「ヤマサナエ」カテゴリーアーカイブ

ネアカヨシヤンマの採卵

お知らせ:YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ヤマサナエの産卵動画を追加しました。

7月13日に地元の池でもネアカヨシヤンマが残っているかも?だったのですが、産卵動画は撮れなかったので、可能性が高そうな大分の湿地に出張です。
産卵動画と採卵、さらにエゾトンボの産卵動画も目指します。

まず目的の湿地に着いて目に入ったのがボロボロになったヤマサナエの♀。ヤマサナエというと春の川の印象ですが、猛暑の葉上に止まったりもしています。

ヤマサナエ
猛暑の葉上のヤマサナエ♀

 

産卵活動も行っています。ところが産卵場所はなんと幅30cmくらいのコンクリートの側溝。この側溝で終齢まで育つとは思えないので、下流の小川まで流されていくのでしょうか?
TPOに応じてヤマサナエはたくましく生きています。

ヤマサナエ
側溝へのヤマサナエ産卵

 

さて湿地の方ですが、こんな感じでただの草地?
しかし、踏み込むといたる所に浅く水がたまっています。

ネアカヨシヤンマ
ネアカヨシヤンマのいる湿地

 

多いのはハラビロトンボ。産卵含め活発に活動しています。

ハラビロトンボ
ハラビロトンボ♂
ハラビロトンボ
ハラビロトンボ♀

 

上が未熟な♂で、下が♀。♂は最初の未熟なうちは♀と同じ色調ですが、その後真っ黒になり、さらにシオカラトンボ様の色調に大幅に外観を変化させます。

エゾトンボも飛んでますが数は少なく、見張っていたこの場所では複数の♂が現れることはありませんでした。

エゾトンボ
エゾトンボ♂

 

2時半頃にエゾトンボの♀も現れました。産卵弁がはっきり見えるくらいまで接近したりもし、湿地の水たまりに何回か降りていこうともしますが、その都度ハラビロトンボに邪魔され、最終的に産卵せずに湿地を去って行きました。
結局、エゾトンボの産卵はこの1回だけでした。もし産卵してくれたとしても草がジャマで産卵動画は難しそうです。残念。

さて、その10分後くらいにネアカヨシヤンマの♀も現れました。ゆっくり飛び回りエゾトンボ同様湿地に降下していきますが、やはり他のトンボの邪魔が気にくわないのか落ち着かず、上昇してきます。 途中で草に止まりましたが、どうもクモを捕食しているようにも見えます。

ネアカヨシヤンマ
ネアカヨシヤンマ♀

 

3-4回林の中に消えたり現れたりしていましたが、一向に産卵しないため採卵に目的を変更し捕獲。湿ったキッチンペーパーを重ねた容器に入れておけば産卵してくれるはずです。
その後は産卵にくるネアカヨシヤンマは見ず、結局大分出張の産卵動画撮影は不発でした。

ヤゴの生態動画 キイロヤマトンボなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アサヒナカワトンボコオニヤンマコヤマトンボキイロヤマトンボヤマサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

ヒメクロサナエヤゴの動画を、終齢ヤゴの動画と差し替えました。

ドボンと水に沈めて撮影できるOlympus tg-4の水中動画撮影が面白いです。今日もヤゴの動画撮影目的で川に行ってきました。

問題点はカメラを水中に沈めると角度によっては液晶が反射で全く見えなくなることです。少し工夫をしてみました。
当初はスマホからカメラをコントロールするアプリOl.shareを使って、スマホ画面を見ながら撮影しようと思っていたのですが、残念ながらアプリにあるのは写真用シャッターのみで動画用シャッターが用意されていません。
そこで百均で買ったコンパクトミラーを写真のように工作。鏡をおおうカバーはアルミ製でハサミで切れるのでカット。他にネットで666円で買ったゴリラポッド風三脚を用意しました。簡易的なクイックシュー仕様となっています。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

クイックシューネジとカメラの間にコンパクトミラーをセット。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

