「リュウキュウギンヤンマ」カテゴリーアーカイブ

オオキイロトンボの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオキイロトンボの連結産卵動画を追加しました。

沖縄4日目です。沖縄は晴れが続いてます。
まず午前中は、オオキイロトンボの産卵があるはずの7月7日と同じ池に。
朝からオオキイロトンボ♂1が摂食飛翔してるのが目につきました。また、池の周囲の林道をブラブラしてるとリュウキュウギンヤンマ♂も1頭。

リュウキュウギンヤンマ
リュウキュウギンヤンマ♂

実はリュウキュウギンヤンマの採卵は簡単だと思ってましたが、これまで訪れた場所で♂は見かけるものの産卵には出会えていません。
林道の奥の浅めの池(立ち入り禁止になってました)には、オオハラビロトンボもいました。
9:00頃になるとオオキイロトンボの♂♀連結が現れ産卵が始まりました。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボ♂
オオキイロトンボ
オオキイロトンボ♀

7月6日に川で見つけた時は、なかなか近寄れなかったのですが、産卵を始めて数も多めだと容易に近寄らせてくれます。
最初は連結した状態で飛び回り、♀は尾端に卵塊を作ってそれを水草上に産み付けます。
連結して産卵している状態を動画にしてHPにアップロードしました。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボ♂♀連結産卵

そのうち連結を解き、その後は♀の単独産卵開始。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボ♀単独産卵

単独産卵している♀に♂2頭がからむ姿もよく見られました。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボ♂♂♀

卵はトラフトンボ同様ゼリー状物質に閉じ込められた卵紐として、水草上に産み付けられます。

オオキイロトンボ
オオキイロトンボの卵紐
オオキイロトンボ
オオキイロトンボ卵

12:00少し前にこの池を離れましたが、それまでオオキイロトンボの産卵は続いていました。

次の場所はダム。ここにはウミアカトンボがいる可能性があります。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボのいるダム

浅い人工的な川があり、米軍家族を含んだ川遊び客もちらほらいるため邪魔しないように周囲をウロウロ。
そのうちウミアカトンボ♂が見つかりました。高めの木の枝先に止まってるワンパターンなので、慣れてくると探すのは容易になってきました。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ♂

♀も少し見つかりましたが、かなり高い枝先にいるので手が出せません。しつこく探すうちに、低木に降りてきた♀が1頭。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ♀

♂♀ともかなり敏感で2m以内に近づくとすぐに枝先を飛び立ちます。遠くには飛んでいかなかったので、何回かトライした末になんとか♀をキャッチ。
尾端を水のカップにつけてみましたが産卵はしません。♂♀干渉せずに高い枝先に止まっているので、産卵タイムが終了して休んでいるのか、まだ産卵前の未熟な個体群なのかはっきりしません。外見上はそこそこ成熟しているので持ち帰ったところ、翌日産卵してくれました。

ウミアカトンボ
ウミアカトンボ卵

これで沖縄4日目も終了で、明日は最終日になります。

カラスヤンマなどの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
カラスヤンマ♂のパトロール飛翔と♀の産卵動画を追加しました。

沖縄も遂に梅雨が開けただろう(沖縄は今年、記録的に早く梅雨明け宣言がありましたが外れたみたいです・・・)ということで、今日から家族を残し単独で沖縄入り。
ところが、地元福岡は記録的豪雨になってしまいました。幸い我が家には問題ないみたいですが、最近の梅雨にはシトシト降る季節という印象は全くなくなってしまいました。

さて、時間的余裕はたいしてないので南にも北にも移動しやすい中央部の名護市に宿泊し、知ってるところを回り出来れば採卵もしようという日程です。

朝1番はダム湖の直下でこんな所。

アカナガイトトンボ
ベニトンボとアカナガイトトンボの川

ベニトンボがうじゃうじゃいます。朝8:00頃に着きましたが、その後交尾・産卵も頻繁にあります。ベニトンボは温暖化に伴い北上中のトンボですが、繁殖力が強いみたいで九州北部でもいる場所では多産してます。

ベニトンボ
ベニトンボの交尾態

あとはアカナガイトトンボ。こちらは目についた範囲で♂が10頭程度、♀が数頭。こちらは採卵もしました。

アカナガイトトンボ
アカナガイトトンボ卵

オオキイロオンボの交尾態も何度か横切り、1回は産卵もしたのですが警戒心が強く近寄らせてくれませんでした。

2番目の場所は山の頂上付近の渓流。

カラスヤンマ
カラスヤンマが産卵していた渓流

カラスヤンマ♂のパトロール飛翔がすぐに見つかりました。オニヤンマとは異なり2~3mの狭い範囲を行ったり来たりせわしなくパトロールしています。動画にしてHPにアップロードしました。

カラスヤンマ
カラスヤンマ♂のパトロール飛翔

14:00頃になり♀の産卵が現れこちらも動画に。産卵は流れのほとんどない湿った砂礫上に尾端を垂直に打ち付ける方法で行ってました(HP動画の最後の方にその様子が映ってます)。

カラスヤンマ
カラスヤンマ♀の産卵

尾端を打ち付けたあたりの砂礫を採集し卵もゲット。大型のトンボですが卵はあまり大きくありませんでした。なお卵は全て4.5倍で撮影してますので、他の卵と大きさを比較できます。

カラスヤンマ
カラスヤンマ卵

他には、チビサナエが♂3♀1いて1回は交尾もありましたが産卵は見られませんでした。

3番目の場所は公園内の小さな池。

リュウキュウカトリヤンマ
3番目の小さな池

目につくのはオオハラビロトンボで♂5頭がバトルしながら縄張ってます。

オオハラビロトンボ
オオハラビロトンボ♂

16:00頃に♀が1回産卵に来て、迫り来る♂たちをかわしながら何回か打水産卵して去っていきました。
あと、この池はリュウキュウギンヤンマの産卵場所でもあるようで、♂が近くを頻繁に横切ります。飛翔写真を撮る時間的余裕はないので、捕まえてモデルになってもらいました。沖縄滞在中のトンボ写真はキャッチ写真が増えると思います。

リュウキュウギンヤンマ
リュウキュウギンヤンマ♂

通常のギンヤンマよりかなり大きめのヤンマです。♂で全長83~99mm(日本のトンボより引用)。

17:00頃になり大型の黒い影が池面を横切りました。2018年にこの池でオオメトンボのヤゴを採集してたのですが、オオメトンボにしては大きすぎる気がします。まもなく、正体が分かりました。
池の奥の部分は水がほとんどなく湿った地面になっており、その部分でリュウキュウカトリヤンマ♀3頭が産卵を始めました。
通常のカトリヤンマに比べかなり褐色味が強く、暗い場所でみると黒っぽいトンボに見えます。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマ♀

産卵を動画にしてみました。

産卵用の容器を持ち合わせていなかったので、1頭はキャッチして持ち帰ったところ、翌日キッチンペーパーに産卵してくれました。

リュウキュウカトリヤンマ
リュウキュウカトリヤンマの卵

1日を目一杯使って沖縄のフィールドを駆け巡り、これでようやく初日終了です。