「オオヤマトンボ」カテゴリーアーカイブ

タイワンウチワヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
タイワンウチワヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。
オオヤマトンボヤゴの生態動画と、クロイトトンボの産卵動画を変更しました。

天気もいいし、花粉症のシーズンもようやく終了です。今年は花粉の飛散がひどかった~。

まず、昨年12月25日の池でタイワンウチワヤンマヤゴの生態動画を撮影。

タイワンウチワヤンマ
タイワンウチワヤンマヤゴの生態

 

オオヤマトンボヤゴの昨年12月25日の生態動画は真冬で動きがにぶすぎたので、新しく撮り直し更新しました。翅芽はパンパンに膨らんでいて、羽化ももうすぐです。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴの生態

 

池には、ヨツボシトンボ10頭程度、クロイトトンボが多数いました。クロイトトンボの産卵動画もクローズアップで撮れたので、過去の分を破棄し入れ替えました。

クロイトトンボ
クロイトトンボの産卵

 

次に、4月27日の場所にムカシトンボの確認にいってきました。ちょうご正午頃の時間帯です。産卵痕は増えていたのですがパトロールする♂は見当たりません。

 

渓流
渓流

 

今年はムカシトンボが多いかもと期待していましたがハズレでしょうか?もう少し日をあけてさらに観察が必要でしょう。他の、この時期のトンボは出始めていました。アサヒナカワトンボ。

アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ

 

ダビドサナエ。♂の縄張りがあり少し待ちましたが、♀の産卵は見られませんでした。

ダビドサナエ
ダビドサナエ♂

 

ヤゴの生態動画 オオヤマトンボなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
クロスジギンヤンマオオヤマトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

冬の間は、せっせとヤゴの生態動画撮影ということで今日は池に行ってきました。

まず、5月15日の池でクロスジギンヤンマヤゴ。本来は敏捷なヤゴですが、冬の低温で動きが極めてゆっくりです。この池ではクロスジギンヤンマしか見たことがないのですが、一応下唇の内葉片の先が尖っているのを確認。ギンヤンマはここが尖らず四角っぽくなっています。

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマヤゴの生態
クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ下唇

 

次に、昨年7月20日の池でオオヤマトンボヤゴ。体長40mm程度の大型ヤゴで、初めて見た時は迫力にびっくりしました。どうも、ここの池は2年前から夏に水を落としているようで、トンボがかなり減ってしまいました。若齢は何とか7頭見つかりましたが、終齢を見つけるまでかなり時間がかかりました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴの生態

 

通常は泥に潜りこんで、複眼だけを外に出しエサを待ち伏せするヤゴですが、寒くて動きがにぶくなかなか潜ってくれませんでした。

お知らせとヤクシマトゲオトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の
オオヤマトンボの1齢幼虫が腹面画像だったので、背面画像と差し替えました。
ヤクシマトゲオトンボの2齢幼虫画像を追加しました。

7月31日に川を探索してきましたが特に成果はありませんでした。日記代わりに一応記録しておきます。

今年も、ミヤマサナエ採卵の挑戦を始めました。
場所は3月21日にヤゴを調べた筑後川です。

筑後川
筑後川

 

朝の8時台ですが、もう既にかなりの暑さです。まず、転石がゴロゴロしている河原沿い200~300mの範囲を♂の縄張りがないか探すことにします。サナエトンボは全くいません。この時点で既に90%は負けた感じです。
川岸から遠い水面上の植物先端に何か止まっています。コフキトンボかな~と、一応写真を撮ってみましたが、やはり(ただの)コフキトンボでした。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

以前から川岸にアオモンイトトンボはよくいたのですが、セスジイトトンボもいました。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ

 

ヤゴがいたこのあたりで少し粘ってみましたが、 何も出てきません。

筑後川
筑後川

 

少し場所を移動して、ナゴヤサナエが出てきてないかも確認することにしました。

筑後川
筑後川

 

葉上を移動する腹端が広がったトンボを1回見かけ、おそらくナゴヤサナエだと思いますが、川面をパトロールする♂は1回も見ませんでした。あと川面すれすれを猛烈な勢いでさかのぼっていくサナエがいましたが、オナガサナエでしょうか?
オオヤマトンボが1頭パトロールしていました。大河で流れも緩くて泥底もあり、このあたりは大きな池と同じような環境です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ

 

おびただしい数が舞っているのはウスバキトンボです。置きピンで1回連写しただけで、そこそこピントがあった画像が撮れます。

ウスバキトンボ
ウスバキトンボ

 

さらに支流に移動。

筑後川
筑後川支流

 

ここにもいません。多いのはハグロトンボ。

ハグロトンボ
ハグロトンボ

 