必要な場合は三脚をつけて使うことも出来ます。鏡の角度も液晶が見やすい角度に変えられるので、鏡に映った液晶の映像を見ながら撮影することが出来ます。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

さて向かった先は自然度が高いものの2009年ゲリラ豪雨で、生態系ダメージをこうむってしまった9月25日と同じ川です。
こういう川底で以前はキイロヤマトンボやアオサナエヤゴがそこそこいました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴがいる川底

 

キイロヤマトンボは今年孵化したと思われる若齢ヤゴ1頭しか見つかりませんでしたが、とりあえず今年も産卵はあったようです。
多いのはダビドサナエヤゴですが、7-8頭しか見つかりません。
他は、ヤマサナエヤゴが1頭。

ヤマサナエ
ヤマサナエヤゴ

 

コオニヤンマの終齢ヤゴが2頭。

コオニヤンマ
コオニヤンマヤゴ

 

少し下流に移動しました。川底はこういう感じで泥や枯葉も少し堆積しています。

コヤマトンボ
コヤマトンボヤゴがいる川底

 

以前は、こういう所にはコヤマトンボのヤゴがウジャウジャいる感じでしたが、終齢2頭しか見つかりませんでした。

コヤマトンボ
コヤマトンボヤゴ

 

キイロヤマトンボの終齢ヤゴも2頭潜んでいました。やや砂礫が混じった程度のきれいな砂底で見つかることが多いヤゴですが、こういう所にいる場合もあります。他に若齢ヤゴも周辺に2頭いました。キイロヤマトンボ採卵はまだ成功していませんが、この場所は来年少し期待が出来そうです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴ

お知らせとアオハダトンボ

アオハダトンボのトンボ画像を更新しました。また、交尾行動と産卵動画を追加しました。
コヤマトンボのトンボ画像を追加しました。

アオハダトンボとキイロヤマトンボ狙いで隣県の佐賀まで行ってきました。
数年前までは福岡市でも近郊の川で見ることが出来た両種ですが、今はほぼノーチャンスです。佐賀までは1時間少々かかります。
こういう場所です。

アオハダトンボ
アオハダトンボの川

 

アオハダトンボは一杯いて、産卵もしています。♂のメタリックグリーンの体がとてもきれいなトンボです。

アオハダトンボ
アオハダトンボ産卵

 

♂の交尾行動の動画も撮れましたのでホームページにアップしました。♂は♀の偽斑紋(上の♀写真の白い部分)を目印にして♀をキャッチするようです。成書には白い偽斑紋を塗りつぶすと、♂はうまく♀を捕まえられなくなると書いてあるものもあります。まず♀の翅端に止まり、前縁に沿って降りていって尾部付属器で♀をつかみます。その後、移精(腹端性器の精子を腹部基部の副性器に移動させる行動)、交尾と行います。動画には、その行動をうまく記録できました。

さて、残念ながらキイロヤマトンボは見つかりませんでした。砂底が透けて見える川面をグルグル回っているヤマトンボを2回見かけたので、パターンとしてはキイロヤマトンボと思いますが確認は出来ませんでした。最終的な狙いは採卵ですので、これはきびしい状況です。

川に隣接する林道を行ったり来たりしているヤマトンボがいました。

林道
隣接する林道

 

いつものことながら高速で飛ぶトンボを撮し取る技術はないので、捕獲して確認。コヤマトンボ♂でした。ホームページに画像がないのでとりあえず追加です。

コヤマトンボ
コヤマトンボ♂

 

他に、この林道で捕食活動していたのはヤナサナエ♀。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♀

 

活動終盤に近づいているダビドサナエ♀も最近良く見かけます。

ダビドサナエ
ダビドサナエ♀

 

夏に向かいコオニヤンマも出始めていて、ざっと10頭程度見かけました。まだ、川には現れず林縁や草地でせっせと栄養補給中のようです。大食漢で有名なトンボで、他のトンボを襲っている姿を良く見ます。

