「キイロサナエ」カテゴリーアーカイブ

飛来種探しとキイロサナエヤゴ

お知らせ:YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイロサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

飛来種で採卵が終わっていないタイリクアキアカネ探しに行ってきました。
条件として海岸近くの水田で、過去に報告があり、池やトンボが休める草地・林がある場所が狙い目です。

水田
水田

 

上のような感じの場所ですがびっくりするほど何もいませんでした。過去はそこそこの数のアカネや飛来種も時に見られていたのですが、比較的多いタイリクアカネでも数頭、他はウスバキトンボ2頭のみでした。
何が起こっているのか分かりませんが(農薬の影響?)、ここはトンボの生息環境としてはもう完全に死んでしまったようです。
他の場所も2カ所ほど回ってみました。

水田
水田と川

 

ここもタイリクアカネ2-3頭と小型の不明赤色アカネ1頭のみでした。そんな状況でもちゃんとペアを探し出して交尾しているタイリクアカネがいました。左手は川ですが午前中は2-3頭のカトリヤンマも摂食?飛翔していました。

タイリクアカネ
タイリクアカネの交尾

 

olympus tg-4は完全防水になっていてケースなしで水中撮影が出来ます。ここの川はキイロサナエヤゴがいるので、生態動画をとってホームページにアップしました。

キイロサナエ
泥に潜るキイロサナエヤゴ

 

キイロサナエ採卵

ここ2日ほどブログでトラブってました。
ヤゴのホームページが完成したので立ち上げることに・・。しかし、ブログを管理しているWordPressがバッティングするので、まずWordPressの引っ越しをすることにします。ブログバックアップもとってあるということで、テキトーに始めたのが失敗で、管理者ページにログイン出来なくなってしまいました。ブログもデータベースのリレーションが矛盾してしまったみたいで表示されなくなってしまいました。あれこれ、あれこれ、やってみますがいっこうにうまくいきません。しょうがないので、サーバにあるデータベーステーブル情報を利用して、ブログを最初から手作業で再構成することにしました。一から作るよりはずっと早いのですが、復旧にかなり時間を要してしまいました。

ふうっ。何とかブログは復旧しました。
ヤゴのホームページはトラブルなくインストールでき、問題なく動作してます。yagopediaと名付けました。
URLは、http://yagopedia.com/index.phpです。
初回分として、アオイトトンボ、アオサナエ、アオハダトンボ、アオビタイトンボ、アジアイトトンボ、エゾトンボ、オオルリボシヤンマをアップしました。記事はまだ一部のみですが、徐々に充実させていきたいと思います。

さて、本来のブログに戻ります。6月7日のヤマサナエは無事産卵してくれました。

ヤマサナエ
ヤマサナエ卵

 

ということで、今日はキイロサナエの採卵です。場所は糸島市です。
その前にオオヤマトンボの産卵を狙って、6月7日の池にも行ってきました。ところが、今日は一番いい場所に釣り師が3人も陣取ってました。釣り師の横からちょろちょろチャンスを伺いますがノーチャンスです。ここでは、オオヤマトンボ♂1,ギンヤンマ♂1、シオカラトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ10程度。チョウトンボも現れ始めて2頭いました。

糸島市の川はこんな感じで、キイロサナエはこういうさえない川が好きです。

キイロサナエ
キイロサナエの川

 

すでに♂が5頭縄張りをはっています。上部付属器が下部付属器より短いのがヤマサナエとの鑑別点です。

キイロサナエ
キイロサナエ♂

 

案の定20分後くらいに♀が産卵に入りました。♂に見つからずに悠々と産卵しています。♂は、上や横から入ってくる♀は絶対に見逃さずに連れ去ってしまいますが、低い場所で打水産卵する♀は結構見逃す印象があります。キイロサナエはすぐに卵塊を作ってくれるので、カップにすぐに採卵できました。

キイロサナエ卵
キイロサナエ卵

 

さらにもう少し粘って、産卵ビデオも撮りました。キイロサナエはこういう小さな流れの縁や、湿った砂・泥の上に打点産卵します。

キイロサナエ
キイロサナエ産卵スポット

 

キイロサナエ産卵(ビデオからキャプチャー)
キイロサナエ産卵(ビデオからキャプチャー)

 

ここには、ざっと歩いただけで10頭以上のキイロサナエ♂がいました。その2-3倍はいそうな感じです。他に、シオカラトンボ10頭程度、ショウジョウトンボ数頭、ウスバキトンボ2-3頭、ギンヤンマ2-3頭がいました。

ムカシヤンマ産卵ビデオを撮るため次の場所に向かいます。福岡市近辺ではムカシヤンマないしヤゴは4カ所で見た事がありますが、そのうちの1カ所です。とりあえず地面にペタッと貼り付いた♂は1頭いましたが産卵には出会えませんでした。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♂

 

他には、ヤマサナエ♂3、ダビドサナエ♀1、アサヒナカワトンボ2がいました。

今日は、キイロヤマトンボを求めてさらに佐賀まで足を伸ばしました。数年前はヤゴを至るところで認めた川でしたが、全くキイロヤマトンボの姿は見る事が出来ませんでした。佐賀でも減ってる感じです。