「アオヤンマ」カテゴリーアーカイブ

ムカシヤンマの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ハグロトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。
ムカシヤンマの産卵動画を追加しました。
ハラビロトンボの産卵動画を差し替えました。

昨日同様、山口県です。
まずヒヌマイトトンボの場所。

先週より、成熟が進んでおり個体数も増えていました。交尾や産卵はまだなく、あと1~2週先でしょう。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ♂

 

次に北九州まで戻り、オグマサナエの場所。
今日は♀も見つかりましたが、産卵はやはりなし。

オグマサナエ
オグマサナエ♀

 

アオヤンマも♀が木に止まったので撮影。

アオヤンマ
アオヤンマ♀(側面から見ると♀です)

 

トンボの場合、一般的に♀は産卵の時にしか現れず遭遇が難しいのですが、私の場合なぜかアオヤンマは♀しか撮影出来ていません。
アオヤンマはフワフワと不規則に飛んで、すぐに葦原に潜りこむので、止まってくれないと撮影が難しいです。
産卵はやはりなく、先週に続きここまで産卵動画は全敗です。

かわりにハラビロトンボの産卵があり、ホームページの産卵動画がしょぼすぎたので、撮影して差し替えました。

ハラビロトンボ
ハラビロトンボの産卵

 

最後に福岡に戻り、昨年6月2日の場所でムカシヤンマ。

最近天気がいい日が続いており、一番産卵がありそうな昨年のA地点は水が少し滴ってますが涸れ気味で、♂の縄張りもありません。
B地点にいたっては完全にカラカラになっていました。春先にここで若齢ヤゴを確認してましたが、おそらく助かっていないでしょう。

さらに奥の林道にかなり進んだ地点に道路脇まで水がしみでている場所がありました。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマの場所

 

♂もちゃんと分かっていて縄張りしています。また懲りずに飛翔写真。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔1
ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔2
ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔3
ムカシヤンマ
ムカシヤンマ飛翔4

 

しばらく待ちますが産卵♀がこないため、A地点まで戻り、再びここに戻ってきた時に♂が斜面で他のトンボにつかみかかっています。
すぐに♂は離れていきましたが、暗い斜面をよくよく見ると居残った♀が産卵していました。ラッキー。あきらめの早い♂のおかげで発見できました。
少々近づいても♀は産卵に夢中で、動画も写真も撮り放題でした。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♀の産卵

 

最後に何とか新しい産卵動画をひとつゲット出来ました。
ちなみに帰り道でA地点を横切った時に斜面からムカシヤンマが出てきました。
ここでも♂が縄張ってたのか~っと写真を撮ったみたら♀でした。水は涸れ気味ですがここでもちゃんと産卵してたんですね。
おまけに尾端に付着した卵まで写っています。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♀

 

さて別の話題です。
山歩きする人は分かると思いますが、この時期林道を歩く時に一番うっとおしいのが通称メマトイ(目纏い)という小さいハエ。
目を標的に飛んできて、手で追い払ってもすぐに戻ってきて目の周りをブンブン飛ぶし、少しでも隙を見せると目に侵入してきます。
今日の最後の場所でもかなり纏わりつきました。

まず対策に買ったのが花粉症用の眼鏡。ウーン、隙間があるし視野が少しゆがみ、いまひとつ。

眼鏡
花粉症用の眼鏡

 

最も実践的だったのが百均で買ったこのかわいい座布団。

座布団
百均の座布団

 

フィールドで座わりこむことも多いので買ったのですが、これが役立ちます。
メマトイが現れたらすかさずこれを自分の顔に向かってバシッとな。
さすがのメマトイも退きます。
もしかしたらつぶれたメマトイが顔に貼りついてるかもしれませんが、原始的な武器が一番効果的です。

再びアオサナエとホンサナエ

YAGOPEDIAホームページの、
アオサナエホンサナエオグマサナエのトンボ画像を更新しました。

今日も朝の6時から昨日と同じ場所です。

アオサナエ
アオサナエの場所

 