コオニヤンマ
コオニヤンマ

お知らせとヤマサナエ産卵

マルタンヤンマの未熟♂トンボ画像をホームページに追加しました。 ニホンカワトンボの♂無色翅型トンボ画像を追加しました。 ヤマサナエにトンボ画像と、産卵動画を追加しました。

福岡は梅雨入りしました。曇り空ですが、かろうじて雨は降っていないので出かけてきました。

まず、飼育していたマルタンヤンマが羽化したので、自然に帰すついでにトンボやらせ画像撮影です。未熟なうちは♂♀ともこういう模様で、1週間くらいすると複眼がブルーに変化し、体色も濃くなってきます。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ未熟♂

 

ちなみにトンボ愛好家に人気者の成熟マルタンヤンマ♂。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ成熟♂

 

屋外で飼育していてもヤゴは早めに孵化してしまうことがありますが、自然界でもちょうど同時期に羽化していました。屋内で飼育すると真冬に羽化してしまったりすることがあります。

マルタンヤンマ
マルタンヤンマ羽化殻

 

他には、モノサシトンボが増え始めていました。

モノサシトンボ
モノサシトンボ♂

 

次に、少し遠いのですがニホンカワトンボの無色翅型がいる所まで撮影に行ってきました。この辺に♂♀10頭程度いて、アサヒナカワトンボも少しいました。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボの場所

 

無色翅型のニホンカワトンボ♂。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ無色翅型♂

 

最後に天気は悪いのですが、♀はこういう天気でも産卵することがあるので、ムカシヤンマとヤマサナエの産卵が狙える場所に行ってきました。この辺がムカシヤンマのテリトリー。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマの場所

 

すぐ横にヤマサナエが産卵にくる流れもあります。

ヤマサナエ
ヤマサナエの産卵場所

 

今にも雨が降りそうな曇天でしたが、そんな中でもヤマサナエ♂が1頭縄張りに来ました。でも、やる気がないですね~。すぐにいなくなりました。しかし、さすがは♂の本能で後で♀が産卵にくる正にその場所に陣取ってました。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♂の縄張り

 

結局、ムカシヤンマは♂♀とも見かけませんでしたが、ヤマサナエは産卵に来ました。天気が悪く産卵を邪魔する♂がいないのが幸いで、落ちついて産卵しており撮影も楽でした。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♀の産卵

 

産卵動画もホームページにアップしました。

お知らせと、ムカシヤンマ

ムカシヤンマのトンボ画像を追加しました。

土日の天気が悪そうなので、午後出かけてきました。
目的はムカシヤンマの産卵ビデオ撮影です。今日は、昨年6月14日と同じ場所に行ってきました。
まずヤゴを見た事があるA地点。草に覆われ7~8m程度の範囲で水がしたたり落ちていていい感じです。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマA地点

 

♂の縄張りがないので、さらに先のB地点に移動。水はかなりしたたり落ちていますが、草はなくむき出しになっています。こちらは♂1頭が縄張りしていました。画像は茶色い羽の何かを捕食中の♂。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマB地点

 

ムカシヤンマ
捕食中のムカシヤンマ♂

 

AB両地点は離れているので、どちらで待つか悩みどころです。今までの経験では、危険を避けるため草の中にもぐりこんで産卵する♀を見かけることが多く、A地点の方が有力ですが、ここは縄張り♂の本能を信じてB地点で待つことにします。産卵ビデオ撮影もB地点の方が簡単そうです。
・・・と、いろいろ考えたわりに結局不発で、いくら待っても♀の産卵は来ませんでした。
途中、めったに人も通らない場所なのでリュックを枕に寝て待っていると、耳元で何かゴソゴソ動きます。でっかいムカデでした。顔でも刺された日には、しばらく仕事出来なくなります。危ねーっ!

