「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

オオヤマトンボ若齢ヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
オオヤマトンボ卵~7齢を追加・差し替えし、また従来掲載の7齢以後の画像を8齢以後へとずらし変更しました。

8月2日に孵化したオオヤマトンボヤゴが、8月20日に7齢まで脱皮成長しました。
ヤゴの場合1回の脱皮で1.2~1.3倍程度体長増加する事が多いのですが、6回の脱皮の間に1回平均1.4倍ほど体長増加していました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ 1齢と7齢

3日に1回のペースで脱皮を繰り返しており、ヤゴの中ではかなり早い方です。ただ羽化までハイペースで脱皮を重ねるウスバキトンボヤゴとは事なり、これからの脱皮ペースはスローダウンし、最終的に終齢になるのは冬~来春になります。

また、従来の掲載画像では2齢が脱落しており、3齢ヤゴが2齢として誤って掲載されていました。その分の補正も行い、従来掲載分の終齢=13齢が、終齢=14齢となりました。

同時に産卵された兄弟ヤゴでも、成長の過程で羽化までの脱皮回数は1~2齢変化することがあり、終齢までの総脱皮回数は絶対的なものではあくまで目安です。ただ、1~3齢程度のごく若齢のうちは脱皮後のサイズ変化は割とコンスタントで、脱皮回数変化は中期から主に後期に起こります。

コバネアオイトトンボ、ミヤマサナエ、タカネトンボの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コバネアオイトトンボミヤマサナエタカネトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

コバネアオイトトンボ
コバネアオイトトンボのヤゴ
タカネトンボ
タカネトンボのヤゴ
ミャマサナエ
ミヤマサナエのヤゴ

このミヤマサナエヤゴは、6月29日にブログに掲載したいわくつきのヤゴで、終齢であるにもかかわらずもう一度脱皮してさらに大型化しました。6月26日に脱皮したので今日で脱皮後20日になります。
羽化して成虫までたどり着けるかどうか興味深い所ですが、下図は左が6月28日撮影、右が本日7月16日撮影の画像です。羽化が近づいてくると複眼のポジションや大きさが変化し、さらに翅芽がふくれてきます。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ(左が6月28日、右が7月16日)

複眼の拡大。頭部の撮影角度が違うので複眼の大きさの比較は出来ませんが、右の本日撮影画像では複眼と表面の間にスペースが出来てきています。

ミヤマサナエ
複眼の拡大(左が6月28日、右が7月16日)

翅芽の拡大。右はやや膨らんできて垂直方向に立ち上がってきています。

ミヤマサナエ
翅芽の拡大(左が6月28日、右が7月16日)

どうも羽化に向かっての変化がクチクラ内で起こっているようです。

コシボソヤンマヤゴの擬死

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コシボソヤンマヤゴの擬死(不動姿勢)を記録した動画を追加しました。

タイムコード付きで、約7分間を1分間に縮めた7倍速動画です。
”で、どうしたの?” って感じですが、タイムコード付きの動画を作る方法が分からず色々と試行錯誤して作ってみました。
まあ~、単に趣味で作った動画ということです。

コシボソヤンマヤゴの擬死

キイロヤマトンボの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイロヤマトンボの産卵動画を追加しました。

ついに、九州北部は遅い梅雨入り記録を更新したそうです。
例年キイロヤマトンボの産卵時期は梅雨と重なるため、都合のいい日の晴れはそうそうなく、また増水してたりで採卵を狙えるのはせいぜい2-3日。
ところが、今年は絶好のチャンス。6月13日以後もキイロヤマトンボの場所に4回出動しました。こんな場所です。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

産卵にも3回遭遇し、17:00頃が2回と14:10が1回。
下は6月22日の産卵で、この日の天気はぼんやりとした晴れのため♂が不活発で、♀が落ち着いて産卵してくれて動画も撮影出来ました。通常だとちょっと産卵したところで、すぐに♂に連れ去られてしまうところです。
動画を見てもらえばわかりますが、類似種のコヤマトンボが岸沿いの植生の下にかくれるようにしながら素早く往復産卵するのに対して、キイロヤマトンボは川の中央近くで産卵します(岸沿いに産卵することもあります)。さらに浅い砂底がお好みのようです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの間欠打水産卵

産卵したあたりの砂も計数回持ち帰り、6月13日に書いた卵プカプカ作戦で採卵を試みました。糖液の比重も約1.4まで上げ見落としがないようにしましたが、結局採卵は成功しませんでした。
ピンポイントで産卵ポイントを特定出来、流れもゆっくりでその直下付近に卵が落下するという幸運に恵まれないと採卵は難しいようです。来週半ばからは雨の予報で、今年も採卵は失敗かも?

6月22日は、17:00過ぎになり水面スレスレを高速で飛ぶ明らかに他の種のサナエも現れました。止まったトンボはアオサナエでした。数は少ないですがちゃんと生き残っていますね。また、とってきた砂の中にも2齢のアオサナエヤゴが1頭いました。

アオサナエ
アオサナエ♂

キイロヤマトンボ♂の飛びモノ写真にも挑戦してみました。少し腕があがって出来映えは去年よりだいぶましになってきました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