シーズン真っ盛りになると、少し薄暗い時間から♂の縄張りや♀の産卵があるのですが、どうも空振りのようです。
何もいません。

8時半くらいになり、少し暑いくらいになってからようやく出始めました。
やはり産卵動画を狙うには、もう少し先の時期がよさそうです。

お食事中のホンサナエ。

ホンサナエ
摂食中のホンサナエ♂

 

今シーズンから使い始めた、Lumix GH5にはシャッターを押す何秒か前からすでに内部的に記録が始まっているという機能があります。

ホンサナエ
飛び立つ瞬間のホンサナエ♂

 

上の写真はホンサナエが飛び立った瞬間です。
人の反射神経では飛び立った瞬間にシャッターを押してもタイミングはあわず、トンボは画面から大きくはずれてしまいます。
新機能を使えば、こういう写真が簡単にとれてしまします。

下は、逆にアオサナエが着地する瞬間。

アオサナエ
着地する瞬間のアオサナエ♂

 

9時半まで粘りましたが、結局目的の産卵動画は撮れませんでした。

次の場所に移動し、ヒヌマイトトンボの観察。
まだ未熟ですが、そろそろ羽化が始まってました。

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボの未熟♂

 

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボの未熟♀

 

オグマサナエのトンボ画像が少ししかないので、さらに次の場所に移動し撮影。

オグマサナエ
オグマサナエ♂

 

アオヤンマも何頭か飛んでいました。
連写してたまたまピントがあった画像ですが、葦原をフラフラ飛んでいて♂かと思っていたら、腹端に産卵管がありそう。

どうも♀のようです。もしかしたら産卵動画のチャンスだったかもしれません。

アオヤンマ
アオヤンマの飛翔

お知らせと、オツネントンボ探索 in 山口県

ヒメクロサナエアオヤンマムスジイトトンボのトンボ画像を追加・修正しました。
ヒメクロサナエムカシトンボシオヤトンボの産卵動画を追加しました。

オツネントンボを求めて、ネットで検索した”生息してる”情報を元に山口県まで遠征です。

まず朝早く、ホンサナエ、アオサナエが出てないか川に立ち寄ります。昨日は全国的に風雨とも激しく、川は普段より1~2m増水しており一見してダメです。瀬が全く見えず低木も冠水している状態でした。

 

ホンサナエ
ホンサナエの川

 

おまけに寒く、少し暖かくなる時間まで待ちましたが何も出てきませんでした。

さて、目的地に向かいます。葦原、池、クリークがいい感じの公園です。ベッコウトンボも少しいて数頭見かけました。

ベッコウトンボ
ベッコウトンボ♂

 

あとはヨツボシトンボも少し。

ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ

 

多かったのはショウジョウトンボで産卵もしていました。他にはアオモンイトトンボ、ムスジイトトンボが数多くいました。ギンヤンマも1頭見かけました。
肝心のオツネントンボですが、こういう怪しい場所は全て探しましたが、全く見つかりません。

オツネントンボ
葦原のクリーク

 

”いる”と記載がある、ホソミオツネントンボも全く見かけませんでした。雰囲気的にはいかにもいそうな感じですが、いても少数だと思います。
オツネントンボは今年もギブアップで、もう偶然見かける機会を待つしかないようです。

収穫がなかったので帰りに寄り道しました。池に立ち寄り、オグマサナエのトンボ画像を撮ろうとしました。しかし、今日も風が強く飛ばされそうになりながら葉っぱにしがみついているオグマサナエ♂1頭、やはり飛ばされそうなアオヤンマ♀1頭を見たのみでした。写真では普通に見えますが、実際は葉っぱが風でクルクル回ってます。

オグマサナエ
オグマサナエ♂
アオヤンマ
アオヤンマ♀

 

さらに、ある川の源流部にも立ち寄りました。ここでは、欲しかったヒメクロサナエの産卵ビデオを何とかゲット出来ましたので、ホームページにアップしました。

ホームページの動画は1080×1920のハイレゾ版ですが、私の再生環境だとすんなり再生され問題ない場合と、やたら重くて時間がかかる場合があります。様子を見て重い時間帯が目立つようであれば、画質を落とした簡易版のアップも検討しようと思います。