ムカデ
耳元を横切っていったムカデ

 

他にいたトンボは、そばの川から来たヤマサナエ、ダビドサナエ、アサヒナカワトンボなど。

ヤマサナエ
ヤマサナエ♀

 

ダビドサナエ
ダビドサナエ♀

 

収穫がゼロは残念すぎるので、ムカシヤンマ♂のトンボ画像をホームページに加えました。従来の♂画像は少し未熟な個体で、今日追加したのは成熟♂です。

アオヤンマ

6月7日のヤマサナエ卵も孵化しました。

ヤマサナエ
ヤマサナエ孵化直前卵

 

ヤマサナエ
ヤマサナエ1齢幼虫

 

本日の目的はアオヤンマの採卵です。場所は福岡市です。こういう感じで葦が密生した池です。

 

アオヤンマ
アオヤンマ環境

 

まず産卵痕がないか探します。アオヤンマの個体数自体は少なく、葦原も広いため発見できればラッキーです。1回だけここで見つけましたが、その時は葦の上部で、直径が4-5mmくらいになった部分に産卵痕がありました。今回はもちろん見つからず。
結局、アオヤンマは2頭見つかり、両方とも♀でした。福岡で採集可能な他の10種類のヤンマは、全てキッチンペーパー入りの容器に入れておけば産卵してくれます。しかし、アオヤンマは中空の茎に産むという特殊な産卵方法ですので、同じ方法では無理な気がします。とりあえず1頭は採集し、葦の茎を入れた容器の中に入れておきます。さて産卵してくれるでしょうか?

 

アオヤンマ
アオヤンマ♀(やらせ写真です)

 

ここでは、アオヤンマ2-3頭、ギンヤンマ4-5頭、オニヤンマ♂1,ヨツボシトンボ2,ショウジョウトンボ♂1、チョウトンボ1、コシアキトンボ2、コフキトンボ1、ベニイトトンボ数頭、クロイトトンボ多数、モノサシトンボ多数といったところでした。マルタンヤンマ♀も産卵態勢に入ろうとしましたが、ビデオを撮ろうとしたらすぐに逃げられてしまいました。ここでは、写真手前の浮き草の上によく産卵するので、撮影条件はよいのですが・・(通常は草の中に潜り込んでしまってなかなか写しにくい対象です)。

 

 

キイロサナエ採卵

ここ2日ほどブログでトラブってました。
ヤゴのホームページが完成したので立ち上げることに・・。しかし、ブログを管理しているWordPressがバッティングするので、まずWordPressの引っ越しをすることにします。ブログバックアップもとってあるということで、テキトーに始めたのが失敗で、管理者ページにログイン出来なくなってしまいました。ブログもデータベースのリレーションが矛盾してしまったみたいで表示されなくなってしまいました。あれこれ、あれこれ、やってみますがいっこうにうまくいきません。しょうがないので、サーバにあるデータベーステーブル情報を利用して、ブログを最初から手作業で再構成することにしました。一から作るよりはずっと早いのですが、復旧にかなり時間を要してしまいました。

ふうっ。何とかブログは復旧しました。
ヤゴのホームページはトラブルなくインストールでき、問題なく動作してます。yagopediaと名付けました。
URLは、http://yagopedia.com/index.phpです。
初回分として、アオイトトンボ、アオサナエ、アオハダトンボ、アオビタイトンボ、アジアイトトンボ、エゾトンボ、オオルリボシヤンマをアップしました。記事はまだ一部のみですが、徐々に充実させていきたいと思います。

さて、本来のブログに戻ります。6月7日のヤマサナエは無事産卵してくれました。

ヤマサナエ
ヤマサナエ卵

 

ということで、今日はキイロサナエの採卵です。場所は糸島市です。
その前にオオヤマトンボの産卵を狙って、6月7日の池にも行ってきました。ところが、今日は一番いい場所に釣り師が3人も陣取ってました。釣り師の横からちょろちょろチャンスを伺いますがノーチャンスです。ここでは、オオヤマトンボ♂1,ギンヤンマ♂1、シオカラトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ10程度。チョウトンボも現れ始めて2頭いました。

