「オオヤマトンボ」カテゴリーアーカイブ

オオヤマトンボ若齢ヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
オオヤマトンボ卵~7齢を追加・差し替えし、また従来掲載の7齢以後の画像を8齢以後へとずらし変更しました。

8月2日に孵化したオオヤマトンボヤゴが、8月20日に7齢まで脱皮成長しました。
ヤゴの場合1回の脱皮で1.2~1.3倍程度体長増加する事が多いのですが、6回の脱皮の間に1回平均1.4倍ほど体長増加していました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ 1齢と7齢

3日に1回のペースで脱皮を繰り返しており、ヤゴの中ではかなり早い方です。ただ羽化までハイペースで脱皮を重ねるウスバキトンボヤゴとは事なり、これからの脱皮ペースはスローダウンし、最終的に終齢になるのは冬~来春になります。

また、従来の掲載画像では2齢が脱落しており、3齢ヤゴが2齢として誤って掲載されていました。その分の補正も行い、従来掲載分の終齢=13齢が、終齢=14齢となりました。

同時に産卵された兄弟ヤゴでも、成長の過程で羽化までの脱皮回数は1~2齢変化することがあり、終齢までの総脱皮回数は絶対的なものではあくまで目安です。ただ、1~3齢程度のごく若齢のうちは脱皮後のサイズ変化は割とコンスタントで、脱皮回数変化は中期から主に後期に起こります。

オオヤマトンボの孵化

7月28日に採卵したオオヤマトンボ卵が孵化しました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ1齢ヤゴ

採卵後5日目の孵化で以前の経験でも5日でした。卵が孵化するまでの期間は気温に左右(高いと早くなる)されますが、早い方のグループに入ると思います。
極端に早いのが今日本中をフワフワ飛び回ってるトンボ会のフロントランナー、ウスバキトンボ。3日もあれば孵化し、その後短期間で脱皮を重ね(へたをすると1日で次の齢期に脱皮してしまいます)あっという間に成虫になってしまいます。

成虫になるとコヤマトンボやキイロヤマトンボより大型のトンボになりますが、1齢の段階ではコヤマトンボの方が大型です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ1齢(左)とコヤマトンボ1齢(右)

オオヤマトンボの採卵

九州も梅雨明けし、猛暑の季節がやってきました。
今日は7月7日と同じ池で、再度オオヤマトンボの採卵にチャレンジすることにしました。
夏真っ盛りで色々なトンボの♂がバトルを繰り広げています。

コシアキトンボ
コシアキトンボ♂のバトル
ウチワヤンマ
ウチワヤンマ♂のバトル

9:00くらいになりオオヤマトンボの産卵♀が現れました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ♀

他のヤマトンボ科のコヤマトンボやキイロヤマトンボとは異なり、やはりオオヤマトンボでは尾端をカップの水にチョンチョンするだけで簡単に採卵出来ました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ卵

成虫のオオヤマトンボは、他のヤマトンボよりも大型ですが、卵や1齢幼虫は逆に他のヤマトンボより小さめです。
以前の経験では、オオヤマトンボは孵化までが早く5日程度だったので、8月2~3日には1齢幼虫に孵化すると思います。

さて、ここからは追跡しているミヤマサナエ過剰終齢幼虫の話題。
6月26日に過剰脱皮してから32日後になりますが、本日7月28日に死んでいるのが分かりました。
定期的に撮影していたのですが、下は7月25日に撮影したヤゴの複眼の切り出し画像。成虫の複眼を思わせるような構造が現れてきています。

ミヤマサナエ
7月25日のミヤマサナエ過剰終齢ヤゴの複眼

これは、もしかしたら羽化までいけるかもと思いましたが、本日撮影しようとしたらすでに死んでいました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ過剰終齢ヤゴ、7月28日に死亡

ミヤマサナエのヤゴはずっと泥の中に潜っているので、十分に採餌して栄養がとれているかどうか分からないところがあります。
単に餌不足でエネルギー切れで死んでしまったのか、それとも過剰脱皮するような個体は遺伝子に異常があり羽化まではいけないのか?
う~ん、どうなのでしょうか?