アオヤンマ2齢幼虫と、その他ヤンマ

6月28日のアオヤンマが2齢幼虫になりました。色や模様が終齢を思わせ、何となくアオヤンマかな?と分かる感じです。

アオヤンマ
アオヤンマ2齢幼虫

 

ちなみに、他のヤンマ科の1齢、2齢は下の画像です。何ヤンマの若齢かは、ちょっと想像がつかないです。

アオヤンマ
アオヤンマ1齢2齢

 

オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ1齢2齢

 

カトリヤンマ
カトリヤンマ1齢2齢

 

ギンヤンマ
ギンヤンマ1齢2齢

 

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ1齢2齢

 

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ1齢2齢

 

サラサヤンマ
サラサヤンマ1齢2齢

 

ネアカヨシヤンマ
ネアカヨシヤンマ1齢2齢

 

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ1齢2齢

 

ミルンヤンマ
ミルンヤンマ1齢2齢

 

ヤブヤンマ
ヤブヤンマ1齢2齢

アオヤンマ、ハッチョウトンボ孵化

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オグマサナエと、オオシオカラトンボ
を追加しました。

6月23日のアオヤンマが孵化しました。産卵後15日です。

アオヤンマ
アオヤンマ孵化直前卵

 

アオヤンマ
アオヤンマ1齢幼虫

 

6月28日のハッチョウトンボも孵化しました。こちらは、産卵後10日です。

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ孵化直前卵

 

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ1齢幼虫

アオヤンマ卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイトトンボ
を追加しました。

6月20日のアオヤンマがねらったとおり、葦の茎に産卵してくれました。

アオヤンマ
アオヤンマ産卵直後卵

 

茎にこんな産卵孔があいています。開くと下の写真のようになっています。

アオヤンマ
アオヤンマの産卵孔
アオヤンマ
茎の内部(孔のそばに卵が塊となって多数産卵されている)

 

アオヤンマの幼虫は、孵化後1頭ずつ産卵孔から脱出して水面下に落下していくという、他のトンボでは見られない孵化行動を見せます。

アオヤンマ

6月7日のヤマサナエ卵も孵化しました。

ヤマサナエ
ヤマサナエ孵化直前卵

 

ヤマサナエ
ヤマサナエ1齢幼虫

 

本日の目的はアオヤンマの採卵です。場所は福岡市です。こういう感じで葦が密生した池です。

 

アオヤンマ
アオヤンマ環境

 

まず産卵痕がないか探します。アオヤンマの個体数自体は少なく、葦原も広いため発見できればラッキーです。1回だけここで見つけましたが、その時は葦の上部で、直径が4-5mmくらいになった部分に産卵痕がありました。今回はもちろん見つからず。
結局、アオヤンマは2頭見つかり、両方とも♀でした。福岡で採集可能な他の10種類のヤンマは、全てキッチンペーパー入りの容器に入れておけば産卵してくれます。しかし、アオヤンマは中空の茎に産むという特殊な産卵方法ですので、同じ方法では無理な気がします。とりあえず1頭は採集し、葦の茎を入れた容器の中に入れておきます。さて産卵してくれるでしょうか?

 

アオヤンマ
アオヤンマ♀(やらせ写真です)

 

ここでは、アオヤンマ2-3頭、ギンヤンマ4-5頭、オニヤンマ♂1,ヨツボシトンボ2,ショウジョウトンボ♂1、チョウトンボ1、コシアキトンボ2、コフキトンボ1、ベニイトトンボ数頭、クロイトトンボ多数、モノサシトンボ多数といったところでした。マルタンヤンマ♀も産卵態勢に入ろうとしましたが、ビデオを撮ろうとしたらすぐに逃げられてしまいました。ここでは、写真手前の浮き草の上によく産卵するので、撮影条件はよいのですが・・(通常は草の中に潜り込んでしまってなかなか写しにくい対象です)。