「ヒロシマサナエ(モイワサナエ)」カテゴリーアーカイブ

ヒロシマサナエ

ヒロシマサナエ(モイワサナエ)を求めて6月4日と同じ広島の池へ。
とりあえずヒロシマサナエ♂3頭が見つかりました。
午前中早めでまだ活動がにぶい♂を、olympus TG-5で寄りまくり撮影。

ヒロシマサナエ
ヒロシマサナエ♂

これでヒロシマサナエはなんとか♂♀とも写真は撮れました。しかし、何が何でも採卵してしまうのがこのブログの特徴です。
ということで♂2がいたこの場所で、♀が来るのをひたすら待ちます。ヒロシマサナエは、湿地のチョロチョロした流れで縄張ってました。

ヒロシマサナエ
ヒロシマサナエ♂が縄張りしてたポイント

しかし、待てども待てども♀は現れず撃沈。採卵は来年ですね。
下はTG-5で寄りまくり撮影したコサナエ♂。

コサナエ
コサナエ♂

ヒロシマサナエ♀が写ってました

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
アオサナエの産卵動画を差し替えました。オオイトトンボの産卵動画を追加しました。

6月4日6月5日の広島遠征の続きです。
初日の6月4日の写真の中に、見ることが出来なかったと思っていたヒロシマサナエ♀が紛れ込んでました。

ヒロシマサナエ
摂食中のヒロシマサナエ♀

コサナエたちがいた池岸際の林道で見つけたので、てっきりコサナエ♀の摂食中だと思って撮っていましたが、胸部側面の黒条が変です。ぎりぎり写っている胸部前面の黄斑を見ると明らかにコサナエではないですね。
この2種はサイズといい、外見といいよく似ているので、写真をとったら思い込みで種を決めつけないで、ちゃんと確認しないといけないですね。とりあえずこれで、ヒロシマサナエは♂、♀とも確認出来ました。

6月5日は午前中のみ広島で、午後は2017年6月18日と同じ山口の川に移動。
ホンサナエが♂、♀とも1頭ずつですがいました。

ホンサナエ
ホンサナエ♀

午前中コサナエばかり見ていたので、ホンサナエがやたら巨大に見え、最初はヤンマサイズの大きなトンボがいるけど何だろう?と錯覚を起こしてしまいました。
写真の手前の砂上にアオサナエ♂が1頭いたのでアオサナエの産卵がこないか少し待ちましたが、天気がいまいちで産卵は見られませんでした。

アオサナエ
アオサナエが縄張りしてた場所

何日か前にアオサナエの産卵動画をここで撮っていたので、ホームページの産卵動画を鮮明なものと差し替えました。

アオサナエ
アオサナエの産卵

なお動画はHD画質でアップしてますので、youtubeで見る場合は図のギアマークの設定をクリックして画質をHDに変更すれば、きれいな画質で見ることが出来ます。

youtube
youtubeの設定

6月4日に撮影していた、オオイトトンボの産卵動画もホームページに追加しました。

オオイトトンボ
オオイトトンボの連結産卵