オオヤマトンボの交尾

採卵困難種キイロヤマトンボへのチャレンジは、今年もどうも失敗に終わりそうです。
1回のみですが、同じヤマトンボ科のオオヤマトンボでは通常の方法(産卵♀の尾端を水入りカップにチョンチョンする方法)で採卵成功しています。
採卵再現性の確認と若齢ヤゴの高解像度画像が欲しいので、本日はオオヤマトンボにアタック。場所はこんな感じでオオヤマトンボが好む大きめの池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボの池

1回♀が産卵に来ましたが、岸から少し離れた場所のため捕獲断念。
しばらくするとかなり離れた場所で、オオヤマトンボ♂が♀をつかまえて森の方へと去って行くのが見えました。物欲しげに眺め続けていると、森の方から止まり場所を求めて再びオオヤマトンボの交尾態が現れ、わりと近くの枝に止まるというラッキー。
ということで、運も味方しないと撮れないオオヤマトンボの交尾態。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボの交尾

どれくらいの時間で交尾が解けるかじっと見てましたが何の動きもなく10分くらいでギブアップ。池岸にチェアをセットして座り、交尾態をチラチラ確認しながら♂の飛びモノ写真にチャレンジすることにしました。
交尾態の♂以外に2頭の♂がパトロールしています。面白いもんでトンボにも個性があり、人間にとって分かりやすいのは用心深い個体とそうでない個体。1頭は私のそばに近づくと離れてから通過していきますが、もう1頭は一切おかまいなしにスレスレを通過します。快晴ではないためシャッタースピードはかせげず写真の出来はいまいち。

オオヤマトンボ
パトロール中のオオヤマトンボ♂

1時間30分程度たったところで交尾態をチラ見したところいなくなってました。残念ながら交尾を解いて離れていくところは目撃出来ず。トンボも種によって交尾が一瞬で終わるものと時間単位の長いものがありますが、1時間半はかなり長い方です。
その後、大型の明らかに♀体型(腹部基部がキュッとしまっておらず太い)のトンボが池岸近くで怪しげな動き。黄色すぎるのでオオヤマトンボじゃないだろうと思いつつもキャッチ。ウチワヤンマ♀でした。ウチワヤンマもオオヤマトンボ同様、大きな深めの池が好きな種です。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマ♀

結局オオヤマトンボの採卵は成功しませんでしたが、今回は運もないと撮れないショットをゲット出来たのでOKです。

タイワンウチワヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
タイワンウチワヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。
オオヤマトンボヤゴの生態動画と、クロイトトンボの産卵動画を変更しました。

天気もいいし、花粉症のシーズンもようやく終了です。今年は花粉の飛散がひどかった~。

まず、昨年12月25日の池でタイワンウチワヤンマヤゴの生態動画を撮影。

タイワンウチワヤンマ
タイワンウチワヤンマヤゴの生態

 

オオヤマトンボヤゴの昨年12月25日の生態動画は真冬で動きがにぶすぎたので、新しく撮り直し更新しました。翅芽はパンパンに膨らんでいて、羽化ももうすぐです。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴの生態

 

池には、ヨツボシトンボ10頭程度、クロイトトンボが多数いました。クロイトトンボの産卵動画もクローズアップで撮れたので、過去の分を破棄し入れ替えました。

クロイトトンボ
クロイトトンボの産卵

 

次に、4月27日の場所にムカシトンボの確認にいってきました。ちょうご正午頃の時間帯です。産卵痕は増えていたのですがパトロールする♂は見当たりません。

 

渓流
渓流

 

今年はムカシトンボが多いかもと期待していましたがハズレでしょうか?もう少し日をあけてさらに観察が必要でしょう。他の、この時期のトンボは出始めていました。アサヒナカワトンボ。

アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ

 

ダビドサナエ。♂の縄張りがあり少し待ちましたが、♀の産卵は見られませんでした。

ダビドサナエ
ダビドサナエ♂

 

ヤゴの生態動画 オオヤマトンボなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
クロスジギンヤンマオオヤマトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

冬の間は、せっせとヤゴの生態動画撮影ということで今日は池に行ってきました。

まず、5月15日の池でクロスジギンヤンマヤゴ。本来は敏捷なヤゴですが、冬の低温で動きが極めてゆっくりです。この池ではクロスジギンヤンマしか見たことがないのですが、一応下唇の内葉片の先が尖っているのを確認。ギンヤンマはここが尖らず四角っぽくなっています。