ここは公園内なので、スマフォを見ながらウロウロしている人も大勢います。

ポケモン
ポケモンGOピープル

 

日光の暑さになれてない人が多いと思うので、そのうちポケモン熱中症が報道されそうですね。

ミヤマサナエはヤゴはそこそこ見るのですが、あいかわらずトンボは見つからずやっかいな奴ですねー。実は7月28日にもヤゴがいる川を調べて見つからなかったので今年既に2連敗です。google earthを見ながら怪しい場所を調べ続けるしかないでしょうね。

さて、ホームページのオオヤマトンボ1齢幼虫が誤って腹面の画像になっていました。1齢は小さすぎるし、解像度悪すぎるしで、よくやらかすミスなのですが今まで気がつきませんでした。7月17日のオオヤマトンボ採卵に失敗した池で、悔しまぎれにすくってきた泥中にいた1齢幼虫画像を確認して、初めてミスに気付きました。

オオヤマトンボ
従来掲載していたオオヤマトンボ1齢画像
オオヤマトンボ
今回差し替えたオオヤマトンボ1齢画像
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ1齢黒バック画像

 

7月17日ヤクシマトゲオトンボ卵が孵化し2齢幼虫まで育ちました。2齢幼虫画像は欠番だったので、新たに加えました。1齢幼虫の尾鰓は普通のイトトンボと同じですが、2齢幼虫になると早くも袋状になっています。孵化まで20日程度はかかるので、この時点で2齢幼虫がいるということは7月17日以前に産卵されていた卵も混ざっていたものと思われます。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ2齢幼虫

オオヤマトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キトンボと、ギンヤンマを追加しました。

今日は、昨日のオオヤマトンボ採卵のリベンジで福岡市の池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ池

 

この池は昨年の9月に来た時に、ほとんど干上がってしまい中央部に少し水たまりがある程度の悲惨な状況になっていました。例年だと春先にトラフトンボ観察で必ず来るのですが、今年はきっと駄目だろうとパスしました。あまり期待せずに来てみましたが、意外に復活していました。浮かんでいるヒシはごく少数になっていましたが、水中のオオカナダモは普通にはえていました。ただイトトンボはかなり少なく、他の種も減っているのは明らかで、例年だといるはずのタイワンウチワヤンマはいませんでした。オオヤマトンボは♂2がパトロールしています。10時頃になり産卵に来ました。水上を移動しながら打水産卵しますが、岸のごく近くにも産卵に来ます。しかし数cmの網振りの誤差で取り逃がしてしまいました。産卵には出会うのですが、なかなか捕獲がうまくいきません。オオヤマトンボも顕微鏡モードでの撮影がまだなのです。動体視力を何とかしなければ。ちなみにオオヤマトンボの終齢ヤゴは幅と大きさで最も迫力のあるヤゴです。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ終齢

 

オオヤマトンボ

本日はメインの目的は、オオヤマトンボの産卵です。場所は福岡市周辺の市です。
こういった大きな池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボがいる池

 

昨年は6月15日にオオヤマトンボの産卵が、岸のすぐ近くの捕獲しやすい場所で見られました。♂2がその場所を中心にパトロールしていますが、結局♀は現れませんでした。まだちょっと時期が早かったようです。この池では以前アオヤンマ♀が葦に止まっているのを見た事があります。葦原の面積も広くいい感じなのですが、アオヤンマが飛んでいる様子は全くありませんでした。
ここでは、オオヤマトンボ♂2、コフキトンボ数頭、シオカラトンボ♂数頭、コシアキトンボ3、モノサシトンボ10頭程度、アオモンイトトンボ10頭程度、ギンヤンマ1といったところでした。

次の場所には、ヤマサナエの採卵目的で行きました。こんな川で例年だとヤマサナエ♂が、護岸に7-8頭は縄張りを張っているのですが、今日はいません。曇ってきたせいか、減ってしまったのか・・?とりあえず周りを歩いていると、ヤマサナエ♂1、♀1がガードレールに止まっていました。♀は成熟しており、きっと産卵箱にいれておけば産卵してくれるだろうということで捕獲しました。

ヤマサナエ
ヤマサナエの川

少し上流はこんな感じで、もう少しするとオジロサナエの産卵が見られます。

オジロサナエ
オジロサナエ産卵場所

テネラル小型サナエがいましたが、尾部からオジロサナエの♂です。アサヒナカワトンボは、まだたくさんいました。コオニヤンマも2頭いて、大食漢のトンボらしくモンシロチョウを捕獲していました。

オジロサナエ♂テネラル
オジロサナエ♂テネラル

 

最後に、5月31日の池を再び訪れサラサヤンマの産卵を狙いました。今回は無事ビデオに納める事が出来ました。