糸島市の川はこんな感じで、キイロサナエはこういうさえない川が好きです。

キイロサナエ
キイロサナエの川

 

すでに♂が5頭縄張りをはっています。上部付属器が下部付属器より短いのがヤマサナエとの鑑別点です。

キイロサナエ
キイロサナエ♂

 

案の定20分後くらいに♀が産卵に入りました。♂に見つからずに悠々と産卵しています。♂は、上や横から入ってくる♀は絶対に見逃さずに連れ去ってしまいますが、低い場所で打水産卵する♀は結構見逃す印象があります。キイロサナエはすぐに卵塊を作ってくれるので、カップにすぐに採卵できました。

キイロサナエ卵
キイロサナエ卵

 

さらにもう少し粘って、産卵ビデオも撮りました。キイロサナエはこういう小さな流れの縁や、湿った砂・泥の上に打点産卵します。

キイロサナエ
キイロサナエ産卵スポット

 

キイロサナエ産卵(ビデオからキャプチャー)
キイロサナエ産卵(ビデオからキャプチャー)

 

ここには、ざっと歩いただけで10頭以上のキイロサナエ♂がいました。その2-3倍はいそうな感じです。他に、シオカラトンボ10頭程度、ショウジョウトンボ数頭、ウスバキトンボ2-3頭、ギンヤンマ2-3頭がいました。

ムカシヤンマ産卵ビデオを撮るため次の場所に向かいます。福岡市近辺ではムカシヤンマないしヤゴは4カ所で見た事がありますが、そのうちの1カ所です。とりあえず地面にペタッと貼り付いた♂は1頭いましたが産卵には出会えませんでした。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♂

 

他には、ヤマサナエ♂3、ダビドサナエ♀1、アサヒナカワトンボ2がいました。

今日は、キイロヤマトンボを求めてさらに佐賀まで足を伸ばしました。数年前はヤゴを至るところで認めた川でしたが、全くキイロヤマトンボの姿は見る事が出来ませんでした。佐賀でも減ってる感じです。

オオヤマトンボ

本日はメインの目的は、オオヤマトンボの産卵です。場所は福岡市周辺の市です。
こういった大きな池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボがいる池

 

昨年は6月15日にオオヤマトンボの産卵が、岸のすぐ近くの捕獲しやすい場所で見られました。♂2がその場所を中心にパトロールしていますが、結局♀は現れませんでした。まだちょっと時期が早かったようです。この池では以前アオヤンマ♀が葦に止まっているのを見た事があります。葦原の面積も広くいい感じなのですが、アオヤンマが飛んでいる様子は全くありませんでした。
ここでは、オオヤマトンボ♂2、コフキトンボ数頭、シオカラトンボ♂数頭、コシアキトンボ3、モノサシトンボ10頭程度、アオモンイトトンボ10頭程度、ギンヤンマ1といったところでした。

次の場所には、ヤマサナエの採卵目的で行きました。こんな川で例年だとヤマサナエ♂が、護岸に7-8頭は縄張りを張っているのですが、今日はいません。曇ってきたせいか、減ってしまったのか・・?とりあえず周りを歩いていると、ヤマサナエ♂1、♀1がガードレールに止まっていました。♀は成熟しており、きっと産卵箱にいれておけば産卵してくれるだろうということで捕獲しました。

ヤマサナエ
ヤマサナエの川

少し上流はこんな感じで、もう少しするとオジロサナエの産卵が見られます。

オジロサナエ
オジロサナエ産卵場所

テネラル小型サナエがいましたが、尾部からオジロサナエの♂です。アサヒナカワトンボは、まだたくさんいました。コオニヤンマも2頭いて、大食漢のトンボらしくモンシロチョウを捕獲していました。

オジロサナエ♂テネラル
オジロサナエ♂テネラル

 

最後に、5月31日の池を再び訪れサラサヤンマの産卵を狙いました。今回は無事ビデオに納める事が出来ました。