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマヤゴの生態

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ下唇

 

次に、昨年7月20日の池でオオヤマトンボヤゴ。体長40mm程度の大型ヤゴで、初めて見た時は迫力にびっくりしました。どうも、ここの池は2年前から夏に水を落としているようで、トンボがかなり減ってしまいました。若齢は何とか7頭見つかりましたが、終齢を見つけるまでかなり時間がかかりました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴの生態

 

通常は泥に潜りこんで、複眼だけを外に出しエサを待ち伏せするヤゴですが、寒くて動きがにぶくなかなか潜ってくれませんでした。

お知らせとヤクシマトゲオトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の
オオヤマトンボの1齢幼虫が腹面画像だったので、背面画像と差し替えました。
ヤクシマトゲオトンボの2齢幼虫画像を追加しました。

7月31日に川を探索してきましたが特に成果はありませんでした。日記代わりに一応記録しておきます。

今年も、ミヤマサナエ採卵の挑戦を始めました。
場所は3月21日にヤゴを調べた筑後川です。

筑後川
筑後川

 

朝の8時台ですが、もう既にかなりの暑さです。まず、転石がゴロゴロしている河原沿い200~300mの範囲を♂の縄張りがないか探すことにします。サナエトンボは全くいません。この時点で既に90%は負けた感じです。
川岸から遠い水面上の植物先端に何か止まっています。コフキトンボかな~と、一応写真を撮ってみましたが、やはり(ただの)コフキトンボでした。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

以前から川岸にアオモンイトトンボはよくいたのですが、セスジイトトンボもいました。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ

 

ヤゴがいたこのあたりで少し粘ってみましたが、 何も出てきません。

筑後川
筑後川

 

少し場所を移動して、ナゴヤサナエが出てきてないかも確認することにしました。

筑後川
筑後川

 

葉上を移動する腹端が広がったトンボを1回見かけ、おそらくナゴヤサナエだと思いますが、川面をパトロールする♂は1回も見ませんでした。あと川面すれすれを猛烈な勢いでさかのぼっていくサナエがいましたが、オナガサナエでしょうか?
オオヤマトンボが1頭パトロールしていました。大河で流れも緩くて泥底もあり、このあたりは大きな池と同じような環境です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ

 

おびただしい数が舞っているのはウスバキトンボです。置きピンで1回連写しただけで、そこそこピントがあった画像が撮れます。

ウスバキトンボ
ウスバキトンボ

 

さらに支流に移動。

筑後川
筑後川支流

 

ここにもいません。多いのはハグロトンボ。

ハグロトンボ
ハグロトンボ

 

ここは公園内なので、スマフォを見ながらウロウロしている人も大勢います。

ポケモン
ポケモンGOピープル

 

日光の暑さになれてない人が多いと思うので、そのうちポケモン熱中症が報道されそうですね。

ミヤマサナエはヤゴはそこそこ見るのですが、あいかわらずトンボは見つからずやっかいな奴ですねー。実は7月28日にもヤゴがいる川を調べて見つからなかったので今年既に2連敗です。google earthを見ながら怪しい場所を調べ続けるしかないでしょうね。

さて、ホームページのオオヤマトンボ1齢幼虫が誤って腹面の画像になっていました。1齢は小さすぎるし、解像度悪すぎるしで、よくやらかすミスなのですが今まで気がつきませんでした。7月17日のオオヤマトンボ採卵に失敗した池で、悔しまぎれにすくってきた泥中にいた1齢幼虫画像を確認して、初めてミスに気付きました。

オオヤマトンボ
従来掲載していたオオヤマトンボ1齢画像

オオヤマトンボ
今回差し替えたオオヤマトンボ1齢画像

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ1齢黒バック画像

 

7月17日ヤクシマトゲオトンボ卵が孵化し2齢幼虫まで育ちました。2齢幼虫画像は欠番だったので、新たに加えました。1齢幼虫の尾鰓は普通のイトトンボと同じですが、2齢幼虫になると早くも袋状になっています。孵化まで20日程度はかかるので、この時点で2齢幼虫がいるということは7月17日以前に産卵されていた卵も混ざっていたものと思われます。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ2齢幼虫

