマ
を追加しました。

今日のターゲットはハッチョウトンボとコヤマトンボの採卵です。場所は福岡市で、いずれも6月21日と同じ場所です。

前回ハッチョウトンボの産卵がまだだったので今日も出直しです。今回は♀が5-6頭いて2頭は成熟していました。産卵は見る事は出来ませんでしたが、そばの草地から湿地の水たまりに移動している成熟♀がいたので、カップに腹端をつけたらすぐに産卵してくれました。色々撮影もして次に移動です。他には、ハラビロトンボがいろんな成熟ステージのが多数、キイトトンボも10頭程度、シオカラトンボが2-3頭いました。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ♀
ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ卵

 

コヤマトンボはこんな場所です。♂1が頻繁にパトロールしています。かなり待ちましたが、14:00頃になりようやく産卵にきた♀を採集しました。左奥の川に草がかかっているあたりです。コヤマトンボは観察した範囲内では、川岸に枝がおおいかぶさったり、草がはみ出している部分に往復打水産卵することが多いようです。さて採卵ですがおそらく困難だと思います。今まで3-4回試してますが、単純に腹端を水につける方法はいずれも駄目でした。擬似環境で水を張ったボックスに入れておいて産卵するか試そうと思います。他には、ミヤマカワトンボ多数、アナヒナカワトンボ3頭、コオニヤンマ♂1、ヤマサナエ♂1がいました。

 

コヤマトンボ
コヤマトンボ産卵場所

 

さて、ここを撤収しようとしたのですが、ドジってしまいました。コケの生えた岩で滑って転倒してしまい、左手の着きどころ悪くて小指を脱臼・骨折してしまいました。整形外科の救急病院に行き、脱臼整復・指固定処置となってしまいました。コケの生えた岩は基本滑りやすいので、皆さん川遊びの時には十分気をつけましょう(^_^;)

 

骨折
骨折

ハッチョウトンボ

本日のメインターゲットはオオヤマトンボの採卵でしたが、あっさりはずれでした。その後は福岡市内を色々と回ってきました。

まず、最初はオオヤマトンボねらいの池です。当然のようにこういう大きな池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ池

 

全くいません。ウチワヤンマは♂3頭がいて、まだ朝方なので池をグルグル回っています。産卵の痕跡はありました。浮遊物にごちゃごちゃと小物がまとわりつき、持ち上げると頑丈な糸でグルグル巻き状態になっているので、慣れればすぐに分かります。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマ卵

 

ここではウチワヤンマ♂3、コシアキトンボ♂数頭、羽化直後のアオイトトンボ系数頭のみでした。近くの草むらでたむろしているウチワヤンマです。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマ♂

 

次に5月31日の川の別の場所です。はたしてキイロヤマトンボがいるかの確認です。急流から流れが少しゆっくりになる場所で、キイロヤマトンボを含む一部のトンボが産卵を好む状況です。

中流
河川中流域

 

キイロヤマトンボは×で、それどころが普通種のコヤマトンボすら見られません。2013年には♂1と♀の産卵をなんとか見ましたが、ついにいなくなってしまったかもしれません。ここのトンボ減少は、明らかに数年前のゲリラ豪雨の氾濫と、引き続く河川改修が原因ですが、オナガサナエはあまり減ってない印象をうけます。オナガサナエの羽化殻です。縄張り♂はまだいませんでした。

オナガサナエ
オナガサナエ脱皮殻

 

次に、ハッチョウトンボがもう出ているはずなので見に行きました。福岡県にはほとんど産地がなく、2カ所?だと思います。ちゃんと安定していて、♂15くらい、♀は3頭いました。他にはキイトトンボ数頭、ハラビロトンボ数頭といったところでした。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ♂
ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ♀

 

さらに5月24日の場所に行き、ヒメサナエの産卵がないか見てきました。まず食事中のクロサナエの♀が目に入りました。5月に採卵でさんざん手こずりましたが、期待していない時にばったり出会うのは良くあることです。ヒメサナエは1頭のみ♂の縄張りがありました。近くを探せばもう少しいい場所があるかもしれません。他には、アサヒナカワトンボが数頭いました。

クロサナエ
クロサナエ♀摂食中

 

ヒメサナエ
ヒメサナエ♂縄張り

 

最後の場所では、ミヤマカワトンボの採卵とコヤマトンボの採卵目的です。ミヤマカワトンボはたくさんいて産卵もありました。全て潜水産卵ばかりでした。コヤマトンボは、なんとか♂1のパトロールが見られました。ということで、今日はミヤマカワトンボの卵をゲットしたのみでした。

ミヤマカワトンボ
ミヤマカワトンボ潜水産卵