オオルリボシヤンマ、ハラボソトンボ

シルバーウィークは大分に遠征に行ってきました。最大の目標はハネビロエゾトンボの顕微鏡モード(黒バックの写真ですね)撮影のための採卵です。
結論として大した収穫もなかったので、まとめてアップします。
普通の問題は全て解き終わって難問しか残ってないので、収穫がないのはしょうがないです。

9月19日の午後遅くと、9月20日の午前中は最後のオオヤマトンボ採卵へのトライです。こんな大きな池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ環境

 

オオヤマトンボは息が長く、6月に現れてから9月後半の今でも♂が元気にパトロールしています。ただ産卵はもう終盤かと思われ基本的に期待薄です。確認出来た範囲で最低4♂がパトロール中。他にウチワヤンマ♂2、ギンヤンマ7-8頭がいます。
ギンヤンマの交尾は頻繁にあり、それ以外で、交尾後池から出て行くのが2回ありました。1回は何とか見えてウチワヤンマっぽく(♀が体を二つ折りにしていて全体がハート型でなく矢印型)、もう1回は遠方でよく見えませんでしたが、キャッチしたのはグルグル回っていたオオヤマトンボだったと思います。産卵は1回も見られませんでした。

1度、オオヤマトンボにはたき落とされたトンボが水面でジタバタしたので、キターッと思いましたが、はたき落とされたのはウチワヤンマでした。ということで収穫はなく、とりあえずオオヤマトンボのホームページ用の写真がないので、捕獲してやらせ写真撮影です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ正面。前額の白条が2本。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ側面

 

その後エゾトンボの産卵ビデオ撮影しようとして、ある湿地に行きますが、時期は終わっているようで、ヒメアカネが元気なくらいでした。

次にハラボソトンボのまともな写真がないので、別府に行きます。福岡ではハラボソトンボは稀に報告がある程度ですが、別府ではシオカラトンボより普通種といった感じです。

ハラボソトンボ
ハラボソトンボ♂

ハラボソトンボ
ハラボソトンボ♀

 

9月20日の最後は、いよいよハネビロエゾトンボの場所です。2009年のシルバーウィークに訪れた時は、エゾトンボもハネビロエゾトンボも割と楽に採卵できました。ところが昨年来てみると整地されてしまい、川と湿地が半分なくなっていました。住宅が出来るのかと思いきや、整地部はメガソーラ施設になっていました。メガソーラは田舎のエコ環境は結構破壊していますね。

ここに着いた途端面白い事がありました。田んぼに向かってカメラを構えてる、10人くらいの集団がいたのです。同好の士のはずはないし、バードウォッチャーっぽくないしで何だろうと思いながら通り過ぎ、近くの線路沿いに駐車させます。その途端、集団の中の二人が手を振りながら血相を変えて駆け寄ってきます。「すぐに車を動かしてくださーい。ずっと待ってて、すぐにでも来るんです」。撮り鉄の人たちでした。絶好のアングルに、無粋な車が入ってしまったら台無しですよね。車を移動させて2-3分後に、なにやらアンティークな列車が通過していきました。あと2-3分遅れで到着していたら、大勢の恨みを買うところでした。

さて、林沿いのチョロチョロした流れを探し回り、1回だけ流れから枝に飛び上がり止まるトンボを目撃しました。どうせハグロトンボだろうと思い、いい加減に確認にいったのが失敗でした。明らかに違う、やや大きめのトンボが枝から離れます。一瞬見失いましたが、再び現れ20秒程度そのあたりをウロチョロします。しかし薄暗い場所なので、種別も確認出来ず捕獲も出来ずで、結局見失いました。ハネビロエゾトンボの可能性も0ではありませんが、悔しいのでコシボソヤンマだったってことにしました(もう少し小さい気もしましたが・・・)。これで9月20日は終了。

9月21日は、既にホームページにアップ済みのオオルリボシヤンマの写真が1枚もないので撮影です。久住高原の由緒ある公園の池です。池といっても川の流れの途中にあったりしますが、ほとんど流れはなく本当に静謐といった感じです。

オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ環境

 

オオルリボシヤンマはどうしても飛びもの写真になってしまいます。今までトンボの写真はいい加減にしか撮ってなかったので、飛びものはほぼ初挑戦です。あれやこれやと工夫して少しコツが分かってきましたが、写真はこの程度です。お粗末っ。

オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ♂

 

ここで飛びものに夢中になり、予定時間を大幅に超過して2時になってしまいました。8月8日の場所でナツアカネやアキアカネの産卵ビデオを計画していたのですが、時間的にはもう無理でしょう。一応行って見ますが、やっぱり午前中に来ないと無理ですね。アカネ類は休息態勢に入っています。
一番にぎやかだったのはハグロトンボです。

ハグロトンボ
ハグロトンボ

 

オオアオイトトンボもチラホラといます。ここにあるのは川と、そこへの緩い流れ込みと(8月9日にオニヤンマが産卵していた部分です)、シオカラトンボが集まっているほとんど流れのない水たまりくらいです。近くに知らない池があるのでしょうか?

オオアオイトトンボ
オオアオイトトンボ連結

 

さて、これで大分遠征は終わりですが、あまりに収穫が少ないので脱線してアルアル話です。ヤゴのアルアルは、理解出来る人がほぼいないと思うので、トンボのアルアルです。こんなブログを訪れてくれるような人は、きっとアルアルといってくれると思います。

(1)この趣味を始めた当初は、全てが新しく、出かけるたびに色々あって楽しかった。でも・・・。段々マニアック路線にはまっていき、最近では、疲労感>楽しみになることもしばしば。

(2)きれいなトンボの写真をブログに掲載しているが、実はとっても汚い臭い池でゲットした1枚。あるいは、熱中症寸前に九死に一生を得てゲットした1枚。

(3)珍しい種類のトンボをブログに掲載していて、きっと秘密の産地にいけばいっぱいいて簡単に写せるんですねー。いえいえ、そうそうはいないんです。苦労の末にゲットした1枚なんです。

(4)きれいな飛びもの写真。すごいっ。いえいえ、その裏に大量のすてゴマ写真があるんです。連射機能は勿論使ってますけどね。

(5)目の老化で、薄暗い場所ではトンボの種別を判別できず、追跡も出来ず、すぐに見失ってしまう(若い人には関係ないですね)。

(6)産地から産地への車での移動が大変すぎるので、映画ジャンパーの超能力が欲しいと一度は思った事がある。

(7)最近いろんな場所で、いろんなトンボが減っている気がする。そのくせ、トロくてすぐに捕食されそうな連中が幅をきかしている。今の時期ならハグロトンボ。

今年は残暑がないので、(2)はありませんでしたが、今回の大分遠征では他はほぼ全てクリアー。きびしいですね。

ちなみにヤゴアルアルとしては、「ダビドサナエめっ!!」ですね。とにかく川であれば、どこにでもいる感じで、かって網に入ってくる。

 

オオヤマトンボ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キトンボと、ギンヤンマを追加しました。

今日は、昨日のオオヤマトンボ採卵のリベンジで福岡市の池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボ池

 

この池は昨年の9月に来た時に、ほとんど干上がってしまい中央部に少し水たまりがある程度の悲惨な状況になっていました。例年だと春先にトラフトンボ観察で必ず来るのですが、今年はきっと駄目だろうとパスしました。あまり期待せずに来てみましたが、意外に復活していました。浮かんでいるヒシはごく少数になっていましたが、水中のオオカナダモは普通にはえていました。ただイトトンボはかなり少なく、他の種も減っているのは明らかで、例年だといるはずのタイワンウチワヤンマはいませんでした。オオヤマトンボは♂2がパトロールしています。10時頃になり産卵に来ました。水上を移動しながら打水産卵しますが、岸のごく近くにも産卵に来ます。しかし数cmの網振りの誤差で取り逃がしてしまいました。産卵には出会うのですが、なかなか捕獲がうまくいきません。オオヤマトンボも顕微鏡モードでの撮影がまだなのです。動体視力を何とかしなければ。ちなみにオオヤマトンボの終齢ヤゴは幅と大きさで最も迫力のあるヤゴです。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ終齢